fc2ブログ

記事一覧

アクシバの花・クヌギタケ・オミナエシー7月中旬:自然遺産の森「その2」

今日は朝起きた時から青空。昨日迄の雨、曇り空とは一転して夏空が広がっていました。
今日、東海地方も梅雨が明けました。早速の猛暑です。
 
前回に続いて自然遺産の森での観察会・下見の時の「その2」です。
 
 
梅雨空のひすい池

この時にはまだ梅雨の中。水面に雨粒が見える。
 
 
アクシバの花

ツツジ科。この森には小さなアクシバの木(20cm位?)が生えています。
花はご覧の様に何ともかわいい。
 
 
アクシバの花

名前は青木柴(青い芝の様な木)又は灰汁柴(燃やした灰のアクを使った)とも言われています。秋には赤い実が生り食べれる様です。
 
 
アクシバの花

何処から見てもかわいい。
 
 
アクシバの花

オシベは8本、メシベは1本が突き出ている。
 
 
アクシバの生えている林床

ここはスギ、ヒノキの人工林。その林床に良く見ないと見つからない様に
ひっそりと生えている。
 
 
クヌギタケ

コナラの木が枯れてもう大分たつ。その枯損木から沢山のキノコが生えている。
クヌギタケと思います。このクヌギタケももう老菌になって来ていて色が黒っぽくなっている。
もし違っていたらご指摘ください。
 
 
クヌギタケ

傘の表面には放射状のシワがある。
 
 
クヌギタケ

傘の裏と柄
 
 
コツブタケ

生えている所を写真を撮る前に採って割ってしまった。あわててくっつけてシャッターを。
 
 
コツブタケ

中に小石の様なツブツブがある。この小石のようなものが成熟して胞子になり外へ飛散する。素直な名前の由来だ。
 
 
ノウタケ

これは分かりやすくて時々私のブログにも登場します。成熟すると中から黒い胞子が無数に飛散します。
 
 
キオビツチバチ

黒い中型のハチが地面をうろついている。
 
 
キオビツチバチ

腹に黄色いはっきりとした帯状の模様が見える。キオビツチバチ。
このハチは地中のコガネムシの仲間の幼虫に卵を産みつける寄生バチ。
この小さな穴の中に潜って行きました。コガネムシの仲間の幼虫を見つけたのかどうかは分かりません。このハチも子孫を残すのに一生懸命。
 
 
オミナエシとキキョウ

草むらにキキョウが沢山、その中にオミナエシも咲きだした。
 
 
オミナエシ

この花も全国的に自生しているのは少なくなってきている。ここも十年以上前に植栽されたものと思います。
 
 
オミナエシとベニシジミ

本当はベニシジミが翅を開いて赤とオミナエシの黄色のコラボを撮りたかった。中々ベニシジミが翅を開いてくれない。仕方ないので翅を閉じたベニシジミとオミナエシです。
 
 
今日の記事は終ります。
次回は「その3」です。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

コツブタケ、昔このようなチョコ菓子を食べたことを
思い出しました。

オミナエシとキキョウのコラボ、秋を感じる涼しげな様子にナイス!
こちがは猛暑でひーはー言っています。

No title

もう秋の七草が…(*´▽`*)
やっと梅雨明けしたばかりなのに、なんだか不思議。
アクシバは鳥のくちばしみたいに見えます。可愛らしいですね(*^-^*)
ナイス☆

No title

猛暑ですが、観察の森は涼しそうですね。
オミナエシやキキョウ、秋の兆しですね。
残念でしたね、黄色いオミナエシとベニシジミの姿を期待されていたのですね。でも、イメージできますね。

No title

お早う御座います
日本列島も梅雨明けする地域が多くなって来ましたね。
梅雨明け後の猛暑には体調を管理するのが大変です。
アクシバの花はヒヨドリジョウゴの花に似ていますね。
自然な所に咲いているオミナエシとキキョウが凄く爽やかで素晴らしいですね。
ナイスです!!

No title

アくシバの花、見たことはあるのですが、よく見てみると、とても可愛らしく、繊細さを感じさせてくれますね。
ナイス。。

No title

アクシバの花に目を奪われました。葉の上にちょこんと乗っかって咲いている感じが、可愛らしいです。こちらに自生しているプロウレタリス属の蘭みたいです。オミナエシとのコラボ、ちょっと残念でしたね。それでもベニシジミは裏も綺麗だと思うので、私なら良しとしますよ。ナイス!

No title

> 田舎のオヤジさん
アクシバの花は小さな木に咲いているので見つけるとこのかわいい花の姿なので。思わずかわいい。と言いたくなります。
雨の少ない時期を過ぎてから森の中にキノコが沢山生えてきました。
相変わらず同定は難しいです。
ナイス有難うございます。

No title

> 1kurageさん
旨く秋の七草の仲間が1つの画面に入る様に咲いていました。
ナイス有難うございます。

No title

散歩道さん
特にこの森のアクシバは小さいです。普通は木の高さは小さくても
50cm位はあるのですが。この生えている場所があまり良くないのでしょうね。近くに生えているウスノキ等もせいぜい20cm~30cm位です。
コツブタケは時折草地などの地面から生えています。私は採って中を見ては初めてアッコツブタケだと分かります。
ナイス有難うございます

No title

> やすこさん
ここの場所に生えているアクシバは時期も少し遅いし木も豆盆栽の様に小さい。ケアクシバではないかと2年ほど調べましたがどの花柄にも毛がないのでアクシバとしています。
ナイス有難うございます。

No title

> 楓子さん
こんな姿のチョコがありましたか。
この黄色いオミナエシとキキョウの色が夏の太陽の元で秋を感じさせてくれました。一時涼やかな風を感じました。
ナイス有難うございます。

No title

> ちんべさん
実際の自然とイメージの自然が違うのですね。
最も昔の旧暦時代はこれであっていたのかもしれませんが。
アクシバの花は小さくて見つけるのに大変でしたがキュートな花の姿でした。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
秋の七草ですがキキョウもオミナエシももう咲いています。
暑い太陽の元で見てもやはり何となく涼やかな感じがします。
ベニシジミとオミナエシ、待ってきれいな写真を撮れなかったのですが、イメージをして頂いて有難うございます。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
梅雨の間の雨やジメジメした空気もいやですが、梅雨明け後の猛暑も体に応える。やはり秋と春がいいですね。
アクシバの花は花弁が巻きあがっている所はおっしゃる通りヒヨドリジョウゴの花に似ていますね。
ナイス有難うございます。

No title

> got*t*711さん
アクシバの花は見つけると本当にかわいいですね。
この森のは小さくて木の大きさが20cm位しかありません。普通は小さくても50cm位はある化と思います。
ナイス有難うございます。

No title

> 中米コスタリカの野鳥ガイドさん
この森のアクシバの木は特に小さくて20cm位しかありません。花も従って小さい。最もツユキさんが野生のランを探すことよりズーと易しいですが。
ナイス有難うございます。

No title

アクシバは去年の夏、越後駒の帰りに見かけたんでした。小さな花ですよね。オミナエシは私も今日2ヵ所で見かけました。秋めいた花がもう咲いているんですね。

No title

> 山が好きさん
アクシバの花を山で見けけたとの事ですが、多分木の大きさは50cm位以上はあったのではないかと思います。普通はそんな大きさなのですが
ここ場所は小さくて20cm位しかありません。見つけるのに大変です。
でもかわいい花ですよね。
ナイス有難うございます。

No title

見逃してたのでしょうか??
アクシバの花!!久しぶりに拝見しました。写真を見た瞬間、キュ~ンとしました。やっぱり、可愛いですね。以前お店にいた子は、ピンク色のお花でしたが、白花なんですね。白も可愛いです。
ナイスです!!

No title

> 凛華さん
わざわざ探してコメントを頂きありがとうございます。
ここのアクシバは木の高さが20cmくらいと他で見るよりずーと低いので花を探すのも少々大変。でも見つけた時には相変わらず
かわいいな~。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ