fc2ブログ

記事一覧

アサギマダラ・クロコノマチョウのサナギ・ヤマガラー10月初旬:自然遺産の森

前回に続いて10月初旬に自然遺産の森で行った定例の
「自然体験塾:自然観察ウォーク」その2です。
今回も植物・昆虫・野鳥等が混在しています。
 
 
自然遺産の森の中の散策道

山の中腹の「くもの丘」へ行く道。
 
 
昆虫
アサギマダラ

くもの丘の入口近くでこの秋になってこの森で初めてアサギマダラを見つけました。
 
 
アサギマダラ

この森では最近、フジバカマが減って来ていて、今の時期はヒヨドリバナも盛りを過ぎています。アサギマダラの好物の花が少なくなってきているのか、このチョウを見かけるチャンスが少なくなっています。
スズカアザミに吸蜜中ですがすぐにどこかへ飛び去ってしまった。
 
 
アゲハチョウの幼虫

この木は1m位のイヌザンショウ。沢山のアゲハの幼虫がいる。ざっと数えたら
20数匹はいた。この写真の中だけでもあちこちにいる。
 
 
ツバメシジミ:雌

チラッと翅の表が見える。雌だ。
 
 
ミドリヒョウモン:雌

最近この森でもミドリヒョウモンは増加中の気がします。
 
 
クロコノマチョウのサナギ

何回かクロコノマチョウの幼虫はアップしました。その幼虫が今サナギになっています。ジュズダマの葉が特に好きで、サナギもジュズダマの葉裏にぶら下がっていました。
 
 
クロコノマチョウのサナギ

暖地性の蝶で、ただいま温暖化につれて北上中。成虫は地味な色。サナギは
ご覧の様に透き通るような緑色。クロコノマチョウの一生でサナギの時が一番きれいに見えるかもしれない。
 
 
野草
コセンダングサ →アメリカセンダングサ

今が盛りのヒッツキムシ。この森にはセンダングサは殆ど無くなりました。このアメリカからやってきたアメリカセンダングサと次のコセンダングサに入れ替わりました。
 
 
コセンダングサ

沢山咲いています。白い舌状花を持つシロノセンダングサと交雑しやすいのか少しだけ白い舌状花があるのもあります。そう言うのをアイノコセンダングサと言う事もあります。写真右側の花は少しだけ白っぽものが見えますが拡大して見ると舌状花ではなくて光の加減で白く生っているのです。
 
 
 
ヌカキビ

イネ科は難しいですが、このヌカキビを始めとして何種類かはきれいだなと思います。
 
 
ヌカキビ

 
 
 
キノコ:ヒイロタケ

枯れたクリの木に生えていた。朱色が鮮やかなキノコ。
 
 
野鳥
ヤマガラ

ヤマガラがエゴノキの実を食べに来ている。この森全体ではエゴノキの実はやや不作のようだ。従って生っている木に集中的にヤマガラが集まってきている。
 
 
ヤマガラ

さて、この実を食べようか。
ヤマガラは本当にこのエゴノキの実が好きなようだ。
 
 
 
ヤマガラ

あれも良さそうだな。
 
 
ヤマガラ

写真は同じ個体を追ったものではありません。
ようやく嘴で咥えて、この木では食べない。近くの木に移ってそれから食べる。
果肉の中の種子は結構固いのだがそれを足で押さえて嘴で上手に割って中の種子を食べる。食べ終わるとまたこの木に戻ってくる。
数日後に行って見たらかなり生っていたエゴの実が完全に無くなっていた。
すごい食欲だな。
 
 
今日の記事は終ります。
次回は続きの「その3」です。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
アサギマダラは綺麗なチョウですが中々出遭えないですね。
ヤマガラに出遭えましたね、やっぱりエゴの実を食べに
来ているようですね。
ナイスです!!~

No title

愛嬌たっぷりのヤマガラ君にナイスを・・(*゚▽゚*)

No title

こんにちは!
アサギマダラとを見るとつい先日、こちらで見たものが浮かび、感情が入ります(^^)!
数年に一回というような蝶ですから北国ではやはり嬉しさ倍増の蝶です!その地域限定の蝶はこちらが遇いに行かないと見られないけれど
蝶の方から来てくれるのですから渡り鳥と一緒ですね♪

今年、アゲハチョウは庭の山椒に卵を産みませんでした
ナイス

No title

こんにちは。

アサギマダラに出会いましたね。 長居はしてくれませんでしたか。
クロコノマチョウの蛹が綺麗ですね!!
こちらでも見かけるようになったという話は聞いていますが、いまだ未見です。
ヤマガラはやはりエゴの実が好物なようですね。

No title

イヌザンショウは直ぐに丸坊主になってしまいそうですね。
クロコノマチョウの蛹は緑色で綺麗ですね。ジュズダマを探してみますね。

No title

アサギマダラは、仕事関係の女性の方から、アサギマダラを見たさにフジバカマを庭に植えていると聞いたのを思い出しました。きれいな色合いですね。わかる気がします。
ミドリヒョウモンは、まさにヒョウ柄ですね。
サナギと言ったら茶色でグロテスクなイメージですが、クロコノマチョウのサナギはなんてきれいなんでしょう。
見つけてもサナギだとは思わないですね。きっと。
ナイスです!!

No title

とても楽しい「自然体験ウオーク」ですね。
植物、昆虫、小鳥・・・。
私もついてあるきたいですよ。

No title

アサギマダラが見れてよかったですね
ミドリヒョウモンも綺麗に撮られて素敵ですね
ジュズダマはいっぱい見ますのでクロコノマチョウのサナギを探してみよっと~
ヌカキビというのは見たことありますね
こういう種類はスルーしてました
ヌカキビ、三回唱えて覚えましょうっと

No title

> ひまじんさん
アサギマダラの出会ったのはこの秋2度目です。1度は標高の高い山地、ここでの出会いはもしかいたらこの秋はこれで終りかな。もう少しじっくりと写真を撮りたかったです。
ナイス有難うございます。

No title

> 1kurageさん
ほんと、ヤマガラはこのエゴノキの実がたい好きの様でこの時期エゴの実が生っている木の近くへ行けば会えますよ。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
そうですか、そちらでは数年に1回位の確率でしか見られないのですか。もっともこちらでも1年に1~2回しか出会うことは無いですが。先日山鰍 さんの記事を見ました。きれいなチョウですよね。
このイヌザンショウの木に沢山アゲハの幼虫がいるのでもう間もなく全部葉を食べつくすのではないかと思います。
我が家ではキンカンの葉に産みつけてありました。
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
せっかくアサギマダラに出会ったのでもう少しじっくりと写真を撮らせてくれれば良いのに~と恨み節。
クロコノマチョウは4~5年ほど前からこの森で見初めてから毎年ここに定着しているようです。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
多分イヌザンショウは間もなく丸坊主になるのでしょうね。大きさの違う幼虫が幾つもいたので産卵時期はどうもバラバラの様です。
もうそちらでもクロコノマチョウは出現しているのでしょうか。
数日前にはジュズダマ以外のイネ科の葉裏にいました。
ナイス有難うございます。

No title

> 凛華さん
アサギマダラを初めて見た時には感動した記憶があります。ただこの森ではフジバカマもヒヨドリバナも今は少なくなっていますので飛来するチョウ、も少ない様に思います。
クロコノマチョウの成虫は黒と茶色で非常に地味な色ですがサナギは透き通るような緑できれいでした。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
何でも見てやろうとの気持ちでこんな観察会をやっています。子供に5感を使って貰おうと匂いや臭いのするもの、口に入れても大丈夫なもの、触っても大丈夫なもの・・・積極的に体験してもらっています。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
もう間もなくこのイヌザンショウの木の葉は丸坊主になる事でしょうね。イネ科の中でも幾つかきれいだなと思うものがありますね。
度々のご指摘ありがとうございます。確かにアメリカセンダングサですね。早速訂正してコセンダングサもついでに付けくわえます。
もう少し慎重にアップしないといけないなと反省。
ナイス有難うございます。

No title

> ちーちゃんさん
アサギマダラに出会ったのですが、もう少しゆっくりと撮影させてくれれば良かったのにと恨み節。
クロコノマチョウの幼虫を先日も他のイネ科で見つけましたがやはりジュズダマが一番好きではないかと思います。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ