fc2ブログ

記事一覧

知床の自然ー知床の森(2)

知床の森(2)




ヒグマの爪痕:ここはヒグマ達の住む所に人間が入っている。
          こういう爪痕は登る時ではなく降りる時につくのだそうです。




倒木更新:倒れた木にコケが付き、木の種が落ちて芽吹く、新しい命がつながる。
        森が維持される。この森でのその現場です。




海岸林:知床岬まで続く断崖のすぐ上に出来た森。木の高さは小さい。




海岸から続く原生林:勿論こうした風景は船からしか見えない。




針広混交林:知床半島の低山部の極相林(森の木の種類に大きな変化がなくなった
         森の姿)はエゾマツ、トドマツやダケカンバ、イタヤカエデ、
         ミズナラなどからなる針広混交林なのだそうです。
         この写真は知床峠へ行く途中で撮ったものです。針葉樹、広葉樹
         が生えているのが見えると思います。




ハイマツの風景:この写真は知床峠周辺。ここ中部地方では森林限界は2500m           位でそのあたりからハイマツが生えるがこの知床峠は
           標高730m位でハイマツの林になっている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ