fc2ブログ

記事一覧

オオモンクロベッコウ・赤トンボ幾つかー10月中旬:自然遺産の森の生き物

前回に続いて10月中旬、自然遺産の森での観察会の時の昆虫他生き物その2です。
 
 
オオモンクロベッコウ

やや大型のハチ。腹のあたりに黄色い模様が見える。
 
 
オオモンクロベッコウ

少し待つと腹の模様がはっきりと見えた。ベッコウバチの仲間のオウモンクロベッコウ。
やや大型のクモを捕まえてその体に産卵し幼虫の餌にする。地中に巣を作り又はネズミ等の穴を巣として使う。
 
 
オオハナアブがセイタカアワダチソウの花に

この時期、セイタカアワダチソウ等が沢山ありハナアブも幸せそう。
大きなハナアブ。
 
 
クモヘリカメムシの終齢幼虫

仲間の1人が捕まえてきてこれ何だ?
う~ん。カメムシの仲間の様だがアリのような姿もしているし・・・
 
 
クモヘリカメムシの終齢幼虫

イネ科の植物に何匹かいた。
調べてみるとクモヘリカメムシの終齢幼虫だった。
どうりでイネ科の植物にいたはずだ。
 
 
ジョロウグモ

相変わらずジョロウグモが森のなかで沢山巣を張っていて、歩くと顔に巣がかかってしまう。そろそろジョロウグモの雌も体が大きくなってきて産卵の時期を迎えている。
 
 
ジョロウグモの雌の体

大きな体になってきていて、あまり動かないので腹側を写真に撮ることもできる。
白い○を2つ付けておきました。下の○は糸疣(しゆう)。ここからクモが糸を出します。
上の○が雌の生殖器。雄は小さな体をここにつけて交尾(交接)します。
あたかも母親の胸にしがみついてお乳を吸っている様な姿になります。
そして雌は産卵。もう何箇所か卵のうを見ました。
 
 
赤トンボーこの秋自然遺産の森で見た赤トンボをまとめてみました。
アキアカネ

何と言ってもこの秋、この森ではアキアカネが多かった。それも雌が殆ど。上が雄、下が雌。
 
 
ナツアカネ

ナツアカネは少しでした。雌
 
 
ヒメアカネ

もともとヒメアカネは数が少なかった。これも雌。今年も少ない。
 
 
マユタテアカネ

マユタテアカネの名前の黒いマユをアップにしてみました。
数年前にはこの森では沢山いましたがここ2~3年数が減っています。
昆虫でも増えたり減ったり変化がありますね。
 
 
リスアカネ

翅の先が褐色の赤トンボ。リスアカネ。
 
 
リスアカネ

リスアカネの胸の模様は2種類あります。これは真ん中の太い黒線は上まで届きそうなタイプ。途中で切れてしまうタイプもいます。
 
 
カエル
ダルマガエル

この森にはトノサマガエルとよく似たダルマガエルが両方住んでいます。
たまたまこの日両方を見つけました。
これはダルマガエル。背中の模様がそれぞれ独立しています。
関東地方~東北地方にかけてはトウキョウダルマガエルがいるようですが。
 
 
トノサマガエル

背中の黒っぽい模様が連続しているのでトノサマガエル。
 
 
 
この項終ります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

1・・(*゚▽゚*)
女郎蜘蛛を捉えてきて戦わせて遊んだ餓鬼の頃の思い出が・(*゚▽゚*)

No title

オオモンベッコウは、たちつぼも偶然に蜘蛛を運んでいる所を見て。。お腹の黄色が目印ですよね~~道を歩いていたの??

女郎蜘蛛のお腹があんなにぱんぱんなのは、産卵するからなのですね!上の穴が生殖器、下の穴が糸を出すところ。。成程~~勉強になります!

蜻蛉もそろそろ終わりかな??

いろいろな動物を観察できるのは、自然が残っている証拠!

すてきなフィールドですね!
ぽち☆

No title

今晩は
昆虫で特に虫さん達は全く解りません・・・
ジョロウグモの雌のの身体は恐ろしいほど綺麗な身体をしていますね。
トンボでアカネつくトンボがこんなに多いとは知りませんでした。
ナイスです!!

No title

ジョロウクモの生殖器は肩の近くにあるのですね。
初めて知りました、面白いものですね。
あらためて写真を見ると、綺麗な模様と色ですね。

No title

こんばんは。

今回もいい勉強になりました。
ベッコウバチの仲間はまだに地味もありませんし、クモヘリカメムシの幼虫など全く見たこともありません。
アカネ類もこうして見ているときは なるほど と思って見ていても、記憶に残らない。この日付をメモしておきます。

ダルマガエルは分かりませんが、トノサマガエルはこちらにはいないようですね。似たトウキョウダルマガエルは見かけます。

ナイス☆

No title

トミさん
ジョロウグモの雌を見たmidの感想。。。
「もろ肌しどけ脱いだ緋牡丹のお竜」を思い浮かべてしまいました。
(「緋牡丹博徒お竜参上」藤純子主演1970年)

No title

さすがに昆虫博士のようなトミさん(のようなーーではなくて本当だったら御免なさい!)
昆虫などを観察するための容器、それもメモリー付きの容器があるのですか\^o^/ 容器のことで驚いてはいけませんね!
昆虫についてもまったく無知なのでただただ驚き!
ナイス♪

No title

クモヘリカメムシ・・・カメムシ仲間のようでアリのような・・・とのことですが、たまにお店で、アリのようなクモ?がいます。アリのような姿なのに、糸を出してツーーーーッと下りていきます。
ビックリです!

No title

クラゲさん
昔の子供は色々な虫がおもちゃでしたね。今の様にゲーム機南下はなかった。それが楽しかったですね。
ナイス有難うございます。

No title

たちつぼさん
このオウモンクロベッコウは地面の上を歩きまわっていました。クモを探していたのかもしれません。ジョロウグモの雌はそろそろ産卵の時期です。早いのはもう産卵を終えてしばらくは卵の近くにいて守っています。
このフィールドは植物・昆虫・野鳥など色々と観察対象には事欠きません。ただ水辺の生き物はあまりいませんですね。
ナイス有難うございます。

No title

ひまじんさん
クモの世界も少し見てみると面白い事があります。虫の中では一番母性愛が強いかもしれません。1部の人間に見習わせたいほどです。
赤トンボはもっと沢山の種類がいます。この森で今年見なかった赤トンボも沢山います。年々変化しているようです。
ナイス有難うございます。

No title

やまやまhiやん さん
ジョロウグモが交尾している所は1度だけmいた事があります。雄は命を賭けて雌に近寄ります。旨く行った時には自分の子孫を残す。下手すると、雌に食べられてしまう。

No title

田舎のオヤジさん
クモヘリカメムシの終齢幼虫は初めて見ました。成虫はエノコログササ等に沢山集まってきますのでよく見ていますが幼虫とは思っても見ませんでした。
アカネの仲間も同じフィールドでも変化しますね。今年はマイコアカネは見ませんでした。アキアカネは少なかったですが今年はいやに多い。等など。
トウキョウダルマガエルはこちらには生息していない様です。カエルでも地域によって生息分布が違うのですね。
ナイス有難うございます。

No title

midmark さん
ジョロウグモの雄は体の大きさは雌の数分の1.大人と幼児位の違いがあります。雄は少し大きくなると雌の巣に居候。1つの雌の巣に数匹の雄が居候しています。そして自分も雌も成熟して交尾出来るまで待っています。そして雄にしたら生涯に1度のチャンス、雌の隙(食事中とか)を狙って交尾します、旨くいけば自分の子孫を残す。下手すると雌の餌。
ナイス有難うございます。

No title

山鰍 さん
60歳を過ぎてからの昆虫爺さんです。タモを片手に野山を動き回っています。この容器は虫を捕まえて子供に見せるのに都合が良いので持ち歩いています。虫と植物の関係等も少し分かってくると面白いですね。
ナイス有難うございます。

No title

凛華 さん
時に植物を扱っていると面白いものに出会いますね。凛華 さんの見たのはアリグモだと思います。
一見アリにそっくり。良く見ると脚が8本。最初はアリに脚が8本?
変だなと思いました。雄と雌で少し体の形が違いますが。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ