fc2ブログ

記事一覧

森の楽校ー真夏の森で自然体験

7月27日にムーアカデミー(万博瀬戸会場跡地での万博継承事業)で夏の「森の楽校」がありました。こんな暑い夏の日なのに参加者は約30数名集まり、各7~9名で4班に分かれました。各班はそれぞれ違ったプログラムで1日森の中で過ごし、子供達にとっては楽しい夏休みの1日になりました。

私の班はばんどり捜査隊

その時の写真です。




班分け1日の説明:全員がそろった所で班分けし、今日の注意事項、
          各班のインタープリターの自己紹介など。




ばんどり:私の班は「ばんどり」がテーマ。さて「ばんどり」とは何か?
        ヒントは「ばん=晩」「とり=鳥」から各自で想像してもらい
        それを思い思いに絵を描いてもらった。
        最後に「ばんどり=ムササビ」という事を明かし、ムササビについて
        色々なことを学ぶ。
        尚、このムーアカデミーのムーとはムササビのムーのこと。
        万博期間中からこの森のムササビは話題になっている。




ばんどりの証拠探し:午後から森の中へ入り、ムササビがこの森で生きている
        証拠を探す。ムササビが食べた木の葉の食べ跡やマツボックリを
        リスと同じようにエブフライのようにして捨てる食痕を皆で見つけた。




ムササビの巣箱:ムーアカデミーのほかのプログラムで参加者が作ったムササビ
         の巣箱。いくつかの巣箱にムササビが住み着いている。
         運が良いと昼間でもムササビが巣箱から顔を出している事がある。
         残念ながらこの日はどの箱からも顔を出してくれなかった。




物見やぐらの上:この森の高い所に地上12mくらいの登れる物見櫓が
         建っている。この上に上ると名古屋の街も見える。樹冠の上になる。
         ここで一休み。そしてムササビになったつもりになって木から木へ
         移っていくのを想像してもらう。
         ムササビが生きていける森を見て何時までもこの森が残って
         いくようにと話をする。




ムササビの模型飛ばし:森からでた広場で作っておいたムササビの紙模型を
         飛ばした。ムササビは飛ぶと言っても滑空する。




今日の振り返り:それぞれの班は違うプログラムだった。各班の代表(子供達)
         が今日の楽しかったこと、印象に残ったことなどを発表。
         熱中症も怪我もなく無事に1日が終りほっとしました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ