fc2ブログ

記事一覧

樹木のコモの中:フクジュソウの花ー2月自然観察ウォーク

2月7日、自然遺産の森で定例の自然観察ウォークをやりました。
こんな真冬で花も虫もあまり見られないですが、うれしい事に20人くらいご家族連れの参加者がありました。
2月は
1.昨年11月に樹木に巻いて置いたコモを外し、中の虫達を観察する。
2.節分が終った直後と言うこともあり昔からの行事の節分のこと
 それにまつわる常緑樹の話しをして常緑樹の葉を集めてもらう。
3.真冬の自然を観察する。
等でした。
2回に分けて記事にします。
 
真冬の自然体験塾

この日は天気が良かったです。朝は寒かった。
私のブログに良く登場する風景です。
 
 
シモバシラ

シモバシラに霜柱が出来ていました。体験塾が始まるのが午前10時から。
ここは太陽が当たる場所。
 
 
シモバシラ

この冬はあまり立派な霜柱は見ていません。皆さんが集まるころには小さくなっていましたが、それでも少しは雰囲気は味わって頂けた。
 
 
コモ巻き

昨年11月のこの観察ウォークで参加者の人に巻いて貰った。
これを今日外してみる。
この日の参加者の何人かは11月のコモを巻いた人もいる。
 
 
さて、なにがいるかな

小さな観察容器を嫌がらない人に渡しておいた。割り箸や手で虫を探してその中に入れる。
 
 
コモ外し

虫は外したコモの中だけでなく樹木の方にもいる。
この白いのはフクログモの巣。フクログモはコモ巻きの中では優先種だ。
 
 
コモ外し

コモの中にもぐりこんだ虫はあわてて逃げ回る。こういう時には大人も子供も
一生懸命になって捕まえる。大きな声を出し時を忘れてしまうようだ。
 
 
コモ外し

これはある子供が捕まえて容器に入れた所。
この日に多かった虫:フクログモの仲間、エビグモの仲間、カニグモの仲間、
ゴキブリの仲間、ヒシバッタ、クヌギカメムシ、・・・・等の幼体、亜成体、成虫、卵など色々と多分百匹位はいたのではないかと思います。
殆どは逃げてしましましたが、終ってからまたコモを木に巻いてその中へ戻して置きました、
結局樹木への害虫は見当たらなかった。
 
 
フクジュソウが満開

この森のフクジュソウは植栽したものですが、今満開です。
 
 
フクジュソウ

 
 
 
セツブンソウの花

やはり植栽したものですがセツブンソウの花。
この森のセツブンソウは年々少なくなってきています。
 
 
フキノトウ

まん丸なフキノトウ。林床に落ち葉が積もっていてかなり見つけにくかった。
この辺、と思われる所を皆で落ち葉を搔き分けてようやく探し出した。
やはり春が近い事を感じさせてくれる。
 
 
シロフフユエダシャク?

この時期、やや小型のフユシャクが少し飛んでいる。
地面に降りた所を写真に撮ったがピンボケ。でもこの1枚しかないのでアップした。シロフフユエダシャクではないかと思いますが・・・。
 
 
今日の記事は終ります。
次回は今日の続き「その2」です。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

菰巻をした子も、そうでない子も、こうした中に虫が入っていることは確認できたのですね。
いろいろな形でいる虫たち。虫好きの子にはたまらない経験でしょう。

セツブンソウが咲きだしましたか。
こちらの自生地もそろそろ行ってみようかな?

No title

こんにちは
自然遺産の森で定例の自然観察ウォークにご家族連れで20名の参加ですか凄い人気ですね。
この時期になると空気は冷たいでしょうが地中は暖かかい様で福寿草や節分草が花を咲かせていますね。
また蕗の薹が芽を出して春が待ち遠しいですね。
ナイスです!!~

No title

フユシャクがまだいるのですね。
こちらはすでに見かけることもなくなりました。

今日、外出しての帰り道に何時ものフクジュウソウの咲く緑地に
寄ったところ株ごと消失していました!ガーン
もちろん植栽されたものなのですが年々株が大きくなっていたのに
残念でなりません。

No title

フクジュソウにセツブンソウ、フキノトウ~、春ですね。
コモを外すと100匹もの虫たちが這い出してきたとは。
みんなで追いかけるのも楽しそうです。

No title

コモマキを外して観察、子供たち興味深々でしょうね。
昆虫にとっては大迷惑ですが、子供達には、とても良い体験になりますね。
もう、フクジュソウ、セツブンソウが開花する季節になったのですね。自然は季節を忘れず、ちゃんと開花、楽しませてくれますね。

No title

トップ画像の後方にある建物は屋根が草葺ですね~
そして手前の広い場所はグランドでしょうか?
体験塾の建物の維持管理はどのような組織になっていますか?
子供さんが参加していることに微笑ましい想いです!
ナイス♪

No title

こも巻きの中には色々な虫が居るのですね!これを体験するのはすごく楽しいですね。
セツブンソウやフクジュソウが咲くフィールド素敵ですね。

No title

> 田舎のオヤジさん
やはり子供は虫が好きですね。動くものには興味があるようです。
冬は花も昆虫もあまち無いので子供達の興味をどうしたら引きとめられるかと工夫しました。
セツブンソウも今が満開の時ではないかと思います。
自生地があるとは羨ましい。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
この寒い中で見るものもあまりない時に沢山集まって頂きました。
セツブンソウもフクジュソウも満開の時の様でした。
早く暖かい春になるのが待ち遠しいです。
ナイス有難うございます。

No title

> 楓子さん
晩秋ほどはフユシャクもいませんですがチラチラと見かけることができます。晩秋に良く飛んでいるクロスジフユエダシャクとは違って少し小型です。写真を撮って家で同定しようと思ったのですがピンボケ。まー何とかこれかなという種は分かりました。
フクジュソウの花、どうしたのでしょうね。植栽したものとはいえ
やはり無くなると気になりますね。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
冬ごもりしていた虫達にとっては迷惑な話でしょうが、子供(大人も)は結構一生懸命に捕まえていました。成虫は少ないので種の同定には限界がありますが。虫の生態を体験する機会にはなるだろうともいます。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
コモの中には思いの他沢山のむしが入り込んでいました。
まだ幼虫が多かったですが、子供(大人も)一生懸命に捕まえて
容器の中に入れていました。虫の冬越しの姿を見るいい機会だと思います。
フクジュソウはセツブンソウの花が咲きだして少しづつ春が近づいてきていますね。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
この自然公園は市が作ったものです。従って今でも市が管理整備しています。完成する時に市内にあった旧庄屋さんの家を移築したのが写真に写っている茅葺の建物です。
この体験塾の講座は市が主催している講座で前は私が講師を受託していましたが今は市→NPN法人→私と契約先が変わりました。
もう1つの定例観察会は私が個人で主催しています。勿論その場合は公園なので使用料などの支払いはありません。そういう点では恵まれているかなと思います。
前面の広場が今は枯れていますが芝生広場です。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
コモを巻いて本当に虫が入ってくるのかと当初は心配しましたが、結構沢山入ってきます。幼虫などが多いので中々きちんと同定出来ないことが多いです。それでも子供(大人も)結構一生懸命に虫を捕まえて容器の中に入れてくれます。昆虫、クモ等の冬の生態に触れるいい機会かなと思います。
ナイス有難うございます。

No title

やはり、コモで害虫は獲れないんですね~
春にコモを焼くのを見たことありますが、益虫ばかり焼いてるんじゃ…w

すっかり春じゃないですか?
フクジュソウにセツブンソウ、フキノトウまで♪
いや~、早くも冬終わっちゃいますねw

No title

こんばんは!yasubehです。

コモをはずして覗くなんて、初めて見ましたよ!

100匹以上いるなんて不思議です。

虫たちも保温して欲しいんですかね(⌒-⌒; )

ナ~イスポチりん!(-^0^)♪

No title

> サンゴロウ(ふくしまYM310)さん
昔はこうしたコモ巻きの中に特にマツのコモ巻きのなかには害虫(マツカレハ)が沢山入っていたのかも知れませんですね。
これで何回目かのコモ巻きですが今まで害虫は殆ど入っていませんでした。
色々な花もそろそろ動きだして春を感じさせてくれます。会津はまだ春は遠いのでしょうね。
ナイス有難うございます。

No title

> yasubehさん
コモ巻き風景はTV等でも良くやりますが、外す所はあまりニュースなでどではやりませんですね。ましてその中にどんな虫が入っているなんて言う事は。
我々の経験では殆どが樹木の益虫ばかりガ入っていました。
このコモを焼いてしまうのは反対の事をやっている様に思います。
ナイス有難うございます。

No title

コモ外しは、虫が苦手なあたしはちょっとドキドキしちゃいますが、子供たちは身を乗り出して楽しそうですね。
観察が終わったあとに、ちゃんと戻してあげるところが素敵です。
枯れ葉から覗く福寿草が、あざやかでとってもきれいですね。
ナイスです!

No title

> 凛華さん
コモ外しをすると小さなクモや昆虫の幼虫、など色々と潜りこんでいます。害虫になる様な物は1匹も見当たらず益虫ばかりでした。
子供は動くものが好きで小さな虫を割り箸やピンセット、手などで一生懸命に捕まえていました。
真冬に見る鮮やかなフクジュソウは目が覚める様な色でした。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ