fc2ブログ

記事一覧

コウヤボウキの花・シモバシラの花ー10月中旬:自然遺産の森

 10月中旬、自然遺産の森で毎月定例の観察会をやりました。
下見の時と併せて花や虫たちの写真を沢山撮ったので数回に分けて記事にします。
特別珍しいものはありませんが、里山の秋と言う事でご覧下さい。
 
10月下旬の今と季節が少し違って来てしまっています。
 
今回は植物その1です。
 
 
アキノキリンソウー別名アワダチソウ

キク科。先日妙高山へ行った時に見たアキノキリンソウは大きくて沢山生えていた。身近な里山では珍しくはないが沢山生えていると言う事もない。
この日はこの1株だけを見つけた。
セイタカアワダチソウはこの花の別名のアワダチソウより背が高いのであの名前になった。
 
 
コウヤボウキ

キク科らしからぬキク科。高野山に多くて高野山ではこれから箒を作るとか。
 
 
コウヤボウキ

今年はこの花の咲くのが早いような気がします。
これから晩秋まで咲き続ける。花の少なくなる季節なので何回か登場すると思います。
 
 
コバノガマズミ

スイカヅラ科。
珍しくはないが今年は貴重な実。この辺の里山で今年の秋は赤い実が非常に少ない。
皆さんの地域の実成りはいかがでしょうか。
 
 
コブナグサ

コブナグサ属。
特に目立つ事のないイネ科の野草。今花から種子ができつつある所。
八丈島ではこれをカリヤスというとの事。そして黄八丈の黄色い染料に使う。
 
 
コブナグサの葉

この葉を見て小鮒と言う名前を付けた。
本土のカリヤスはススキ属で刈安いからの名前のようです。そしてやはり染料につかう。少しややこしい。
 
 
ノガリヤス

ノガリヤス属。
そしてこれはススキ属のカリヤスに似ているが染料には使えない。
里山の林縁などに沢山生えている。
 
 
ノガリヤス

花穂が白くなって結構目立ち、きれいです。
 
 
シモバシラの花

10月上旬がこの花の最盛期でした。シソ科。
 
 
シモバシラの花

シソ科の花できれいです。
この植物が有名になるのは真冬、霜柱ができる頃。
この植物が枯れて根元に20~30cm位の霜柱が出来ます。そこからこの名前になりました。
 
 
シモバシラの花

 
 
 
フジバカマ

本来の自生のフジバカマは殆ど日本から無くなってしまいました。
勿論この花も植栽されたもの。、それも段々と少なくなってきています。
 
 
フジバカマ

この森のフジバカマは少なくなりつつある。アサギマダラが来る季節にはヒヨドリバナは盛りを過ぎている。
そんなことでアサギマダラの姿を見る機会が少ない。
 
 
トキリマメの実

トキリマメの実の色がきれいになってきた。
もう少し経つとこの実が裂けて中の真っ黒い種子が見えてくる。赤い鞘と黒い実がきれいになる。
 
 
ヒレタゴボウの花

アカバナ科。湿地状、田んぼ等に生える。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

今晩は
アキノキリンソウー別名アワダチソウは、此方で空き地等に生えているセイタカアワダチソウとは違うんですね。
コウヤボウキは、昨年薬草植物園に行った時に沢山咲いていました。
シモバシラの花も今年は観ていませんが、昨年に写真に撮ってアップしました。
その他は珍しい山野草ばっかりです。
ナイスです!!

No title

こんばんは。

アキノキリンソウも里ではこんなふうですよね。
コウヤボウキはこちらにもありまして、初めてこの花を見たときに ○○ハグマ の仲間かと思いました。花がよく似ているように見えたのです。
シモバシラの花は初めてです。ナギナタコウジュのように片側につくのですね。

しかしいろいろと良く知っておられる。

ナイス☆

No title

トミさん
シモバシラとフジバカマ、こうして並ぶと甲乙付け難いです。
どちらもなんて繊細な可愛らしい花ですこと。
両方ともナイス、ぽち。

No title

今晩は!
シモバシラの花\^o^/
以前誰かのブログでこの植物の根本に霜が氷が成長して昇って行くような写真を見たことがあるのですが若しかしてトミさんのブログの中だったでしょうか(~・^);
教えてください ナイス!

No title

アワダチソウ、セイダカアワダチソウはここから?と思ってると、ちゃんと説明が。シモバシラは、花姿からの名前かと思ってました。
今回も、お腹いっぱいです!ありがとうございました。
今回の一番のお気に入りは、トキリマメ。鮮やかな赤が可愛いですね。ナイスです!

No title

シモバシラの花がきれいですね。
花の色と形から「シモバシラ」の名前が付けられたのかと思ったのですが、枯れた後のシモバシラからですか!。しかも20センチとはすごい。

No title

ひまじんさん
セイタカアワダチソウはアメリカからやってきた植物で向うでは観賞用の花として栽培されているとか。
コウヤボウキはこの辺の里山では普通に見られます。中々かわいい花ですね。シモバシラも花自身がきれいですよね。真冬の霜柱は一見の価値がありますね。
ナイス有難うございます。

No title

田舎のオヤジさん
先日標高の高い所のアキノキリンソウはもっと大きな株になるとのコメントを頂きました。本当に里で見るのとは随分と違っていることを感じました。
シモバシラがそちらの方にあればさぞ大きな霜柱ができるのだろうなと思います。
ナイス有難うございます。

No title

midmark さん
フジバカマは秋の七草の1つになっていますが、本来日本に自生していたのか少しはっきりしないところがあります。全国的に絶滅しつつあります、。この森では植栽されたのですがそれも今は少なくなりつつあります。
シモバシラは真冬になるとこの根元に大きな霜柱ができます。機会があったらアップします。
ナイス有難うございます。

No title

山鰍 さん
以前私のブログにも霜柱の記事を載せました。他の方の記事を見られたのか見知れませんが、参考までに私の記事は2012年12月27日の記事です。
そのURLはhttp://blogs.yahoo.co.jp/tomisann63/53599050.html
ですのでもし時間があったら見てください。
ナイス有難うございます。

No title

凛華 さん
シモバシラに出来る霜柱は機会があったら写真をとりアップする予定です。勿論真冬の朝ですが。
トキリマメも鞘が割れて黒い実が見える写真を撮ったら載せます。
ナイス有難うございます。

No title

やまやまhiやん さん
シモバシラに出来る霜柱は真冬になって機会があったら記事にします。面白いですよ。

No title

トミさん
ぜひ、霜柱の記事をお願いします。

No title

里山の植物は美しいですね!
コウヤボウキは。。小さいけれど。。桃色で花びらが細かく可愛らしい。。枝が細いのも特徴ですよね!!

そして霜柱。。植物園でしかみたことありません。。

いいなぁ~自生を見れて!
お花もシソ科らしく。。面白い。。綺麗だけれど片側にそろっているから。。歯ブラシを思い出します(笑)

ぽち☆

No title

たちつぼさん
コウヤボウキま花の少なくなるこれからの季節に咲いてくれますねのでうれしいですね。昆虫にとっても数少ない花なので小さな虫も寄ってきています。
ここのシモバシラは多分植栽してものと思います。でも今では自然の中に融けこんでいかにも自生している様な雰囲気です。なるほど歯ブラシですか。そんな風に見えてきます。
ポチ有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ