fc2ブログ

記事一覧

ウラナミアカシジミ・カノコガ・モノサシトンボ・ウバタマムシー6.14かかみ野自然観察会(生き物)

今回はかかみ野自然観察会の時の生き物達です。

生き物達




ウラナミアカシジミ:きれいな蝶が飛んでいた。本当は何かに止まったところの
           写真がいいのだろうが、皆で観察するために捕まえた。
           チョウに詳しい参加者の方が「ウラナミアカシジミ」と教えて
           くれた。
           食草はブナ科のコナラ・アベマキなど。6月~7月に年1回羽化
           するとの事。
           同じ仲間の「ムモンアカシジミ」も飛んでいた。




カノコガ:小さいが羽がきれいで体に黄色の紋がある。今の季節色々なきれいな
        ガが飛んでいる。この羽の模様が鹿の体の模様を思わせる?
        ツユクサが食草。




モノサシトンボ:ちいさなイトトンボは三脚なしに写真に撮っても中々良く
           撮れない。これも少しぼけている。
           この体の模様がモノサシの目盛りに使えそうですね。
           どちらかと言うと水辺があって少し森があって、と言う所が
           好きのようです。




ウバタマムシ:森の中の松の木にいました。人気のタマムシの仲間。
          タマムシは法隆寺の「玉虫厨子」等でも使われている。こちらは
          図鑑では隣に載っているがこの色なので人気がない。
          仕方ないか。




ウバタマコメツキ:これも上のウバタマムシと同じ枯れた松の木に止まっていた。
          裏返すとピョコンと飛び上がるので子供の頃に良く遊んだ
          コメツキムシの仲間。




ニッポンマイマイ:梅雨の季節で思い出すのは歌あるようにもあるように
          「でんでんむし」。
           これは殻の高さが少しあるので「ニッポンマイマイ」と
           言う。でも昔はもっと沢山「でんでんむし」
           は沢山いたように思いますが、最近は少なくなった。




ウシガエルの卵塊:この森ではウシガエルが毎年増えているようだ。この池でも
           2~3年前からウシガエルが住み着くようになってきた。
           卵はこのようにシート状に産む。この中に数千~数万個の
           卵がある。さてどうしたものか。

この観察会ではアオゲラ・ヤブサメ・イカル・・・などの声を聞いたが残念ながら
写真に収めることは出来なかった。
スポンサーサイト



コメント

No title

ウシガエルってこんな卵を産むのですねー。ということは、つまんで持ち上げたら卵シートのカーテン?(笑)
イトトンボって繊細で綺麗ですよね。アオイトトンボの写真、なかなか撮れません・・。

No title

東京のフィールド近くの緑地でもカノコガが乱舞しています。
こんなに美しく撮る事は出来ませんでした。
綺麗な模様にポチです!

No title

Rocoさん
これで出来たカーテンは黒い点が沢山入った模様のカーテンになるのでしょうね。まー、でも沢山のウシガエルが出てきたらブォー、ブォーとうるさくて住んでいられないし、
近所からはブーブーと文句を言われますね。

No title

楓子さん
有難うございます。交尾中の写真も撮れたのですが、こちらの方が絵的に少しきれいだったのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ