fc2ブログ

記事一覧

秋の鳴く虫を聞くーコオロギ・マツムシ・スズムシ・カンタン等

季節は進んでいるのに、ようやく9月初めのことを記事に出来る様になりました。
今日は9月初めに自然遺産の森で行った自然体験塾で「秋の鳴く虫を聞く」を記事にします。
毎月定例の講座ですが9月は年に1度、昔からの「秋の鳴く虫」を体験してもらおうと市に特別な許可を貰って夜森の中へはいります。
また昼(と言っても午後4時から)の森と夜の森の違いも感じてもらいました。
1度中断がありましたがこの「秋の鳴く虫を聞く」は7~8年は続いています。
 
 
昼の部(午後4時~5時30分):この日の日の入りは各務原市で午後
6時12分
 
くもの丘

これはまだ午後5時位。参加者はこの日は17名。
 
 

まだまだセミの声が鳴り響く。ミンミンゼミ、ツクツクホウシ、アブラゼミ。
バッタもトンボも活動中。
 
 

赤いシャツの男の子は数回目の参加。最初は虫を怖がって後ずさりしていた。
今では虫を手で捕まられる様になった。ショウリョウバッタ、オンブバッタ、トノサマバッタ等が草むらで動き回っている。
 
 

さて大人は何を見つけた?
この広場が夜の部の中心地。少し暗くなり始めた。
 
 
エンマコオロギ

エンマコオロギ。動きがやや遅くて体が大きいので捕まえやすい。鳴き声はきれい。日本のコオロギの中で一番大きい。
 
 
夜の入口のくもの丘

これは私が1人で下見をした時のごご6時10頃のくもの丘の雰囲気です。
日の入り時刻まではセミの声が盛んに聞こえる。日の入り時刻を過ぎると間もなくセミの声は止んでしまう。
そして次第に夜の森の世界へ。昼間鳴く虫も結構いるがこの時刻ころから少しづつ鳴く虫の種類が増えてくる。
 
 
一休み(5時30分~6時30分)

自然体験塾に戻り一休み。持参してもらったおにぎり等の軽食を食べる。
6時から30分間、夜の部の勉強。
家の周りや森の中で聞こえる虫の姿を映像で見て、その声をCDで聞いて耳慣らし。
 
 
夜の森へ(午後6時30分~7時40分)

この日はスーパームーンの前日。月明かりが素晴らしかった。
先ほどまでやかましいほど鳴いていたセミはもう鳴いていない。代わりに色々な虫の声が聞こえ始めている。
私ともう1人の案内人はもう10数年、数百回この森に通いなれているので道の隅々までわかる。
 
 
赤い懐中電灯

参加者全員に懐中電灯を持参して貰い、赤いセロファンで前にカバーする。
自然の中の動物は赤い色が見えない。ムササビ、モモンガ、鳥。昆虫等夜の観察では必需品。
 
くもの丘に着く前に聞こえた虫の声
エンマコオロギ、ツヅレサセコオロギ、ハラオカメコオロギ、モリオカメコオロギ、アオマツムシ、
そして私には残念ながら約12キロヘルツと音域が高すぎて聞こえなかったハヤシノウマオイ。
子供達はうるさいほど聞こえるよと言っているが・・・
 
 
虫の鳴く丘:くもの丘

こうしたクズ等の生える草むらで色々な虫が鳴く。
午後7時頃にはすでに色々な虫が大きな声で鳴いていた。
秋の鳴く虫の共演。
ここでもアオマツムシ、エンマコオロギ、ツヅレコオロギ、ハラオカメコオロギ、モリオカメコオロギ、等は聞こえる。ケラも鳴いていた。
 
 
鳴く虫の姿を探して

エンマコオロギの姿を幾つも見つけることが出来た。他にもツチイナゴの幼虫、成虫、オンブバッタなど草むらで見つけたようだ。
 
 
いた!

いた!、カンタンの鳴いている姿。カンタンはスズムシ、マツムシ、と並ぶ日本の虫の3大美声の持ち主。この小さな体で大きな声で鳴く。
 
 
カンタン

この虫は大きな葉が好き。クズの葉、アカメガシワ、桐等の葉裏で良く鳴いている。これは産卵管がないので雄。どの虫も雌は鳴かない。
音域が4キロヘルツと低いので年配者にも良く聞こえる。
 
スズムシ、マツムシの声も沢山聞こえて自然の中で聞こえる虫の声の美しさと多さと大きさを堪能しました。
 
 

夜8時20分頃くもの丘から降りた。
帰りの位森の中の道。草むらで陸生のホタルが草むらでポー、ポーと光っている姿に皆さん感動、残念ながら今年は小さな池の上を飛ぶヘイケホタルは確認できなかった。
 
8時30分建物に戻り全員無事を確認して解散しました。
 
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

1・・・(*゚▽゚*)
♫あれ!鈴虫が啼きだした~♫

No title

トミさん/(クラゲさん)
あれ松虫が 鳴いている
ちんちろちんちろ ちんちろりん
あれ鈴虫も 鳴きだした
りんりんりんりん りいんりん
秋の夜長を 鳴き通す
ああおもしろい 虫のこえ

お写真を拝見していたら、子供の頃に帰ったような気持ちになりました。

No title

こんにちは
「秋の鳴く虫」を聞く体験をなさったんですか?
いろいろの事をなさって大変でしょうね。
大変お疲れ様です。
参加される子供達は喜んでいるでしょうね。
ナイスです!!

No title

こんばんは。

虫の音を聴く会もいいものですね。
残念ながら私の耳には入らないでしょうが、こういう催しは好きです。

こちらでの夜の活動は「ヘイケボタルの観察会」くらいですね。

ナイス☆

No title

スーパームーンは生き物全体を動かしますから

探索するにはいい日ですね(*^_^*)

No title

いや~素晴らしいことをなさっていますね~♪
秋の夜長を楽しませてくれる虫の音にはどこかに寂寥感、哀愁を覚えるのが日本人の感覚ですが、英国人には単なるノイズにしか聞こえないという記事を読んで驚愕しましたね~!

トミさんの耳より私の耳が多分悪いと思います。高周波は40代ですでに聞こえなくて小鳥の声すら・・困っています
補聴器というのはこの面でも効果あるのか・・迷っています!
ナイス♪

No title

クラゲさん
この歌は子供の頃に歌って今でも覚えていますね。結構虫の声を覚えるのに便利。
ナイス有難うございます。

No title

midmark さん
夜の部は皆でこの歌を歌うことから始めました。中々良く出来た歌だと思います。マツムシだけは自然の中で聞くのとチンチロリィと言うのが少し違います。それでも虫の声を聞くとマツムシの声だと分かる程度の違いなのですが。
今の子供も虫の声を聞く昔からの日本人の楽しみを体験してもらいたいと思い年に1度このテーマを続けています。
ナイス有難うございます。

No title

ひまじんさん
参加したお父さんお母さんも秋に虫が鳴き始めるのは知っていますがどんな虫が鳴いているのかまでは殆ど知らないので良い経験をしたとコメントを頂きました。
ナイス有難うございます。

No title

田舎のオヤジさん
ヘイケホタルですか。それもいいですね。夜の暗闇の中をフワー、フワーと光りながら飛ぶホタルを観賞するのも日本人の昔からの楽しみですから。
やはり夜の活動は気を使いますね。
ナイス有難うございます。

No title

catさん
この日は特に月明かりがきれいでした。通いなれた山道ですがお陰で迷うこともなく全員が無事に帰ってきました。

No title

山鰍 さん
昔から日本人は虫の声を聞いて楽しむと言う風習を持っているので、今の子供(その親も)にその体験をしてもらいたくて毎年9月にはこのプログラムを組みます。
ただ悩みはウマオイの声が聞こえない。子供達はトミさんこんなに鳴いているのに聞こえないの?。そこは年の効、口先で対抗します。
ナイス有難うございます。

No title

お店の周りでも、朝晩と秋の虫たちの大合唱です♪ただ、虫の姿を見ず声だけなので、どんな虫がどんな声で鳴いてるのかはまったく知りません。カンタンも初めて聞いた名前です。日本3大美声とのことなので、鳴き声は聞いてるのかもしれませんね。 ナイスです!

No title

凛華 さん
家の周りでも色々な虫の声が聞こえてきますね。家の周りで聞こえるのは2~3種理のコオロギとアオマツムシが多いかと思います。もう少し経つとカネタタキが小さな音色でチンチン・・。
マツムシ、スズムシ、カンタンの3大美声は少し市街地から離れた草むらに行けば聞こえるかもしれません。スズムシは飼っている人もいるので気いた事があると思います。でも自然の中で聞く虫の音はまた格別です。カンタンはルルルル・・・・とずーと同じ調子で鳴く続けます。クズの葉の多い所で聞こえるかもしれません。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ