fc2ブログ

記事一覧

ウメバチソウの花・ヘビノボラズの赤い実ー10月下旬:築水の森

10月下旬、愛知県春日井市の築水の森で観察会がありました。
秋も半ば、花や木の実や色々なものを観察しました。
何回かに分けて記事にします。
このフィールドは普通の里山の中に東海地方特有の湿地が点在している面白い場所です。
今日は「その1」
 
築水の森の湿地にかかる木道

この木道の主に右側に小さな湿地が点在しています。
 
ウメバチソウ

ユキノシタ科。標高の高いところの湿地では夏に咲く。この辺の里山の湿地では
これから咲き始める。大分咲き始めたがこれからが本番。
 
 
ウメバチソウ

 
 
 
ウメバチソウの花

この花のオシベ(5個)はまだ完全には成熟していない。メシベを保護するように被さっている。緑色の部分とそこから糸状に伸びているものは仮オシベ(5個)。
 
 
ウメバチソウの花にシマハナアブ

 
 
 
ヘビノボラズの実

このような湿地には幾つかの絶滅危惧種が生えている。その1つのヘビノボラズ。
 
 
ヘビノボラズの赤い実

5月頃黄色い花が咲き、今実が真っ赤になっている。もう少し経つと葉も真っ赤になって非常にきれい。
 
 
タテハサムライコマユバチの繭

寄生バチは昆虫の種類だけいるとも言われるほど沢山いる。
これはサルトリイバラを食草にしているルリタテハの幼虫から出てきたマユバチの幼虫が集団で繭を作った。着いている枝はサルトリイバラ。
 
 
ルリタテハの忍術

さて、何処にチョウがいるか分かりますか。少し離れたところからは見つけるのに苦労しました。マユバチに寄生もされないで無事に成虫になった。多分このまま冬越しをする成虫。
 
 
テングチョウ

これも成虫で冬越しをするチョウ。今からしばらくの間と春先の暖かい日にはこの様に活動する。珍しく小枝の先にとまって。
 
 
ヌマガヤ

湿地状のところに今沢山生えていて穂を付けていて良く目だつ。
 
 
ヌマガヤ

イネ科。カヤツリグサに良く名前が似ているヌマガヤツリと言うのがあるが姿は随分と違う。ここのヌマガヤは1m以上の高さはある。
 
 
キダチコンギク

 
 
キダチコンギク

 
 
 
ヤマアカガエル

そろそろカエルも冬眠の季節。
 
 
観察会風景

 
 
今日の記事は終ります。
次回は「築水の森その2」です。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

1・・・(*゚▽゚*)
猿滑り・蛇登らず・ですか?

No title

こんばんは。

ウメバチソウが花盛りのようですね。
近くでは見られませんので今年は見ずに終わりそうな雰囲気です。

ヘビノボラズの枝の棘が鋭く写っていますね。

ルリタテハは見つけましたよ♪

No title

こんばんは
里山の湿地帯には色々の野草が咲いていますね。
ウメバチソウは小さい花でしょうが綺麗ですね。シマハナアブも一緒に撮られて素晴らしいですね。
ヘビノボラズの真っ赤な実は初めて見ました。
キダチコンギクが綺麗に咲いていますね。
ナイスです!!~

No title

築水の森ではウメバチソウは今頃咲くのですね。大好きな花です。
ヘビノボラズの赤い実も可愛いですね。
タテハサムライコマユバチが集団で作った繭は初めてです。

No title

え~、何度みても「るりたては」がみえません。

観察会、良いですね。
いろいろ現物を見ながら教えてもらいながら歩くと楽しいと思います。

No title

ウメバチソウへ位置では今頃咲くのですね。ヘビノボラズは名前は有名ですが実物は見たことがないです。絶滅危惧種だったのですか。貴重な自然が一杯ですね。

No title

おはようございます!
ウメバチソウは湿原にも、と言うか湿原に咲くのですか
こちらでは9月に高原の乾いた草地に沢山ありました。
直射日光の下でした。

タテハサムライコマユバチ変わった名前ですね~(^^)
ここでは初めて見聞することが多くていつも驚きです♪
ナイス

No title

ウメバチソウが咲いていましたか~
最近ここに行ってません、ヘビノボラズがクリスマスの飾りみたいでかわいいですね
ルリタテハの忍者、確かに~

No title

> 1kurageさん
色々と面白い名前が付きますね。サルスベリと言っても本当に猿が滑るか?へびノボラズと言っても蛇は登らないか?
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
ウメバチソウの花は今年は見ずですか。残念ですね。
写真を良く見て頂いて有難うございます。ヘビノボラズの写真ではトゲの事は触れませんでしたが見つけて頂いた様で。ルリタテハもパッとみると分かりにくいですね。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
ここのフィールドは里山の要素あり、湿地の植物ありよ中々面白いフィールドです。ヘビノボラズは東海地方に自生するので他の土地では見られないと思います。春の花、秋の実と紅葉と見どころの多い植物です。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
このフィールドではウメバチソウはこれからが花盛りになります。
ヘビノボラズは春の花、秋の赤い実、そして晩秋の紅葉と見ごたえのあう低木です。タテハ~の繭はサルトリイバラを探すと今の時期から時々見られる様になります。友人がこれを家に持ち帰って春まで待っていたら小さなハチが沢山出てきたそうです。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
ルリタテハも喜んでいると思います。上手に擬態したので見つけられなかったと。写真中央のほんの少し左へずれたところに翅を閉じて止まっています。

No title

> やすこさん
私も8月下旬に高原の湿地へ行ってウメバチソウを見てきました。
この辺の平地の湿地ではこれからが花盛り。場所によって随分と季節が違うのですね。
ヘビノボラズは春の花、秋の赤い実、そして晩秋の紅葉と見どころのある低木です。やはり生育している場所は限定的なのでしょうね。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
私も8月下旬に高原の湿原へ行ってウメバチソウの花を見てきました。その頃の標高の高い場所や山鰍さんの地域のその頃の気候とこちらの里山の今の気候が似ているのでしょうか。
タテハ~はサルトリイバラを食草とするルリタテハの幼虫に寄生するハチで秋から冬にかけてサルトリイバラを探すと時々見つけます。
ナイス有難うございます。

No title

> ちーちゃんさん
この森では今ウメバチソウが咲き始めて、ヘビノボラズの実が真っ赤になってきています。ここから少し奥にある湿地でシラタマホシクサの写真を撮ってきました。近々記事にするつもりです。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ