fc2ブログ

記事一覧

ナンキンハゼの花・キノコ・ヒヨドリバナー7月中旬:自然遺産の森の観察会

7月中旬の定例の自然遺産の森での自然観察会「その3」です。
植物、キノコその他です。
 
 
ウワミズザクラの実

4月中旬、ブラシの様な花を咲かせたウワミズザクラが今はこんな赤い実を付けて
います。今年は花は普通に咲きましたが、実のなり方は少ない様な気がします。
 
 
ウワミズザクラの実

北陸地方ではまだ未熟なこの実を塩漬けににしたものをアンニンゴと呼んで酒の肴にしたり料理のアクセントにしたりして使うとか。
試しにこの位に色付いた実を口に入れて見たが、苦くて、渋い。もっと黒く熟すると少し甘味が出てくる。
 
 
キノコ
タマゴテングタケモドキ

テングタケ科。
ツボが見える。傘にきれいな条線も見える。
 
 
タマゴテングタケモドキ

ツバも見える。食毒不明?と言うより毒を持っている可能性が大。
まー食べる人はいないと思いますが。
 
 
ニオイワチチタケ

ベニタケ科。
乾くとカレー粉の様な匂いがすると言うが、結構このくらいであまり乾燥していなくてもカレーの匂いはしました。
傘の表面に出来る輪も特徴。
 
 
ニオイワチチタケの裏

傷がつくと白い乳液が出てくる。名前の由来がでそろいました。
あまり食べる習慣はないそうです。
 
 
ヒメカタショウロ

雑木林の地面から半分顔を出したキノコ。ニセショウロ科。
熟するとこの頂上が割れてそこから胞子を飛散させる。
ニセのつかないショウロは海岸などのクロマツ林などに出てくる。そちらは美味しく食べることができる。
 
 
ヒメカタショウロ

薄い皮を割ってみると黒っぽい胞子がギッシリ。
但し、この種のキノコには似た様なのがあるので胞子等を顕微鏡で観察しないと違うこともあるとか。
 
 
トゲアリ

コナラの洞に大きなアリが沢山沢山動き回っている。
中々カメラできれいに捉えられない。胸が赤いのは見える。
 
 
トゲアリ

何とかボケているが胸が赤い、そこにトゲがあるのは分かる程度に捉えた。
トゲアリ。8mm~10mm。
珍しいアリではないが、生態は結構面白い。女王アリはクロオオアリ等に成り済ましてその巣を乗っ取り自分の子孫が増えてくると乗っ取った巣からでて自分のコロニーを作る。社会性のあるアリ。女王ありは10年位生きるとか。
 
 
ナンキンハゼの花

特別きれいな花ではありません。紅葉はきれいですね。
丁度花の時期。
 
 
ナンキンハゼの花

花柄の元の方で数本のヒモの様に伸びているのが雌花。その先にツブツブ状態のが雄花の蕾。この木は雌花先熟。
 
 
ナンキンハゼの雌花

先日、ブロ友からナンキンハゼは雌花先熟の木もあれば雄花先熟の木もあると教えられました。同じ種類の木でも違っているとは面白いものですね。
この木は雌花先熟の木でした。
 
 
ヒヨドリバナ

秋のイメージのヒヨドリバナが咲きだしています。
キク科。
 
 
ヒヨドリバナ

野鳥のヒヨドリが鳴く頃この花が咲きだすのでこの名前になたっとか。野鳥のヒヨドリは今では1年中近くで飛びまわって鳴いていますね。
 
 
ヒヨドリバナ

もっともこの花も手元の図鑑では「山に咲く花」に分類されていて里山の花として扱っていない。この辺の里山では何処にでも見られる。自然は変わるし季節感も変わって行きますね。
 
 
今日の記事は終ります。
次回もこの続き「その4」です。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

今晩は
ウワミズザクラは白い花でシベ長く穂状に咲く花の様に記憶していますがこの様な実が付くのですか知りませんでした。
ナンキンハゼの花も始めて観たように思います。
ヒヨドリバナは植物園等で観た事があります。
ナイスです!!

No title

こんばんは。

トゲアリというものはまだ見たことがありません。
女王アリの寿命が10年もあるとは驚きです。

こちらではヒヨドリバナの仲間のヨツバヒヨドリが高原で咲き始めたそうです。
アサギマダラが良く似合う花ですね。

No title

ニオイワチチタケはカレーのにおいがするんですね。
毒ではなさそうですが、食べる気は起らない姿ですね。
トゲアリは見たことありませんがふつうに見られるのでしょうか。

No title

アンニンゴ酒飲んだことありますよ。美味しかったです。
ヒヨドリバナとナンキンハゼの花、拡大すると面白いですね。トゲアリって刺されたら痛そう。いろいろ興味深いです。

No title

こんばんは!

トゲアリ、初めてみました。
不思議なアリがいるものですね。

ナイス!

No title

もうヒオドリバナが咲いてるんですね!マイフィールドはまだです。
トゲアリはクロオオアリの巣をのっとるのですか!アリは見分けが私には全くつかないです。

No title

トゲアリ初めて見ました。
胸が赤いアリは山でたまに見かけますが、トゲはなかったはず…
ヒヨドリ花のこんなきれいな上からのアップ写真はなかなか撮れません。
こんな風になってたんですね(*´▽`*)
ナイス☆

No title

> ひまじんさん
イワミズザクラは里山に生えている桜の仲間で白いブラシ状の花穂の花が咲きます。その花が今赤くなって実り初めています。
ナンキンハゼの花も葉の色と同じ様に緑色系統なのであまり目立ちませんですね。
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
アリの仲間でも10年近く生きる女王アリがいることは少々驚きですね。
こちらではヒヨドリバナもそろそろ終る頃アサギマダラが里山にやってきます。田舎のオヤジさんの記事で今そちらの方でアサギマダラが遊んでいる事を知りました。
今年もこの辺の里山に姿を見せてくれると良いなと思っています。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
図鑑では乾燥したニオイワチチタケはカレーの匂いがするとありmすが今回は普通の状態でもカレーの匂いがしましたよ。
トゲアリはそんなにめづらしいアリではなくてこうした故損木のムロ等に良く棲みかを作っています。
ナイス!

No title

> 山が好きさん
アンニンゴ酒を飲んだことがあるのですか。下戸の私はまだ経験していません。めづらしい物の様ですね。
花も拡大して見ると思っていなかったような姿を見せてくれますね。
ナイス有難うございます。

No title

> k27*e7*8e8*rpsxさん
なかなかアリに眼を留める機会は少ないと思います。このアリは比較的大きいのでdその上沢山のアリがうごめいていますので見つけやすいです。良く見ると胸が赤くてトゲがあるので分かりやすいです。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
多くの野草等はそちらの方が花も早い気がしますがまだヒヨドリバナアの花は咲いていませんか。ナンキンハゼはマイフィールドではこの木しか花が咲いていなかったので雄花先熟の木を見つける事ができませんでした。
ナイス有難うございます。

No title

> ちんべさん
胸の赤い比較的大きなありは多分ムネアカオオアリ。それはちんべさんのコメントの様に棘はありません。今回は最初そのアリかと思いmしたが棘がある。これは違う種類だと思い調べたらトゲアリでした。
ナイス有難うございます。

No title

ウワミズザクラの実、私も探しに行きましょう~
キノコはいろいろありますが名前は?です
ショウロというのは食べられるのですか~
キノコはおそろしくてまず手が出ません
ナンキンハゼ、こちらでは雌花は実が出来ています
雄花が咲きに咲くのもあるのですか~
いろいろありますね
ヒヨドリバナ、こちらでも咲いているのを先週見かけました~

No title

> ちーちゃんさん
ウワミズザクラはこの辺の里山には多分あると思いますよ。赤くなった実は食べることが出来るので、美味しいかどうかはともかく1度口にしてみてください。ナンキンハゼはもう実になっているのがあるのですか。早い木(気)もあるのですね。
もうヒヨドリバナが咲く季節なのですね。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ