fc2ブログ

記事一覧

昆虫の擬態・昼間のホタルー6月中旬:自然遺産の森の昆虫(2)

前回に続いて、6月中旬の観察会で見た昆虫その2です。
 
 
昆虫の擬態
オオフタモンウバタマコメツキ

写真の真ん中に大きなコメツキムシの仲間がいるのが分かりますか。
コナラの樹皮に融け込んで少し離れて見ると見分け付きません。
皆んでドレドレと覗きこんでいると突然パチッと音がして飛び離れた。
下に落ちたらもう分からない。
 
 
ヒメアトスカシバ

笹の葉の上にハチの様なそうではない様な昆虫がいる。
スカシバと言う蛾の仲間。
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 左:ヒメアトスカシバ(蛾)        右:エントツドロバチ
 
勿論ハチが蛾に擬態したのではなくて、蛾がハチに擬態したのです。
それにしても良く似たものだ。
 
 
エントツドロバチ

上のエントツドロバチの巣作り。これは建物の軒下等に使われている細い竹の穴を利用して中に小部屋を幾つも作り、各部屋の中に卵を産みつけ、昆虫の幼虫を置いておく。へやの間仕切りは泥で作る。最後は竹の外に煙突の様な形のものを作り泥でふさぐ。
 
 
甲虫
ゲンジボタル

昼間のホタルは少し冴えない。それでも姿形は良くわかる。
 
 
ヒメタイコウチ

白い線で囲った中に小さな虫がいるのが分かりますか。東海地方の小さな湿地にのみ生息する小さなタイコウチ:ヒメタイコウチ。
絶滅危惧種に指定されています。
 
ヒメヒゲナガカミキリ

ヒメヒガナガカミキリ:触角が体の2倍位あります。
 
 
ミヤマクワガタ

そして、子供にとってはあこがれのミヤマクワガタ。大人の人ばかりだったので持ち帰る人はいませんでした。
 
 
トノサマバッタ

掴まっても威厳のある姿。俺は殿様だ。
 
 
トンボ
ムカシヤンマ

あの様に止まりすぐに止まるのは多分ムカシヤンマ。
 
 
ムカシヤンマ

捕まえられると観念するのか足を引っ込めて大人しくなる。
やはりムカシヤンマだった。
 
ヤマサナエ

もう1匹、今度はヤマサナエだ
 
 
ヤマサナエ

 
 
この季節は虫が沢山活動していて年配の大人の人が虫取りオジサンになって
一生懸命に虫を追いかけました。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

珍しい虫がたくさんいますね。 日本列島の広さや気候の違いが分かるような感じがします。

いいものを見せて頂きました。

ナイス☆

No title

田舎のオヤジさん
コメント有難うございます。
昆虫は種類が多いので、自分にとっては新しいものが次々に出てきて大変ですが面白いです。
この記事は数日前に投稿したのですが、ヤフーブログの具合が良くなくて、なんかようやく見て頂ける様になった気がします。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ