fc2ブログ

記事一覧

アカメガシワとアリ・ダイコソウの花・ヤマトミクリの実ー7月上旬:自然遺産の森

7月上旬。自然遺産の森での観察ウォークの時の記事その4です。
またしても少々時間が経ってしまい、少し季節は進んでいます。
今日は植物中心、虫少し。
 
 
アカメガシワ

まだ小さなアカメガシワの木。この葉はかつて食器として使われた。
「カシワ」はそういう意味から来ています。今でも神様にお供えをする時にこの葉を使うこともあります。
 
 
アカメガシワの葉にアリ

葉の根元、葉柄の所にアリが数匹。
 
 
アカメガシワとアリ

そこに花外蜜腺がありそれを求めてアリがやってきている。
アリをおびき寄せて葉を食べにくる虫の用心棒にしているとか。
アカメガシワとアリとの共生の姿。
 
 
ケキツネノボタン

ほぼ同じ場所に次にアップしたダイコンソウが一緒に生えている。良く似ている。
こちらはキンポウゲ科。
 
 
ケキツネノボタンの実

金平糖の様な実。金平糖のトゲの先が曲がっているのはケキツネノボタン。
そこが真っ直ぐなのがキツネノボタン。
 
 
ダイコンソウの花

少し離れて見るとケキツネノボタンとよく似ている花。こちらはバラ科。
根生葉が大根の葉に似ているのでこの名前に成ったようだ。茎の葉は全く大根の葉とは似ていない。
 
 
ダイコンソウの実

こちらはキツネノボタンの仲間の実とは随分と違った姿になるので分かりやすい。
 
 
ツユクサ

ツユクサも沢山咲き出した。
 
 
ツユクサの花

ツユクサも少々複雑な性を持っている。下に伸びているのが花粉を沢山出すオシベとメシベ。真ん中に1本飛び出ているのもオシベ、これも花粉を出す。黄色い  のはいわば虫を呼ぶための目立つ役割の偽オシベ。
 
 
ツユクサの苞の中

殆どのツユクサは毎日1つの花が咲く。その苞を開いて見ると翌日咲く予定の蕾が1つ見える。苞の根元になにもついていない短いものが1本上の方に出ている。本来はこれも花茎。良く探すと、中にはここに花が咲いて1つの苞から同時に2つの花が咲いているツユクサもあります。
 
 
ネジバナとヌマトラノオ

真っ直ぐ上に伸びた赤いネジバナと白いヌマトラノオが一緒に咲いている。
 
 
ネジバナ

ラン科。
 
 
ヌマトラノオ

サクラソウ科。
 
 
ヌマトラノオ

地下茎でも増えるので1か所に群生する。
 
 
ホソバセセリ

チョウの仲間も同じ場所で増えたり減ったりしている。
このホソバセセリはこの森には数年前にはあまり見られなかったが最近良く見る様になってきた。
 
 
ハキリバチの切り跡

きれいに刃物を使って切り取った様にそして少々芸術的に切り取った。
切り取った葉は子供部屋などを作るのに使う。ノイバラの木なので多分バラハキリバチが家作りに切り取ったものと思います。
 
 
ヤマトミクリの花

小さな池のほとりにヤマトミクリの花がまだ咲いています。
ブロ友からこれはミクリではなくてヤマトミクリと教えてもらいました。
 
 
ヤマトミクリの実

こうなると名前にクリと付く名前も納得ですね。
 
 
自然遺産の森での観察ウォークの記事はこれで終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

ツユクサの花・ほんまもん見てる様です。
よくぞここまでバッチシ写せるもの・初のナイスを・・(*゚▽゚*)

No title

こんばんは。

マクロ画像がいいですね!

ホソバセセリもヤマトミクリも未見のものです。
ハキリバチは未だに切っているところを見ていませんが、我が家のイカリソウの葉を利用しています。

No title

ハキリバチの食痕可愛いですね。自然の芸術ですね。
ヤマトミクリやヌマトラノオ湿地の植物ですね。湿地の植物は良いですねうちのあたりには近くに湿地がないです。
ツユクサのお話そういえば以前にも伺いましたね!植物のたくましい工夫が一杯詰まってますね!

No title

今晩は
アカメガシワは此方でも川沿い等で見掛けられますね。
ツユクサは道端や空き地等に咲いている所を見掛けられます。
また、ネジバナやヌマトラのを観られます。
今日は結構見掛けられる野草が多かったです。
ナイスです!!

No title

アカメカシワとアリの共生ですか、おもしろいですね。
花でなく葉からも蜜がでる植物もあるのですね。
つゆ草の雄蕊も、役割が決まっていて、初めてしりました。

No title

ハキリバチの切り痕、綺麗です。
ホソバセセリはまだ見たことありません。良く見られるようになったのは嬉しいですね。

No title

こんにちは^^
ハキリバチの切り跡、幾何学模様のようで面白いですね!!

No title

> 1kurageさん
ほめて頂いて有難うございます。これは私の腕ではなくてカメラの性能のお陰です。
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
ホシバセセリはまだ未見でした? ここのフィールドでは2~3年位前から姿を見る様になってきました。翅の白い斑点がクッキリしているのが特徴ですね。ヤマトミクリはかなり珍しい様です。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
多分、1匹のハキリバチが巣作りのために何往復かしたのだと思います。あの小さな体で、沢山草木が生い茂っている中を同じ木にたどり着くものと感心します。私はいつも見た後で、もう1度見ようと思い戻ってもすぐに見失ってしまいます。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
ここは普通の里山なのでそちらの野山に生えている植物と同じ様なのが多いのですね。
日本人は太古の昔から普通に生えているものを生活の中に使ってきたう様で、アカメガシワの葉等もその1つの様です。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
アリは生態系の中で結構大きな役割を果たしているようです。アリを利用した種子散布、ありを利用した受粉、アリとの共生などなど。
ツユクサは可愛らしいですが結構繁殖力も強いですね。こんな色々な所にその秘密があるのかも知れません。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
ハキリバチの切り跡はいつも感心します。それに沢山ある森の草木の中で同じ木と巣を往復するその能力にも感心します。
ナイス有難うございます。

No title

> ナヲさん
切り跡の様子も誰かがデザインして切り取った様に見えますね。その切り口も刃物で切り取った様にきれいに切れている。
色々と感心します。
ナイス有難うございます。

No title

「赤目がしわに蟻」の画像に涼を感じました。
暗い森のなかでもシジミ蝶は綺麗ですね。
庭のねじ花、3本も終わってしまいました。種が出来てたかしらと心配しています。ナイスです。

No title

アカメガシワの葉っぱの蜜腺、知りませんでした~
今度よく見てみます~

No title

> tbi**_cal*さん
庭にネジバナが咲いていたのですか。こういう野草もきれいですよね。種はランの仲間なので目に見えない位小さいと思います。多分種は出来ていたかなと思います。来年少し増えると良いですね。
ナイス有難うございます。

No title

> ちーちゃんさん
結構色々な植物がアリを相手に蜜腺をもっているようですね。
今度アカメガシワを見かけたら元の所を見てください。蜜腺を見つけることができると思います。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ