fc2ブログ

記事一覧

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)の花ー5・16犬山天然記念物

5月16日各務原ギフチョウクラブの人たちと犬山のカンアオイ・ギフチョウの幼虫調査・観察に行ってきました。

ヒトツバタゴの花を見るのも目的の一つです。ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)は最近
公園や街路樹で植えられているので珍しいも木ではなくなりましたが、本来は東農~尾張地域の1部とポンと飛んで長崎県の対馬のやや湿地状態の所に自生する。絶滅危惧種に指定されている木です。

ここ犬山の木は大正12年に天然記念物に指定された本物の自生木です。
やや花の盛りは過ぎたが、まだ充分に見事な花を咲かせていました。




ヒトツバタゴの木:里山の麓に数本が自生している。右の1本は花がほぼ終わった。




ヒトツバタゴ2:真ん中の大きな木が花盛り。アオダモなどと同じモクセイ科。
           別名のナンジャモンジャと言うのは各地に不思議な木として
           この木に限らず色々と種類があるらしい。




ヒトツバタゴ3:同じ科のトネリコが別名「タゴ」といい、葉は羽状複葉。
           似た葉のこちらは対生の単葉なので1つの葉のタゴから
           この名前になったようだ。




ヒトツバタゴ4:花盛りの時には木全体に真っ白な雪が降り積もったよう
           な景色となる。




ヒトツバタゴ5:本当に良く花がつくものだ。これは一体
           「ナンジャ?」、うーん「モンジャ・・・」




ヒトツバタゴ6:1つ1つの花が見えてきた。




ヒトツバタゴ7:アップした1つ1つの花は小さくてかわいらしい。花びら
           は4つに分かれる。雌雄が別。秋に雌の木に黒く丸い
           直径1cm位の大きさの実がなる。
スポンサーサイト



コメント

No title

う~ん、この木は、素晴らしいですね!

No title

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
大きなきですねー 離れてみると雪が降り積もったようにみえますね~
花はこんなに繊細なのに たくさんの花を一度にさかせるこの樹のエネルギーに感動しました。
貴重な自生木ということを初めて知りました。
いつまでも、この風景が残るようであってほしいです。

No title

良かったら 私のブログにも!

お立ち寄りください!よろしく

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ