fc2ブログ

記事一覧

ミヤマカネ・トリノフンダマシ・クロコノマチョウの卵ー9月中旬自然遺産の森

前回に続き、9月中旬、自然遺産の森での観察会の時に観察した生き物。
今日は昆虫その1です。
時間が経ってしまいますので今日も沢山の写真を記事にしました。
適当に飛ばして見てください。
 
 
ひすい池

自然遺産の森の入口にある池の初秋の風景
 
 
トンボ
ウスバキトンボ

珍しくウスバキトンボが天気が良いのに止まっていました。
もしかしたら羽化して間もないのかもしれません。
 
 
ウスバキトンボ

春に南西諸島から渡ってくるトンボです。秋の終わりには青森県くらいまで北上するとか。
その秘密はこの特に大きな後ろ翅。
 
 
オナガサナエ

やや大きなトンボが飛んでいた。捕まえてみるとエッ、まだサナエトンボ。
サナエトンボの中では遅くまで生息しているオナガサナエでした。
 
 
赤トンボ
 
ヒメアカネ

ヒメアカネ。胸の模様。体は真っ赤なので雄。
 
 
ヒメアカネの雄

顔はかなり白い。
 
 
マユタテアカネ

胸の模様はヒメアカネとよく似ている。が、翅の先端が褐色。マユタテアカネの雌にはこういう翅を持ったのが何割かいる。
 
 
ミヤマアカネ?

少し離れて見ると翅まで赤いトンボがいる。珍しい。一体何と言うトンボか。
 
 
ミヤマアカネ

捕まえてみるとミヤマアカネの雄。翅の先端から少し内に寄った所に褐色模様がある。それにしても翅迄赤いきれいなトンボだった。
 
 
クモ
イオウイロハシリグモ

オトコエシの花にいるイオイウイロハシリグモ。横にコアオハナムグリ。さてこのクモはこの甲虫をどうするだろうか。見ていたらさすがに甲虫に襲いかかりはしなかった。イオウイロハシリグモは巣を持たずに走り回っている。こうした花で待ち伏せすることが多い。
 
 
オオトリノフンダマシ

これがクモ。オオトリノフンダマシと言う変な名前のクモ。
 
 
オオトリノフンダマシの卵のう

上のクモの近くで見つけた。この面白い形をしたのが上のクモの卵のう。とすると上のクモは母クモだ。
 
 
トリノフンダマシ

上のクモ同様コガネグモ科。あまりエサとして食べることのない鳥の糞に擬態している。こちらはトリノフンダマシ。珍しく2つのフンダマシを見る事が出来た。
 
 
トリノフンダマシの卵のう

右上と左下に丸い玉の様な卵のうがある。やはり上のフンダマシがいるすぐ近くにあるので上のクモは母クモに違いない。
 
 
クロコノマチョウの卵、幼虫

ジュズダマの葉の裏側を探すと、あった、いた。
クロコノマチョウの卵と孵化した1齢幼虫。右上には2~3齢幼虫もいる。
 
 
クロコノマチョウの卵と孵化後の抜け殻

1個だけまだ孵化していない卵。後は孵化後の抜け殻。私としては珍しい物を見た感じ。
 
 
キボシカミキリ

見た目はきれいで触角が長く少しカッコイイが、イチジクや桑を食害するので農家の人にとっては困りもの。
 
この項続きます。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
この時期になって来ると平地でもトンボが飛び廻るようになって来ましたが、赤いトンボやシオカラトンボそして○○ヤンマ等は見掛けます。
改めてよくよく観ていないので、トミさんが撮られているトンボたちは名前も判りません。
何時もトンボや虫さん達を見せて頂き感心しています。
ナイスです!!

No title

オオトリノフンダマシ・・どこに八本の足があるのか??
不思議な蜘蛛です!イオウイロハハシリグモは。。硫黄色なのかな??花で待ち伏せしている。。獲物を狙うシーンですね!

さすがに甲虫はでかすぎますね!

こちらでもナツアカネ??みたいのが群れになって飛んでいます~~

虫はやっぱり面白い!!
ぽち☆

No title

オオトリノフンダマシとトリノフンダマシ
どちらもとっても面白い造詣です。楓子もだまされてしまいそう。
おまけに2種の卵のうも見つけられるなんて凄い!ナイス!

クロコノマチョウのさんのちっちゃい幼虫さんたちがんばれ~!

No title

こんばんは。

こちらでも運がいいと見られるというクロコノマチョウですが、今年も運に恵まれませんでした。
卵や幼虫まで見られるなんて羨ましい限りです。
キボシカミキリというのもいるのですね。初めて見ました。

ナイス☆

No title

昆虫の世界はトミさんの記事で目一杯のキャパシティしかありませんのでただただ、唸っています。
トンボ・昆虫、蜘蛛までも\^o^/素晴らしい博識♪
オオトリノフンダマシなどはもはや芸術だ~♪ 驚きのナイス!

No title

トミさん
どれにしようかまたまた迷うほどに興味深い小さな生き物たちが山程..。
オスとはいいながら「顔が妙に白くて、体は真っ赤」のヒメアカネ..。

思い切りよく脱いた襟足まで真っ白に塗り、緋の色、茜の襦袢姿、
黒地の細紐、鏡に向かう花魁が頭に浮かんだmid...。

マクロ撮影技術に思わず、惚れボレいたしました。

No title

どう見てもクモには見えない、トリノフンダマシ。まさに鳥の糞ですね。でも、ちょっとかわいそうな名前ですよね。不思議な生物がたくさんいるものです。
トンボもきれいですね。ミヤマアカネはほんとにきれい!トミさんのブログで、トンボを見る目が変わりました。ナイスですね♪

No title

たくさんの種類のトンボたち、すごいですね。

ウスバキトンボ、夏の終わりはブンブン群れで飛んでいましたが…
精霊トンボと呼んでるトンボですよね。
ヒメアカネの正面顔、こんなに白いのですか!横顔と印象が散ってビックリ!
トンボだけを追う方たちも多いと聞きますが、その気持ちがわかります(*^-^*)
ナイス☆

No title

ひまじんさん
トンボは離れて見ても特徴があれば分かりやすいのですが、そうでもない時には捕まえて見ないと分かりにくいことが多いのでタモで捕まえて確認します。トンボもそこの自然を理解するのに役立ちます。
ナイス有難うございます。

No title

たちつぼさん
オオトリノフンダマシは今脚を引っ込めている所です。右側が頭、脚は左右から4本づつ出てきます(当たり前ですね)。
イオウイロハシリグモは色に変化がありますが一番多いのはい硫黄色。
里でも赤トンボが増えてきましたですね。
ポチ有難うございます。

No title

楓子さん
トリノフンダマシはどちらかを見ることは時々ありますが比較的近い所で両方見たのは初めてです。最初はくもの姿が面白いと思ったのですがこの卵のうの整った姿に感心しています。
ナイス有難うございます。

No title

田舎のオヤジさん
クロコノマチョウは南国のチョウで数年前まではこの辺でも珍しかったのですが少しづつ増えている様に思います。そちらでもその内に良く見かけるようになるかもしれません。
ナイス有難うございます。

No title

山鰍 さん
クモの世界も少しづつ知る様になると結構面白い。他の昆虫以上に子育てに親の愛情たっぷり。最近外国からセアカコケグモなる毒グモが岐阜県にも入ってきたようです。私はまだお目にかかっていませんが。
ナイス有難うございます。

No title

midmark さん
ヒメアカネが眼にとまったですか。実はヒメアカネに良く似たマイコアカネという赤トンボがいます。ヒメアカネよりもっと顔が白くなる。京都の舞妓さんの白い顔に良く似ていると言うところで付いた名前です。
今年はまだ出会っていません。もし、出会って写真を撮れたらアップします。
ナイス有難うございます。

No title

凛華 さん
トリノフンダマシの姿と名前が面白いでしょう。最近はその卵のうの整った姿に感心しています。
今の時期里山では赤トンボが沢山飛んでいます。夏を山で過ごしたアキアカネが早くも今年は里に下りてきています。もう少し経つとそれこそ真っ赤になります。
ナイス有難うございます。

No title

ちんべさん
そうですね、精霊トンボと呼んでいるトンボです。春に南西諸島から渡って来てお盆の頃に沢山姿を見せるのでそう呼ばれている様です。
ヒメアカネの顔は白いでしょう。実はもっと真っ白になるマイコアカネとう良く似たトンボヶいます。京都の舞妓さんの様に白い顔と言うことからの名前ですね。
ナイス有難うございます。

No title

いつも楽しく見せて頂いてます。
トリノフンダマシはみたいと思っているのですが、出会ったことがありません!
9月のはじめに自然遺産の森にお邪魔しました。
くもの丘までいってひすい池まで戻って来ました。
あまり虫に会えなくて残念でした。
また、出かけたいと思っています。

No title

ピンちゃんさん
トリノフンダマシは小さいクモなので中々気がつかないかもしれませんですね。昆虫も良く出会うときと一向に出会わないときがあるようですね。
自然遺産の森は色々と面白い生き物がいますのでまた行って見てください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ