fc2ブログ

記事一覧

ミヤマシキミの実・ミヤマママコナの種子・ツメレンゲの花ー10月下旬:不動の森

前回、不動の森でのアウトドア教室の様子をアップしました。
今日は教室が終わってから見たい花などがあるので再度森を回って来ました。

ヤマハゼの紅葉

森全体としては色づいて来た程度ですが、中には紅葉・黄葉した木もあります。

茶の木と花

前回釜でお茶を作っているところをアップしましたが、近くの森にこのような
小さな茶ノ木が沢山生えています。この葉を摘んで洗ってそのまま煮だしました。

茶ノ木の花

花は晩秋から咲きます。

ナツハゼの実

もう多くのナツハゼの実は終わってしまいましたが、中にはまだ美味しく食べれそうな実もありました。

ミヤマシキミの実

見たかった(確認したかった)ものの1つがこれ。ミヤマシキミの実。

ミヤマシキミの実

きれいに沢山生っていました。

イカリモンガ

チョウと間違えそうなきれいな小さな蛾。

ミヤマママコナの花

この花ももう終盤。ほとんどは終わっていましたが、少しだけ花が残っていた。

ミヤマママコナの実

花が終わった株には実がついています。

ミヤマママコナの種子

写真に撮りたかった1つはこれ。ミヤマママコナのママコナは飯粒。
この種子は若いものですが、飯粒に見えませんか?本来の名前の由来は花にある模様を言うようですが。

オオバジャノヒゲの実



フユノハナワラビ

これも結構増えるものですね。

フユノハナワラビの胞子葉



ツメレンゲ

もう1つ見たかった花がこれ。ツメレンゲ

ツメレンゲの花

ご覧のようにここでは岩場に咲いているのですが、年々少なくなってきています。
今年は花が咲いていたのはこの1株だけ。

ツメレンゲの株

でも花が咲いている株の周囲に新しい株が幾つか出来ていました。
来年はこれ等の株が花を咲かせてくれるものと期待しています。
でも年々岩の下部の方に移ってきているのであと何年続くか?

今日の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。





スポンサーサイト



コメント

No title

青い実は、珍しいのに、
いろいろな種類を見せていただきました。。

茶の花は、小さくて可愛い花ですね~~
茶が片親の椿があるのですが、そろそろ咲くかもしれません。。

ナイス! ☆彡

No title

海べりのツメレンゲは作っております。

これは、高山のものでしょうか?
寸又峡からトロッコに乘って行った終点の近くの山の
岩肌にツメレンゲの花が咲いていて、綺麗でした。。

No title

ミヤマシキミの赤い実はまだ見たことがないのですが、雄の木の花は見ています。どこかには雌の木もあるのでしょう。
ミヤマママコナの実は確かに米粒ですね。花の白い部分よりもよく似ている感じがします。
ツメレンゲの自生も見たことがないですが、長く残って欲しいものですね。

No title

ミヤマシキミがたくさんなってますね。
山道にあるとぱっと目につきそうです。
ミヤマママコナは今頃まで咲いているんですね。
種子は見たことありませんでしたが、ほんとに米粒のようです。
オオバジャノヒゲは確か黒っぽかったような。
ツメレンゲが咲いていてそして新しい株も見つかって良かったですね。
自生地に行きたいのですが、今年も植物園で見ただけです。

No title

ツメレンゲがお寺の境内の石垣の間に咲いています。
いつ絶えるかとみておりますが、けっこう頑張って残っています。
お寺の方も掃除のときに抜かないよう気配りがあるのでしょう。

ミヤマママコナの種子は見た事がありませんでした。
本当に飯粒のようです。

No title

今晩は(^^)!
いや~今回も興味の尽きない草木に唸っています
茶ノ木については前回触れたので割合させて頂き、ヤマハゼとナツハゼは似たような名前ですが全然違う種といいますかナツハゼは食べられるのに山は毒なんですね!
ミヤマシキミって仏前か神棚に挙げるものでしたか?
これも有毒のようで!(綺麗な赤い実ですが)

ミヤマママコナの実がこのような形(ご飯粒)だとは驚きです!
オオバジャノヒゲの目が覚めるような青♪エーゲブルーのような魅惑的な輝き(*^▽^*)こちらのは黒い実しかないのでなんだかな~ フユノハナワラビというのは寒の最中にシモバシラが出来るものではありませんか?見たいものです。
ナイスナイス

No title

もう、ツメレンゲの花の季節なのですね。
花の付いたものが1株ではちょっと寂しいですが、周囲にある
いくつかの新しい株が来年に花を咲かせてくれると嬉しいですね!

イカリモンガ、私も実物を見てみたいです♪ ナイス!

No title

おはようございます。

茶の木の花は清楚で美しいですね。
ミヤマシキミの実は初めてです❢こちらも鮮やかな緋赤❢綺麗ですね。
ミヤマママコナの種子はお米の粒にそっくりです❢飯粒←納得でゴザイマス。
オオバジャノヒゲのブルー、瑠璃色??? なんと素敵な❢❢
ツメレンゲ、小さな白色の花がたくさん❢綺麗です。岩場に咲いているのですね。

自然に出会える森は素晴らしいですね。いつまでもいつまでも大切に残していきたいですね。
今回もたくさん、ありがとうございました。
余りにも知らないことが多すぎて嬉しくて、ついつい・・・長文になってしまいます。お疲れさまでございました。
ナイスです(^-^)👍👍

No title

> コケモモ便りさん
この季節は花が少ないのでどうしても木や草の実に眼が行きます。青や黒や赤や色々とあってそれなりに楽しいですね。
ツメレンゲは結構色々な厳しい環境の所に自生するようですね。
ここは標高200m位の里山の一角の岩場です。よくこんな岩に咲いているものと感心します。
ナイス有難うございます。

No title

> 田舎のオヤジさん
ミヤマシキミの雄の株があるのでしたら雌の株もどこかにあると思います。広い森や林の中ですので見つかり難いでしょうが、いづれ思わぬ形で出会うことがあるような気がします。
ミヤマママコナの種子は米粒によく似ているでしょう。
ナイス有難うございます。

No title

> やすこさん
わざわざコメント、ご指摘有難うございます。ご指摘の通りミスしていました。訂正しておきました。
今回のミヤマママコナの種子は以前頂いたヤスコさんのコメントも少しは頭にありました。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
ミヤマシキミの実はやや大きいので生っていればよく目立ちますね。ここの株はおおきな株なので毎年この実がなるのを楽しみにしています。ミヤマママコナはこちらでは場所によっては12月に入っても花を見ることができることがあります。この種子は米粒によく似ているでしょう。こんど見つけたら種子をとりだして見てください。
オオバジャノヒゲの実、う~ん、迷います。私の持っている北隆館の野草大図鑑ではコバルト色とありますし、他の図鑑では灰緑黒色とありますし、他の説明ではブルーも含めて3色が書いてあるし・・・葉の大きさと幅でオオバジャノヒゲしました。
ナイス有難うございます。

No title

> harekaさん
ここのツメレンゲは舗装道路沿いの岩場に自生しています。
良くこんな環境の所に自生しているなと感心していますが、少しづつ減ってきているのが心配です。
ミヤマママコナの種子は米粒のようでしょう。今度見かけたら種子を取り出して見てください。
ナイス有難うございます。

No title

> 山鰍さん
ナツハゼはツツジ科でこの実は山で生っている色々な実の中では美味しい実に属します。ヤマハゼは食べるどころか触るとかぶれます。
こちらも似たような名前ですが、ミヤマシキミはミカン科です。
仏様にお供えするシキミはシキミ科。だたどちらの実も猛毒なのでご用心。
どうもオオバジャノヒゲの実は地域によって実の色が黒かったり、ブルーだったり緑黒色だったりするのではないかと推測します。図鑑に依って説明が違うのです。この辺の山ではこのきれいな色の実です。
フユノハナワラビはシダ植物で冬になってもシモバシラは出来ないとおもいます。シモバシラが出来るのは主にシソ科でそれこそシモバシラという野草、イノコヅチなど何種類かあります。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ