fc2ブログ

記事一覧

サカキの花・ダビドサナエ・ヤマトミクリー6月下旬:不動の森

6月下旬、関市不動の森でミニ観察会(少人数)をやりました。
その時に観察したものです。

不動の森

ここはいつもの自然遺産の森などとくらべて平地が少なく少し山が深い。

サカキの花

勿論神様にお供えするあの榊です。今花を咲かせています。


サカキの花

中々清楚なかわいい花を咲かせます。実は初冬に黒く実ります。


ビワの実

持ち不明の木。やはり今がビワの実りの時期ですね。
沢山生っていたので1つ口に入れました。味はもう一つでした。


ニガイチゴの実

こちらの実は美味しかったですよ。


オオシロカネクモ

通常は小さな小川の上などに水平の円網を張る。脚の長い中々きれいなクモ。


ササグモ

こちらは巣を張らないクモ。脚のトゲがすごいですね。
捕まえたのはどうやら甲虫か。


ダビドサナエ

やや大型のサナエトンボの仲間。私が行くいくつかのフィールドで毎年この
トンボを見かけるのはこの森だけ。

ダビドサナエ



ハラビロトンボ

このトンボは田んぼや池などの少し開かれた水辺などで見かけるのだが、
この写真を撮ったところはやや山が迫っている場所。あまりこの場所で出会ったことがない。


ホタルガ

今森の中を歩くと良く見かけますね。
飛ぶとヒラヒラとこの白い模様がきれい。


マメコガネ

きれいな甲虫なのだが、多くの種類の植物の葉を食べるので農家の人にとっては
害虫。


ヒョウモンエダシャク

結構きれいで良く目立つ蛾。昼間も良く動き回っています。


ホタルブクロ

どちらかというとこの地方では白いホタルブクロを見る機会が多い。久しぶりに
赤いホタルブクロにお目にかかった。


トンボ池

ここは以前は田んぼだった。休耕田にした後、水をせき止めてトンボ池とした。


ヤマトミクリ

色々なトンボが飛びだしたが昨年位からフト気が付くと水草が沢山生えるようになっていた。


ヤマトミクリ

今回改めて見るとヤマトミクリの群生でした。花は終わったのが多かったがこれがまだ咲いている花。花茎の上の方に咲いているのが雄花、下で咲いているのが雌花。


ヤマトミクリの実

まだ実になりかけ。しばらく前の私の本では環境省の絶滅危惧種でしたが
今は準絶滅危惧種。いずれにしても貴重種がどうしてこの池に入り込んできて
これだけ繁茂したのか。自然は不思議なことが一杯ですね。


今日の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。

スポンサーサイト



コメント

No title

いい山ですねェ~♪
そちらに行ったら一年遊んでいられそうな雰囲気です。

水草から榊もあって、植生豊かなところのようですね。
動植物ともども、いきもの も数多くいそう!!

No title

2・・・・(*゚▽゚*)
初めてのオオシロカネクモにナイスです。・・・(*゚▽゚*)・・

No title

ササグモ君、クモの巣も張らなくて甲虫を捕まえるのですか!。
足のトゲには強い毒があるのでしょうかね。
それにしても、とてもスゴイ一瞬を撮られていますね。

No title

MFではサカキは少ないです。あるのはヒサカキばかり。
ササグモは自分より大きな甲虫を捉えてすごいですね。
ダビドサナエは名前も姿もかっこいいです。
ヤマトミクリは2年でこんなにふえたんですか。
整備している湿地のミクリもすごい勢いでふえてます。

No title

こんばんは!!

いろんな虫がいるのですね。
どの瞬間も素敵なものばかり・・

ナイス!!

No title

おはようございます(^^)!
榊は神棚に奉げたものに物凄い小さな花が咲いているのを見ることがあります!ですが路地物では見たことがないのできっと暖地の植物なんでしょうね~!トミさんの所に来ると様々な植物、昆虫の名前を知ることができてありがたいものです。そういいながら記憶に残るのは1割ほどではね~ 困ったものです
ナイス

No title

ダビドサナエには出合った事がないです。出会う機会が少ないせいかどうもサナエトンボは見分けがつかなくて苦手です(笑)
ヤマトミクリかわいいですね。素敵な水辺ですね。

No title

山が綺麗ですねえ~~
惚れ惚れいたします

ミクリが群生ですか。
東京には「ミクリが池」という地名が残されています~~
昔、きっとこんなだったのでしょうね~~~
トンボの種類が多いです。。
ナイス!

No title

こんばんは!yasubehです。

今回も多岐にわたる生き物が満載ですね(*´∀`)ノ

しかしサカキの花というのは、初めて拝見しました

ビワ、もう少し熟れた方が美味しいのでしょうね!でも鳥に食べられちゃうかも

ナ~イスポチりん

No title

ササグモはアミも張らずに、自分より大きな獲物を狩るのですね!
しかも鎧を付けているような甲虫?でしょう。びっくりです。

一輪咲いているホタルブクロが可愛らしいです!ナイス!

No title

> 田舎のオヤジさん
この周辺は昔から信仰の山だったようです。この森の名前も「不動の森」。お不動さんが幾つもあります。やはり少し山が深い感じがします。
永年この森に通っていても新しい発見があります。それだけ自然も変化しているという事なのかなと思います。
ナイス有難うございます。

No title

> 1kurageさん
オオシロカネクモはやや暗いところに巣を張りますが、きれいなクモですね。
ナイス有難うございます。

No title

> やまやまhiやんさん
クモの中には巣を張らないでいつも徘徊していて虫を捕まえるクモや花などの虫が集まってくるところで待ち構えているものなど色々といます。ササグモには毒はありませんが、この足のトゲで虫が逃げられないようになっているのでしょうね。
たまたまの偶然でkの写真が撮れました。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
ヒサカキはすぐに増えてきますね。ヤマトミクリは気が付いたのが2年位前で、多分その少し前からこの池に入り込んでいたのでしょうね。それにしても、最初はどこからどのようにヤマトミクリが入り込んできたのか不思議です。
ナイス有難うございます。

No title

> hai**nngu12さん
今は昆虫の動きが活発な時期、花が少ない時期ですね。どうしても子供ではないけれども虫の方に眼が行きます。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
榊はどちらかというと暖かい地方に自生する木。こちらでも飛騨地域にはサカキはありません。その代りに使うのがヒサカキ。
ヒサカキは小さな花が沢山咲きます。
もしかしたら山鰍さんの方でも使うのはヒサカキ?
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
何か所かあるMFでもこのダビドサナエはここ以外ではあまり見かけません。トンボはチョウ以上に捕まえてよく見ないと中々同定が難しいですね。
ヤマトミクリはあまり派手なきれいな花ではありませんが、かわいいでしょう。
ナイス有難うございます。

No title

> コケモモ便りさん
この森は地元では信仰の山だったようで、不動の森といわれるように
お不動さんが沢山あります。山が結構深いところもそんな対象になったのでしょうね。
東京にもミクリの名前が付く地名があるのですか。もしかしたらこんな植物が繁茂していたのかもしれませんですね。
ナイス有難うございます。

No title

> yasubeh(やすべえ)さん
サカキは神様にお供えする木というのは誰でも知っていますが、
初夏にこんな花が咲くことは意外と知られていないのではないかと思います。
ビワは少し早かったのでしょうか。美味しくはなかったです。
ナイス有難うございます。

No title

> 楓子さん
クモは凄いですよね。この足のトゲで捕まったらもう逃げられない。
これだけの獲物を捕まえれば数日間、食料に困らない?
こうしてポツン、ポツンと咲いているホタルブクロもまたきれいなものと思いました。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ