fc2ブログ

記事一覧

ホウチャクソウの花・ミヤマナルコユリの花ー5月定例観察会鵜沼の森:その2

前回に続いて鵜沼の森で行った定例観察会のその2です。
今回も植物です。
 
 
オオジジバリの花

今年はこのオオジシバリが元気よく沢山目につきます。
 
 
オニノゲシ

この花は春本番の時よりまだ早春のあまり花が野山にない時の方がよく目立ちます。春本番となると他の花に目が行ってしまうのかな。
 
 
カラスビシャク

ウラシマソウを緑の小型化した様な花。サトイモ科。
多くのサトイモ科は雌雄異株なのだがこれは雌雄同株。従ってこの花には皆虫の脱出口がある。
 
 
ズミの花

この森に何本かズミの木があるが今年は花がすくない。
 
 
ホウチャクソウの花

ユリ科チゴユリ属。
森の一角にホウチャクソウの群生地がある。少しづつ範囲が広がっている様だ。
 
 
ホウチャクソウの花

面白い花の形ですね。
 
 
ホウチャクソウとマルハナバチ

こんな花の受粉はどんな昆虫がするのかと持っているうちにやはりマルハナバチがやってきた。多分コマルハナバチ。
体が丸いのにもかかわらず器用に花にもぐり少し見える長い口で蜜を吸う。
体に花粉を付けて他の花に移る。
 
 
ミヤマナルコユリの花

ユリ科アマドコロ属。
ホウチャクソウ程ではないが少しの群落がある。
 
 
ミヤマナルコユリの花

何とも愛らしい花の形と色と思う。
 
 
ミヤマナルコユリの花

ホウチャクソウ以上にこの花はどんな虫が訪れるのか興味があるが現場を見た事はない。
 
 
モチツツジ

ツツジの中では少し遅く開花する。里山の中で花盛りです。
 
 
モチツツジはなぜ粘る?

名前の由来になった様に花が咲く季節になると花柄や萼に粘液が出て粘る。
これは何の為にこんなことをするのか。案の定小さな虫は捕えられて死んでしまう。食虫植物でもないのに。
一説にはツツジは乾燥した貧栄養の土地に自生する。いづれこの花は地面に落ちて虫も分解されて栄養になる。
 
 
ヤブタビラコ

森の中の湿った所に良く生えている。
 
 
ヤブタビラコの花

花は小さな花。オニタビラコ、コオニタビラコの花より小さい。
 
 
ヤマボウシの花

お坊さんの頭が沢山頭巾を被って並んでいます。
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

今の時期の黄色い花はよほどのインパクトがないと見過ごされてしまいますよね。そんな花にも目を配られるのが素晴らしい。

山法師の花もこうして撮るとよくわかります。

ナイス☆

No title

こんにちは
色々の野草が花を咲かせ出して、初夏の季節となって来たようですね。
黄色い花のオオジジバリやオニノゲシが咲いて、山野草のカラスビシャクやホウチャクソウが咲いていますね。
ナイスです!!

No title

こういう地味(?)な花、大好きです(*^_^*)
こちらでも今年はやたらとホウチャクソウを見かける気がします。
たまたま目につくだけか、勢力範囲を拡大しているのか…?
カラスビシャクも、我が家の庭にニョキニョキ出ました。
UPしようと写真を撮ったのに、ボロPCのせいで出来ないのが悲しいです(T_T)

ナイス☆

No title

会津の先日の観察会で、マムシグサを食虫植物みたい。といった子供がいました。案外近いですよね(笑)
雄花からは脱出できても、雌花に入れば死ぬしかないわけですから・・
カラスビシャクは脱出口全部ありなんですね。
初めて知りました。

No title

おはようございます!
沢山の花を紹介してくださり何時も参考にさせて頂いています!
アマドコロの花とナルコユリの違いもまだ良く分かっていないので
失敗ばかり ナイス!

No title

カラスビシャクって知りませんでした。モチツツジも初めて。ジシバリの花はよく見かけますね。ヤマボウシは街路樹にもなっていて、ピンク色の花もありましたよ。

No title

カラスビシャク・・・初めて知りました。匂い半夏ぐらいの大きさのお花でしょうか?
○○タビラコやホウチャクソウとナルコユリなど、パッと見似たような草花なのに、よく見分けがつきますね? 感心するばかりです。
ナイス!!

No title

田舎のオヤジさん
春の初めはこちらも花が咲くのがうれしくて沢山の黄色い花にも眼を向けて写真に撮りますが、今はアッ○○かで済ましてしまいます。
見慣れた花でも一様記録にはとっておこうと思っています。
ナイス有難うございます。

No title

ひまじんさん
こうした見慣れた花はつい見過ごしてしまいますのでたまにはチェックしておこうと思いカメラに収めました。カメラに収めると皆さん良くご存じだとは思いますがけっかくだから記事にしよう。
ナイス有難うございます。

No title

ちんべさん
そうですか、ホウチャクソウがそちらでも増加中。少し前まではこの森では少なかったですが。カラスビシャクは畑等に入りこむと結構厄介だとは聞きますが。
ちんべさんが悔しがる気持ちよくわかります。機会が人間の気持ちを察してくれないのが残念ですね。
ナイス有難うございます。

No title

サンゴロウさん
カラスビシャクを沢山調べた訳ではないですが、先日幾つかのカラスビシャクをチェックしましたら穴があいていてたのでやはり本に書いてある通りだと納得しました。
ナイス有難うございます。

No title

山鰍 さん
アマドコロとナルコユリも紛らわしいですね。私もすぐに忘れてしまいますので
茎を触って丸ければ「マルコユリ」と覚えています。
ちなみにアマドコロの茎は丸くないのです。
ナイス有難うございます。

No title

山が好きさん
カラスビシャクは里山や平地の山野に生えています。畑等に入り込むと農家の人にとっては結構厄介との事です。
モチツツジをご存じないとは新鮮な情報です。私は何処にでも生えているものだと思っていました。少し調べてみよう。
ナイス有難うございます。

No title

凛華 さん
匂い半夏というのは私は知りませんでした。調べてみたら同じサトイモ科の植物ですね。葉は随分と違います。花はカラスビシャクの方が少し背が高くて大きい様な気がします。でも花屋さんが扱うとしたらやはり匂い半夏のほうが葉がきれいですね。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ