fc2ブログ

記事一覧

コブシの花・リョウブの若葉・シハイスミレー3月末~4月上旬・鵜沼の森

3月末から4月初めにかけて何回か我が家の近くの鵜沼の森へ散歩にいきました。その時に撮った鵜沼の森の様子です。
2回に分けてアップします。

春の鵜沼の森の入り口

ヤマザクラが咲き、コバノミツバツツジが咲き新緑も出始めて森が美しくなる
時です。

アオキの雄花

アオキの花が花盛りでした。冬にアオキの葉は色々と変化があると記事にしましたが、花にも変化があるのですね。これは雄花。ハナビラが濃い紫色。

アオキの雄花

雌雄異株。上とは別の雄の木。こんな色の花が咲く木もあるのですね。

アオキの雌花

雌の木の場合はこの色がほとんどでした。

コブシの花

木々の間から真っ白なコブシの花が。

コブシの花

近くまで行って見ました。

リョウブの若葉

私はリョウブの葉が開き始めたこの様子が好きで毎年撮っています。
色々な花にも負けず劣らないと思います。

リョウブの若葉

古代の頃から日本人はリョウブのこの位い開いた若葉を摘んで保存食にしてきました。終戦後の食糧難の時にも多くの人が利用した。今では山菜として食べることもあります。

ヤマザクラ



ヤマザクラ

ソメイヨシノも良いですが、この赤茶色した葉が花と一緒に出てくるヤマザクラ
もきれいだと思います。

ビロウドツリアブ

ビロウドツリアブの交尾している所を写真に撮ることが出来ました。
上が雄(体が大きくて複眼がくっついている)。左が雌(複眼が離れている)

ヒメカンスゲ

常緑のスゲ。もうほぼ花の時期は過ぎましたが少しだけ花を見ることが出来た。

ヒメカンスゲ

春に咲く花、上が雄花、下が雌花。

ショウジョウバカマ

春が来た、と楽しませてくれたショウジョウバカマの花ももうこんなに背が高くなっています。もう実が出来ていることと思います。

シハイスミレ

当地区を代表するスミレの1つです。この森にも沢山あります。葉が横に開くのが特徴、この葉が垂直に立ち上がるのはマキノスミレ(東日本に多いとか)。

シハイスミレ

横から見ました。距の様子。マキノスミレと思える個体も結構ありその区別は中々厄介です。

シハイスミレの葉

スミレの場合、葉の裏側が紫色になることは他でも良くありますが、紫背(シハイ)とこのスミレの名前の由来にもなっています。

今日の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
次回はこの続きです。



スポンサーサイト



コメント

No title

コバノミツバツツジトし芽吹きの若葉がとても綺麗ですね。
リョウブの新葉が好きなんですか!私はコナラが好きです銀色に光る葉が大好きです。
この季節は、次々花が咲いて心もわくわくしますね!

No title

こんばんは
コブシの花は花の根元に葉が出いるんですよね。
真っ白な花とその葉の色合いが綺麗ですね。
アオキの花はよく観ると雄花と雌花は若干違いますね。
以前は撮りましたが最近は撮っていないので撮りたくなりました。
ナイスです!!~

No title

今の頃の里山は新しい葉の芽吹きから徐々に色濃くなってくるその移り変わりが好きです。
アオキの花にも色違いがあるのですね。茶色いものはよく目にします。
スミレの仲間はお手上げです♪

No title

ヤマザクラ綺麗ですね。
青い空をバックに赤茶色の葉と白い花が美しいです。
ビロードツリアブの交尾、初めて見ました。
複眼がくっ付いているのが雄で離れているのが雌、それも初めて知りました。

No title

11・・・(*゚▽゚*)
アオキの雌花のドアップに~!・・(*゚▽゚*)・・

No title

おはようございます(^^)!
リョウブをご飯に混ぜて食べていた時代の本を読んだことがあります。今は鬼籍に入った作家のエッセイでしたが何とも無味の味だと言う記述に笑ったものです。因みにその先生はものを書いてお金が入るようになってからは山菜というものを一切食べないと語っていました!

そちらの野の風景はこちらの5月連休明けの頃の新緑の頃の風景です♪(^^)
何時もためになる記事に感謝ですナイス

No title

シハイスミレを楽しみに見せて戴きました。
スミレは種類が多いので、
よほど特徴のあるものしかわかりません。

よく分かりました。
ありがとうございます~~
今度、出遭うことがあったら、しっかり観察をいたします~~

ナイス!

No title

画像から森に待ちに待った春がやってきた!という感じが
伝わって来ました。
ビロウドツリアブの交尾写真にナイス!
これはなかなか撮れない貴重な画像ですね!

ヤマザクラの様子はまるで春が立ち上るかのよう~♪

No title

> やすこさん
この季節の里山は良いですね。ツツジの紫や若葉の淡い緑と色彩が豊かな森に変身します。
そうですね、コナラの銀色の若葉も良いですね。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
コブシの花の付け根に葉が1枚あるのがコブシの特徴のようですね。
タムシバの花との区別点とか。
アオキの花も同じ雄花でも違う色なのに少々驚きました。
どこにでもあるアオキですが、変化が大きいのにもビックリです。
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
この季節の里山は毎日変化していますし、色彩も色々とあって楽しい季節ですね。アオキの雄花にもこんな変化があるとは少しビックリしました。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
ソメイヨシノも良いですが、ヤマザクラもまたいいですね。
ビロウドツリアブはこの時期よく見かけるアブですが、交尾しているところは初めてみた気がします。そこでどっちが雄で雌かなと調べましたら複眼がくっ付いているのが雄と私も勉強しました。
ナイス有難うございます。

No title

> 1kurageさん
アオキの雄花は良く見るのが紫の花びら。見ているうちに違う色の雄花があるのに気が付いてこれはどちらもアップで撮っておかなければと思い撮りました。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
律令時代に飢饉対策としてこのリョウブを田畑の大きさに応じて法令で植える本数を決めた。リョウブというのは「令法」。ここから来た名前のようです。と読んだので私もどんな味がするのか1度試してみました。今の時期この葉を摘んで乾燥させて夏以降に水でもどして
ご飯に一緒に炊き込む。味はなんの味もしない香りもしない。美味くも不味くもない。なるほどこれならだれでも食べることが出来て腹の足しになるな。というのが私の感想でした。
ナイス有難うございます。

No title

> コケモモ便りさん
確かにスミレは同じようなものが沢山あって中々同定に苦労しますね。シハイスミレも分かったようでいて時に迷うことがあります。
特にマキノスミレとの違いが分かり難いことがあります。
でも色がきれいなので私は好きなスミレの1つです。
ナイス有難うございます。

No title

> 楓子さん
桜が咲いてツツジが咲いて若葉も出始めるこの季節は毎日森が変化しています。里山を歩いていて楽しい季節ですね。
ビロウドツリアブも良く見かける季節ですが交尾しているところは
あまり見た記憶がありません。上手く写真の撮ることができました。
ナイス有難うございます。

No title

本当に森が美しい季節ですね。木々の若葉とヤマザクラとスミレ。季節が進むのが早くて、もう少し待っててほしいようです。

No title

> 山が好きさん
ヤマザクラとスミレ、若葉の季節は里山が本当にきれいになる時期ですね。季節の進むのが早く感じます。
海外へ行って来て帰って来た時の季節の進み具合に驚いたことと思います。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ