fc2ブログ

記事一覧

はり絵「夏の森」

8月14日のブログの中で「夏の森」と言うはり絵を使ったプログラムの
1部を紹介しました。
他の絵も見たいというコメントも頂きました。
夏も終ろうとしている8月中にと思い今回アップしました。
 
この絵本は10年前の愛知万博の海上の森でインタープリターをしていた時の我々のリーダーだった大嶽隆さんが万博用に制作したものです。
 
従ってフィールドは海上の森。と言っても各地の里山に共通するものが沢山あります。
絵ははり絵、勿論文も大嶽さんのオリジナルです。
 
万博では森の中にこの絵を飾り、順番に見て回るというプログラムになっていました。
 
小冊子にそれを作り、了解を得て私がA4判に拡大印刷し、今回それをスキャンしています。
従って、本来はもっとズーときれいな絵本でした。
 
 
表紙

葉はクリの葉、虫はサトクダマキモドキ。
 
 

木と葉は東海地方特有のモンゴリナラ(今はフモトミズナラと改名)
虫はツユムシ。
 

いわし雲とイタチ。森と海は繋がっている。
 
 

雨の森
 
 

嵐の森:ウンヌケの葉の上でハラビロカマキリが。
 
 

嵐の後の森:嵐の後の森の地面は本当に賑やか。小さな白いのはリョウブの花ビラ。
 
 

夕方の森:昼から夜へと生き物の交代。
 
 

夜の森:ムササビ・イエコウモリ・ウサギコウモリ・アオバズク・オオミズアオ・・
 
 

朝の森:ツユクサ・ホタルブクロ・オニヤンマ(オニヤンマのを作るのに2日間
     かかったそうです。)
 
 

人が登場:仲間と来る森
 
 

2人で来る森
 
 

1人で来る森
 
 

夏があるからこの自然がある。だから暑くてもありがたい。
このイカルを作るのにも2日間くらい必要だった様です。
 
 

夏の森には命があふれている。
そして人間は?小さく表現されています。それでも作者にとって絵の中で人間の存在感は大きすぎる。
 
 

終り。
 
 
文字が小さくて読みにくいところがあります。申し訳ありません。
簡単に私の説明を加えました。作者の思いを伝えられない部分は私の責任です。
 
今でも大嶽さんは葉山で自然学校を運営し、はり絵作家等として活躍しています。
 
今回はこれで終ります
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

虫たちがとても繊細!ナイス!
どれも素敵ですがカタツムリに感激です!
夜の森も好きだな~。
自然の中では所詮人間はちっぽけな存在です。

No title

こんばんは。

素晴らしい作品の数々を興味深く見せて頂きました。
自然界を熟知していないと分からない枝葉の重なりから抜けた空などの状態に感動しました。

こうして載せて頂かないと見る機会は無かったと思います。
有難うございました。

No title

色使いがなんとも素敵ですねくっきりとした際立った色なのに落ち着いたトーンで素敵です。見せていただきありがとうございます。

No title

今晩は!
大嶽さんっておいくつの方ですか?
とてもメルヘンチックな絵を創作されるのだから若い人なのかと感じたりいやいやきっと心の澄んだお年よりに違いない!
などと夢想に陥っています(^^*
凄いですね

No title

素敵ですね。
トンボの羽の透けた感じ、緑の重なり方、黒の使い方なんかも好きです。
こういう作品、時間があったら作ってみたいなあなんて思いますが、
カケスやオニヤンマに2日間かけたなんて聞くと、素人が軽々しくやりたいなんて言っちゃいけない気も…(;´∀`)
ぜひ、実物を拝見したいです。
ナイス☆

No title

ご紹介ありがとうございました。
大変な作業だったと思います。
じ~っくりと拝見させていただきました。
はり絵も美しいのはもちろんですが、とても素敵なこころに響くフレーズがたくさんあって、感動しました。
森のことを熟知してるからこそ、作れるものですよね。
この難しい人間社会にも、自然界の森で生きる植物、生物のことを知ることで、参考にできることがあると思ってます。
あたしは、トミさんのブログからいろいろと教わってます。
ありがとうございます。 ナイスです!!

No title

> 楓子さん
さすが楓子さん、カタツムリに眼を付けたですね。
本当に良く森を見て理解して、それを簡単なはり絵で表現していると思います。

No title

> 田舎のオヤジさん
いつも自然の中にいて自然を見つめているので細かいところまで良く観察しています。それを貼り絵という手法でよく表現していると思います。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
原画から何回もコピーしてスキャンしてとPCにとりこんでとなっているので色は大分落ちてしますがそれでもきれいな絵になっていると思います。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
大嶽さんは多分、今は50歳前後ではないかと思います。我々と出会った時には40歳前後。
少々シャイな所のある非常に心の素直な方です。
それまでビジネスの世界で生きてきた私から見たらこんな人もいるんだと思った記憶があります。
ナイス有難うございます。

No title

> ちんべさん
万博後、1度大嶽さんに貼り絵の手ほどきを受けた事がありますがどの世界でもそうですが、簡単には行かず私は物にすることができませんでした。
文章にも表れている様に心の素直な方です。
ナイス有難うございます。

No title

> 凛華さん
私の言いたいことが凛華 さんのコメントに皆入っています。
大嶽さんは少々シャイですがいつも自然を見ていて非常に心の素直な方です。素直な心で自然を良く観察して素直にそれを絵や文章で表現していると思います。
凛華 さんのブログでもご紹介していただきまして有難うございます。
ナイス有難うございます。

No title

題材も色使いも素敵ですね。
森を愛していらっしゃる大嶽さんだからこそ描ける作品でしょうね。
ナイス!です。

No title

> 散歩道さん
もう10年前の作品ですが、この10年間に何回かこの作品を野外活動のプログラムに使ってきました。そのたびに参加者のか方からお褒めの言葉を貰っています。自然を見つめる目の共感するところがあるのでしょうね。
ナイス有難うございます。

No title

絵もお話もとっても素敵ですね~

No title

> ちーちゃんさん
10年ほど間に大嶽さんが作った作品ですが、私は時々夏の森での活動プログラムの時に使わせていただいています。結構評判が良いので使っている私もうれしく思っています。
ナイス有難うございます。

No title

夏の森に嵐が来ると枝が踊って、葉っぱが泳ぐ
素敵な雰囲気ですね。ナイスです。

No title

> tbi**_cal*さん
大嶽さんは少々シャイなところがありますが非常に心の素直な方で自然を良く見つめてこの作品を作り上げました。
ナイス有難うございます。

No title

素敵な絵本ですね、手元において眺めたくなります。
紹介ありがとうございました。

No title

> 山が好きさん
皆さんに喜んで頂いて作者の大嶽さんもうれしい思います。
機会があったら伝えたいと思います。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ