fc2ブログ

記事一覧

クルママザミの花・ホシホウジャク・ヌルデー10月中旬:自然遺産の森の観察会

10月中旬、自然遺産の森で定例の観察会をやりました。
当日は天気も良く、花や昆虫など見るものが沢山ありました。
下見の時と併せて何回かに分けて記事にします。
今日は「その1」
 
 
野草
シラヤマギク

今この森では一番沢山見ることができる野ギクです。林縁が多いですね。
 
 
クルマザミ

クルマアザミはこの森ではこの秋に初めて見つけました。
9月27日の更新の記事にその時の蕾の状態をアップしてあります。
 
 
クルマアザミ

10月初旬に咲き出しました。
 
 
アオミズ

この野草も10年以上観察会をしていて今まで見た事がなかった。イラクサに似た葉の形、葉は対生、茎は緑色、葉は光っていて緑色。さて?
と思っていたらブロ友さんの記事をみて、これだと理解した。
 
 
アオミズ

池のほとりにミズ(ウワバミソウ)は生えているが随分と姿、色が違う。
いつから、どうしてここに生えているのか不思議。
 
 
ハナタデ

イヌタデ、ボントクタデ等も良く見るがこれはハナタデ(ヤブタデ)。
 
 
虫たち
ホシホウジャク

秋、アザミの花にはホウジャクの仲間が良くやってくる。ホバリングしながら長い口を伸ばして蜜を吸っている。
 
 
ホシホウジャク

飛んでいると下翅の模様が見える。捕まえて翅を広げなくてもこの模様でほぼ種類がわかる。
 
 
ホシヒメホウジャク

こちらはやや小型。下の翅の模様が上のホウジャクとは違う事がわかる。
 
 
ホソヒラタアブ

この森に咲くアザミの多くはスズカアザミ。そのアザミも昆虫にとっては人気のある花。ハナアブ、ハチ、等器用に飛ぶことが出来て長い口を持っている昆虫はこの花にやってくる。
 
 
アオスジアゲハ

きれいなアゲハ。こちらはミゾソバの花にやってきた。珍しくもないがかと言って
沢山飛びまわっている事もない。。
 
 
アオスジアゲハ

こうしてカメラに収めることが出来たのは久しぶり。
 
 
ジョロウグモ

今森の中ではジョロウグモが沢山巣を張っていて油断すると顔がクモの巣だらけになってしまう。
これは、枯葉が風に飛ばされて巣に引っかかった。その振動で虫と思ったクモが
大急ぎでやってきた。しばらくこの葉を触っていたが虫でないと分かって元の位置に戻って行った。
 
 
ジョロウグモと音叉

音叉は楽器の調律等に使う道具。これを振動させてそーとクモの糸につけると
ジョロウグモが急いでやってくる。どうやら音叉の振動が虫が巣に掴まった時の振動と似ているらしい。それを実験してみました。
見事、ジョロウグモを騙しました。やり方が下手だと寄って来ないで逃げ出してしまいます。
 
 
樹木
ヌルデの虫こぶ

ヌルデシロアブラムシによって出来た虫こぶ。下のはもう中からアブラムシが出て行った穴。この虫こぶから採れるタンニンを昔の結婚した女性達はお歯黒に使った。
 
 
ヌルデの実

秋の前半の一時期ヌルデの実はこの様に白くなる。
秋も後半にでもなると雨などで流れてしまうのか白くなくなります。
 
 
ヌルデの実

この白いのはリンゴ酸カルシュウム。舐めると塩酸っぱい。かつて山奥で塩が貴重な地域では今の時期この実を塩分摂取にも使っていたことがあるとか。
野鳥達もカルシュウム摂取の為かこの実が大好き。それがまた種子散布に役立つ。
 
 
観察会風景

この日は15人位の観察会。
これはムクノキの実を採って食べている所です。甘くて美味しかったですよ。
 
 
今日の記事は終ります。
次回はこの続きs「その2」です。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

観察会、楽しそうですね。
音叉の振動でジョロウグモを騙す実験も面白そうです。
ホシホウジャクが庭のホトトギスに来てましたが写真は撮れず残念でした。よく撮れてますね。

No title

こんばんは
今回も大勢の人達が集まっての観察会が楽しそうですね。
アザミやタデも色々の種類があるようですね。
ホシホウジャクやホソヒラタアブはホバーリングしている所を
見事に捉えていますね。
ナイスです!!~

No title

ジョロウグモに音さを近づけるとやってくる面白いですね。うまくやらないと逆効果なんですね。音さがないのでためせないけど面白そうですね。
ヌルデミミフシはうともできています。
アオミズの葉は艶があって可愛いですよね。マイフィールドにはありませんが新しく見つかるなんて嬉しいですね。

No title

自然観察会、新しい発見や、昔懐かしいことや・・・。
楽しい会だと察します。

No title

こんにちは、yasubehです!

音叉で実験とは恐れ入りました。

なーるほど、そういう仕組みなんですね!

またひとつ勉強になりましたよ( ^∀^)♪

有り難うございました(^_^)

No title

秋の里山の風景、いいですね。
子供のころから、クマンバチのような虫だと思ってて、凛華の店先にも時々やってくる・・・ホシホウジャクっていうんですね。漢字だと、星蜂雀だと。大きいので、ちょっと怖いですが。
ヌルデも初めて聞いたので調べてみると、ウルシ科の植物なんですね。まだまだ知らないことがたくさん!
いつもありがとうございます。 ナイス!です。^^

No title

今回も楽しそうな観察会でしたね。
近所のヌルデの木にも、虫こぶがたくさんありました。
はじめて見たときはヌルデの実かと思いました( *´艸`)
ホウジャクの仲間は我が家の花壇にもよく来るので、じっくり模様を見てみますね。
ナイス☆

No title

アオスジアゲハは綺麗に撮れそうで撮れない蝶ですよね。
ナイス!
こちらはクスノキの街路樹が多いせいかアオスジアゲハは沢山飛んでいます。
でもなかなか綺麗に撮らせてもらえません。

ヌルデのリンゴ酸カルシュウムのお話も勉強になりました。

No title

気の知れた仲間との観察会、楽しいことでしょうね。私の場合はどうしてもガイドとしての立場なので、心の底から楽しめるという感じではないんですよね。そうかと言って、ガイドだから一般の団体ツアーに参加する気もなれなくて・・・・。クルマアザミで吸蜜するホウジャクは見事に撮られましたね。この姿を見て、日本にもハチドリがいると勘違いされる方がいるのも分かりますよ。虫こぶからとれるタンニンがお歯黒に使用されていたこと、勉強になりました。ナイス!

No title

> 田舎のオヤジさん
秋は食べることができる実も色々ありますので口で秋を感じることも楽しみの1つです。
アオシジアゲハやホウジャクを見ないのは残念ですね。
特にホウジャクの仲間は見ていて飽きないですね。
ナイス有難うございます。

No title

> 1kurageさん
私もアオスジアゲハはたまたま撮れただけです。時折は見かけるのですが中々シャッターチャンスがないチョウです。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
ジョロウグモは何で虫が巣につかまった事を知るのかと言う事でしばらく前にNHKの番組で音叉を使った実験をやっていました。それ以来時折遊んでいます。
1度試してみると面白いですよ。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
皆それなりの年を採っていますが、ワイワイと言い合いながら楽しくやっています。
秋は花も多いし、昆虫も沢山いるし、時間が足りないです。
ホウジャクがホバリングしながら蜜を吸う様子は見ていてたのしいですよ。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
このジョロウグモの実験はしばらく前にNHKの番組でやっていました。それ以来子供がいる時には良く実際にやって見ました。今回は大人だけでしたが、皆さん楽しそうに自分も、と言って試していました。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
こお観察会は皆さん中高年の人ばかりですが、時に童心に帰って色々な話をいしたり、楽しい観察会になっています。
ナイス有難うございます。

No title

> yasubehさん
このジョロウグモの実験はしばらく前にNHKの番組でやっていました。子供相手の時には良くやる事もあるのですが、今回は中高年ばかり。でも皆さん童心に帰って自分も、と言って実験していました。
ナイス有難うございます。

No title

> 凛華さん
このホウジャクはいたって大人しい蛾なので怖いことはなにもありませんですよ。ホバリングしながら吸蜜している所を見のは結構面白いものです。
昔の人は身近な自然のなかから色々なものを見つけて利用していたのですね。このヌルデも里山には沢山生えています。
ナイス有難うございます。

No title

> ちんべさん
秋は花も多いし、昆虫も多いし、沢山見るものがあって時間がオーバーしてしまいます。
ホウジャクの仲間は飛んでいる時の翅の模様を見ると比較的違いが分かりやすい。捕まえてしまうとかえって分かりにくいこともあります。ホバリングしながら蜜を吸っている所は見ていて面白いですよね。
ナイス有難うございます。

No title

> 楓子さん
アオスジアゲハは時折見かけますが、写真在庫の中にあまりないのです。中々撮るチャンスがない蝶ですね。今回はたまたま目の前に飛んできた。
1度ヌルデの実をこの時期に見るチャンスがあったら口に入れて見てください。それなりに美味しいですよ。もっともこうした木にかぶれる人は止めた方が良いですが。
ナイス有難うございます。

No title

> 中米コスタリカの野鳥ガイドさん
この観察会は私が10年以上続けている観察会で参加費100円、出席の予約なし、欠席の連絡不要。という気軽な観察会です。殆どが常連さんでワイワイガヤガヤ言いながら観察しています。
私はハチドリを見た事がないのですが、見た事があるひとは同じ様な大きさかな>なんて言っていました。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ