fc2ブログ

記事一覧

キキョウの花・イオウイロハシリグモ・チチタケー7月初旬:自然遺産の森の観察ウォーク

前2回に続いて7月初旬の自然体験塾:自然観察ウォークの時の記事その3です。
花やクモ、キノコなどの内容です。
 
 
自然遺産の森の散策道

この道の森の樹冠あたりからキビタキの声が良く聞こえ、道の左側には湿地があり、ミカワバイケイソウ等が自生しています。
 
 
キキョウの花

明るい草地にはキキョウが花盛り。
 
 
キキョウの花

キキョウの花はオシベ先熟。沢山の花が咲いていますのでオシベ先熟からメシベが成熟するまでの花の変化が良くわかります。
これはまだ蕾。この蕾が開く時にポンという音がすると言う話を聞きますが、私は
まだ聞いたことがありません。
 
 
キキョウの花

花が開くと5本のオシベが花粉を飛ばし始める。メシベはまだオシベに包まれ、守られて見えない。
 
 
キキョウの花

オシベは花粉を出し終えようとしている。オシベはもうしおれ初めている。
 
 
キキョウの花

オシベはしおれ、メシベが顔を出し始めた。
 
 
キキョウの花

メシベは完全に成熟し他の花の花粉を受粉する態勢に入った。
こうしてキキョウの花の受粉が終ります。右の花はオシベが花粉を出している状態。
 
 
キキョウの白花

白花は多分園芸品種。
もっとも紫色の普通のキキョウも今や自然の状態では絶滅危惧種に指定されている。
 
 
クモ
イオウイロハシリグモ

通常見ることができるクモの中では大きい部類。2~3cm。
この個体は名前の如く硫黄色をしている。色には変化がある。
子育ての時以外は巣は張らないで草などに隠れている。
 
 
ワカバグモ

私のブログに時折登場する。やはり巣は張らないで木や草の間を徘徊している。なにせこの様に若葉色してきれいなクモ。
 
 
ゴミグモと卵のう

やはりこのブログに時折登場する。今回はゴミグモの母グモと産んだ2つの卵のうが一緒に写っているのでアップした。一番上の塊は母グモ。その下に少し色の明るい茶色の塊が2つあるのが卵のう。さすがゴミグモ。自分も産んだ卵もゴミでカモフラージュする。
 
 
キノコ
カレバキツネタケ

雨が多くなりキノコも沢山生えてきた。林床にまだ新しいカレバキツネタケ。
 
 
カレバキツネタケ

 
 
 
チチタケ

これは少し古くなっているが若いうちはもう少し鮮やかな赤い色。
傷がつくと白い乳が噴き出てくるのでこの名前になった。食べることができるようだ。
 
 
ノウタケ

比較的若いノウタケ。もう少し時間が経つと皺もできる。そうすると人間の脳に良く似ているとか。もっとも私は人間の脳は見た事がないが。
本当に若いうちは食べる事が出来るとか。
 
 
自然観察ウォーク

この日は2班に分かれての行動。そろそろ終わりに近づいてきたのでほぼ2班が合流。
 
 
今日の記事はこれで終ります。
次回もう1度この時の観察ウォークの記事が続きます。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

今晩は
キキョウのブルーと白が見頃に咲いていますね。
咲いている所も綺麗ですが蕾の状態がいいですね。
キノコは全く解りません。
ナイスです!!

No title

こんばんは。

キキョウが良く咲いていますね。

チチタケは『チタケ』といってよく食べたものです。
いい出汁が出て、チタケ蕎麦、チタケうどんなどが食堂でもメニューにあるほどです。
こちら方面では白い乳が出ますが、黄色い乳が出るものも所によってあるとか。

No title

鮮やかな紫色にないすを・・(*゚▽゚*)
いつも綺麗な画像をありがとうございます・・(*゚▽゚*)

No title

まだ自生しているキキョウを見たことがありません。
たくさん咲いて、良い所ですね。
ゴミグモは卵のうまでゴミでカモフラージュとは面白いですね。

No title

やっぱりきのこが色々見られましたね!
帰郷の花の変化が詳しく観察されて良かったですね。これは野生ですか>すごく貴重ですね!

No title

キキョウ、好きなお花のひとつです。が、雌しべが他の花の花粉で受粉するとはしりませんでした。
ワカバグモ、透き通るようなグリーンで美しいですね。
先日ブログで紹介した、お店にいた奇妙なクモのような虫。Facebookのお友達が、「ザトウムシ」だと教えてくれました。森で見かけるとのことですが、見られたことありますか?
今回もありがとうございました。ナイスです!

No title

自然のキキョウも絶滅危惧種なのですか!。
自然、大切にしたいですね。
観察会には子供さんも参加されているようですね。
花やクモやキノコや自然を大切にする人になっていただきたいですね。

No title

自分の産んだ卵までゴミでカモフラージュするとは
ゴミグモの生態、面白いですね! ナイス!
最近TVで取り上げられている人間のゴミ屋敷とは大違いですね~。
蜘蛛のゴミだらけは生活の知恵ですもの。

No title

> ひまじんさん
キキョウも沢山咲いていると蕾から花の終りの状態まで見ることができます。1度蕾が弾ける音を聞いてみたいのですが・・。
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
キノコも地域によって色々な呼び名がある様ですね。岐阜県ではキノコ全体を「コケ」と言う地域もあります。コケ採りに行こうか。などと言われても初めは意味が分かりませんでした。チチタケを一緒に煮込んだウドンは美味ししでしょうね。
ナイス有難うございます。

No title

> 1kurageさん
キキョウは梅雨明け前から咲いていますがいかにも秋の爽やかなブルーですね。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
ここのキキョウは10数年前に整備された時に植栽されたものと思います。その後あまり手入れをしないで自然の状態なのでいかにも前からの自生のように見えます。
ゴミグモの生態も面白いですね。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
雨が沢山降った後なのでキノコが沢山生えてきました。キノコの同定も難しいですね。
ここのキキョウは10数年前に自然公園として整備された時に植栽されたものと思います。その後あまり手入れもされていないので今では自生している様に見えます。
ナイス有難うございます。

No title

> 凛華さん
キキョウも同じ場所で沢山生えていると花の変化を見ることが出来て面白いです。1度蕾が弾ける音を聞いてみたいと思っているのですが。
ザトウムシは今森の中を歩くと必ず何匹も出会います。足が8本ありますがクモではない。昆虫でもないムシです。雑食性でミミズやキノコや死んだ虫等を食べている様です。特に人間に被害を与えることもありません。色々な種類がいます。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
秋の七草として知られたいるキキョウ、オミナエシ、ナデシコ等も絶滅危惧種に指定されています。やはり昔の日本と自然が随分と変わってきているのですね。
子供達と一緒に森の中を歩くのも楽しいですよ。
ナイス有難うございます。

No title

> 楓子さん
人間のゴミ屋敷は他の人に迷惑をかけているだけで困ったものですね。
ゴミグモも自分が生きて行き、子孫を残す為の色々な工夫には感心します。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ