fc2ブログ

記事一覧

アケビコノハの幼虫・ホシホウジャクなどー10月中旬:自然遺産の森

前回に続き、10月中旬、自然遺産の森での観察会の時の記事です。
今日は昆虫その1で、チョウやガの関係を集めました。
 
 
 
アケビコノハの幼虫

これ何でしょうか?ビックリする様な姿。
アケビコナハ(蛾)の幼虫。何とも不思議と言うか変な姿。
どちらが頭でどちらが尻尾?
 
 
アケビコノハの幼虫

こちらは下向き。右側の尖っている方が尻尾。左の丸まっている方が頭。
今食べている葉はムベの葉。年に2回発生する。春~初夏は落葉樹のアケビの葉が柔らかくて美味しいのかそちらで見かける事が多い。
秋は常緑樹のムベで見かけます。
 
 
アケビコノハ幼虫(多分終齢)

色と姿で驚かせてもう1つこの目玉模様で驚かす。
成虫は写真はないのですが、前の翅を枯れ葉に擬態している。
手の込んだ蛾です。
 
 
キノカワガの繭

カキノキの仲間の葉を食草とする蛾の繭。
成虫越冬なのでこれから羽化して越冬します。
名前が「木の皮蛾」。木の樹皮にそっくりに擬態します。残念ながらこの成虫の写真もありません。見ていても擬態で気がつかないのかも知れません。
 
 
ダイミョウセセリの幼虫

同じ様な記事を前にもアップしました。
妙に森の中でこの時期ヤマノイモの葉を見つけると探してしまいます。
この様に食草のヤマノイモの葉を折りたたんでこの中に住んでいます。
 
 
ダイミョウセセリの幼虫

やはり中にいました。幼虫越冬なのでヤマノイモの葉が落葉するとその葉にくるまれて冬を越すのかも知れません。
 
 
ツマグロヒョウモンの幼虫

温暖化や食草のスミレの仲間が園芸種等でも増加中なのでこのチョウもただいま増加中。
幼虫でもサナギでも越冬するのでこの幼虫はどんな状態で越冬するのか?
 
 
ツマグロヒョウモンのサナギ

上の写真の幼虫のすぐ近くにサナギがぶら下がっていました。
多分もうすぐ羽化してまだ冬までには次の子孫を残す作業ができるのだろうな。
 
 
ツマグロヒョウモンのサナギ

このサナギの1つの特徴。白っぽく見える点があります。これが光の具合に
よっては金色に光って見える。良く目だちきれいなものです。
何のためにこんなのがある?
 
 
ホシホウジャクとスズカアザミ

スズメガの仲間。ホシホウジャクがスズカアザミの花をホバリングしながら吸蜜している所。
今年の秋はこのホウジャクを良く見かける。ここ数年あまりいないな~と思っていた所です。
 
 
ホシホウジャクとスズカアザミ

ホバリングしながら口を伸ばして吸蜜している様子が分かります。
外国のハチドリもこんな姿に良く似ているのだろうなと思います。
花にしてみたらこの蛾は「蜜泥棒」。ホバリングしながら吸蜜しているので受粉の手助けをしてくれないで蜜を吸うだけ。
 
次回はチョウやガ以外の記事です。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
アケビコノハの幼虫は面白い形をしていますね。
とっさに観た時に、これが幼虫だと言うことは判りませんね。
ツマグロヒョウモンの幼虫は、スミレによくついていますが此方でも見掛けます。
ホシホウジャクも良く見掛けます。
ナイスです!!

No title

こんにちは。

幼虫を一堂にするのも面白いですね。

数年前、家のアケビにもこの幼虫が数匹ついていて気味悪くて処分しました。
ホシホウジャクは撮り難い蛾ではないですか?
なかなか撮れないでいます。

ナイス☆

No title

トミさん
「何のためにこんなのがある?」
まさに疑問、不思議だらけの自然界。
きっとそれ相応に「訳あり」なのでしょう、
わたしたち人間<ヒト科>が知らないだけで。。
幼虫特集、面白かったです。

No title

6・・・(*゚▽゚*)
チョコマカ動くホシホウジャクをバッチリ・(*゚▽゚*)

No title

ひまじんさん
アケビコノハの幼虫を最初に見た時には少々ビックりしました。一体これは何だ?昆虫の不思議な世界を見た気がしました。
今年はこのホウジャクを良く見かけますね
ナイス有難うございます。

No title

田舎のオヤジさん
幼虫は5月頃に続いていまの時期が多いですね。幼虫越冬、成虫越冬色々と都合があって今の時期に幼虫の姿が多いのでしょうね。今年は
このホウジャクが沢山飛んでいて吸蜜しています。シャッターチャンスも多かったので何枚か写真に撮れました。
ナイス有難うございます。

No title

midmark さん
このツマグロヒョウモンの幼虫の金色の模様は少し離れていても良く見えます。そうでしょうね。何か訳があるのだと思います。遠くからでも良く目立つので天敵(野鳥)に見つかりやすい。見つかりやすいけれども野鳥にとって金色は警戒色とか。不思議な事が多いですね。
ナイス有難うございます。

No title

クラゲさん
今年はこのホウジャクを良く見かけます。
シャッターチャンスも多いので何枚か撮ることができました。
ナイス有難うございます。

No title

アケビコノハの幼虫はいつ見ても楽しい形で嬉しくなってしまいます。
目玉模様もマンガチックで面白い~♪
ナイス!

No title

ホシホウジャクっていう名前の蛾の仲間なのですね。

子供の頃、ハチドリを見つけた!!って家で自慢げに
話をした記憶があります。

No title

楓子さん
そうですね、アケビコノハの幼虫はいつ見てもびっくりするしユニークな形と模様なのであっちからこっちから眺めてしまいます。そしてどうして自然はこんなものを作り出したのだろうかと不思議に思います。
ナイス有難うございます。

No title

gotさん
そうなんですよね、ハチドリの実物もこんな姿に良く似ているのだろうなと思います。何種類か似た様なのがいますがこれはホシホウジャクという名前の蛾なのですよ。

No title

面白いというか、変わった形の幼虫がいるんですね。驚きました。もう寒くなってるのに、これから羽化するサナギもいるんですね。

No title

山が好きさん
アケビコノハの幼虫は最初見た時にはびっくりしました。この世の生き物とも思えない。本当はこれが成虫になった所の写真もアップしたいのですが残念ながらまだ実物を見た事がありません。そちらは枯葉に擬態そのもの。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ