fc2ブログ

記事一覧

コバノミツバツツジとヒカゲツツジー4月上旬:鵜沼の森

家のすぐ近くの鵜沼の森の春の様子です。色々な花が咲いていますが
今日は私の好きなコバノミツバツツジとヒカゲツツジを記事にしました。
 
 
コバノミツバツツジ

ソメイヨシノ・コバノミツバツツジが殆ど同時に花が咲きます。
手前はコバノミツバツツジ、向うの白い花がソメイヨシノ。
森が華やかになります。
 
 
コバノミツバツツジ

右を通っている道は中山道。
落葉の低木。
 
 
コバノミツバツツジ

この花が咲くと周りが明るくなります。
この周辺の里山に咲くミツバツツジは殆どこの種類。図鑑では静岡県の浜松近辺より西に自生する。
名前の如く他のミツバツツジより葉が小さい。
 
 

カタクリが少なくなってきた里山ではこの花がギフチョウの主食。
良くこの花に吸蜜に訪れます。アゲハチョウも大好きです。
 
 

ミツバツツジのオシベは5本だが、この花のオシベは10本。5枚の花弁の一番上の花弁に黒い(こげ茶)斑点が出来ている。これはチョウ等にこの花の奥に蜜があるよと知らせる標識。「蜜標」
 
 

そしてその花弁を後ろから見るとその花弁だけに筒状になって盛り上がっている部分がある。親切にも来た蝶にここの筒に沿って長い口を差し込めば蜜にありつけるという作りになっている。そして受粉をしてもらう。
 
 
ヒカゲツツジ

もう1つこの森の春を飾るツツジにヒカゲツツジがあります。
ツツジの仲間では少ない黄色い花を付けます。
これは散策道から斜面を見上げて撮った。
 
 
 

名前の如くあまり南斜面等には生えていません。そしてあまり大きくはない。
 
 

少し山を登り、目線に近い所の群落。
 
 
 

この周辺の里山に良くあるがここの自生地はかなり大きい。
 
 

少しシャクナゲに似ている。
 
 

オシベは10本。この花の蜜標は分かりにくいが緑色。やはり一番上の花弁に付いている。
 
 

常緑の低木。
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

1・・・・・(*゚▽゚*)
ほんとヒカゲツツジは石楠花と間違えそう・・(*゚▽゚*)

No title

今晩は
4月も半ばになって来ると早咲きのツツジは咲き始めますね。
ミツバツツジとコバノミツバツツジの違いは判りませんが、私はミツバツツジを撮って来たので後日にアップ予定をしています。
ヒカゲツツジは、川口市のクリーンセンターに咲いていますが遠くて撮りに行けません。
4月の末には普通のツツジが咲き始めますね。
ナイスです!!

No title

ヒカゲツツジって言うのですね。

名前を知りませんでしたが、私の近くでもあまりお目にかからない種類です。

ミツバツツジのピンクは、山で良くみかけますが、春を告げる花の代表格ですね。

No title

こんばんは。

そちらの三つ葉ツツジは葉が小さいのですか。

ヒカゲツツジは家のものをアップしましたが、この黄色はいい色ですよね。こんなふうに自生しているのですね。

ナイス☆

No title

こんにちは!
ツツジの花と蝶(または昆虫)の関係が大変参考になりました 「蜜標」初めて知りました♪何気ない花の一つでも大変な
戦略を用いて生存を図っているのですね!

中仙道\^o^/♪今にも往時の編み笠の武士が歩いて来そうな雰囲気に最高! いや~なんと羨ましいこと♪ ナイス!

No title

植物の知恵には、ほんと感心します。
ヒカゲツツジ、優しい黄色で可愛らしいですね。あまり見かけたことがないような・・・。
その辺の山に、つつじが咲き出しましたが、「何ツツジなんだろ・・・?」と思うばかりで・・・ ^^;
今日は、コバノミツバツツジとヒカゲツツジを覚えました。ありがとうございました。でも、実際に山で見かけたときにわかるかしら・・・?

No title

クラゲさん
シャクナゲもツツジの仲間なので良く似ていますね。何処が違うのでしょうか。確かに花はシャクナゲの方が大きいですね。
ナイス有難うございます。

No title

ひまじんさん
こちらの方ではほんの一部の地域を除いてミツバツツジは生えていません。コバとの違いはオシベの数が違うのかと思います。
そうですね、これから野山では幾つかのツツジが咲き始めて一層山がきれいになります。ミツバツツジのアップを楽しみにしています。
ナイス有難うございます。

No title

gotさん
コバノミツバツツジが咲きすと山の中が明るくなります。春を代表する花ですね。洞戸の方にはヒカゲツツジはないのでしょうか。
黄色いツツジなので珍しくこの花が咲くのが楽しみです。
ナイス有難うございます。

No title

田舎のオヤジさん
こちらのミツバツツジはそちらの葉より小さい様です。その為に「コバ」と名前が付きます。そちらではトウゴクミツバツツジ?ですか。
黄色いツツジはどちらかと言うと珍しいですね。やはりこの花が咲くのが楽しみです。
ナイス有難うございます。

No title

山鰍 さん
植物と昆虫と鳥との関係は密接不可分な事がよくわかります。花も長井間に色々と工夫してきたのでしょうね。昆虫もそれにつられて変化してきた。
この中山道は山の中を通っているのですが昔は結構怖かった雰囲気があります。ここから1km位岐阜へ行った所は鵜沼宿という宿場でした。
ナイス有難うございます。

No title

凛華 さん
植物と昆虫と鳥との関係は密接不可分ですね。
花の形や色や咲く季節など植物の立場を想像してみるといかに子孫を残すために工夫しているのかと言う事が色々と想像できます。
ヒケゲツツジは何処でも山に入れば沢山見れる訳ではありませんが特別珍しい訳でもありません。今の時期里山を歩くと時折見かけます。
ナイス有難うございます。

No title

コバノミツバツツジで森が華やかになりますね。
受粉してくれる虫をうまく誘導する花びらの戦略はすごい!
植物たちも知恵を絞って生きているのですね。
ナイス!

No title

蜜標のことをおしえていただき、ありがとうございます!
片栗も。。そしてホトケノザにも蜜表はありますね!
先日、そこが虫にとってどのように見えるのか紫外線で見えるのかという記事を見ました!
ツツジの花弁の蜜のあるふくらみは驚きました!
何とも策略的です!
ツツジの蜜標は。。蜜がここにあるよときっと教えているのでしょうね!
植物の戦略に驚きますね!ぽち☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ