fc2ブログ

記事一覧

アカシデ、イヌシデ冬芽・ミヤマシキミの実・ミチタネツケバナの花・ウスタビガ繭:1月中旬里山

今年最初の観察会を1月12日に行いました。
いつもの自然遺産の森を出発点として谷筋を歩いて迫間不動まで行き、違う道を戻ってきます。下見の時と当日と沢山写真を撮ったので
最初は下見の時に撮ったものを2回に分けてアップします。
今日は「下見その1」です。
この時期は樹木観察や野草のロゼットなど地味なものが多いです。

迫間不動への道

観察会のコースはこんな谷間の道がほとんどです。

アカシデの冬芽

沢山の芽鱗に包まれたきれいな形の冬芽。

アカシデの冬芽

枝の途中の芽(側芽)は枝から少し開いて出ます。

イヌシデ

アカシデとよく似たイヌシデの冬芽。

イヌシデの側芽

こちらの側芽は枝に伏せるように出ています。

イヌシデの1年枝

イヌシデの1年枝には毛が沢山生えています。こんな所からイヌの名前が出てきたのかな。

ミヤマシキミ

結構大きなミヤマシキミの株があります。

ミヤマシキミの実

きれいな実が沢山生っている雌の木。シキミとありますがこちらはミカン科。
ミカン科なのに毒を持っている常緑小低木です。

ミヤマシキミの雌花の蕾

4月~5月にかけて小さなミカンの花のような色の花を咲かせます。

テイカカヅラの種子散布

テイカカヅラは花は沢山咲くのですが、実成は少ないです。
晩秋からその実が割れて中から白い綿毛を持った種子が風に舞います。

テイカカヅラの種子

風に舞った種子が道の上や植物などに引っかかっているのが今の時期沢山見られます。その種子がこれ。中々きれいな形をしています。

ミチタネツケバナのロゼット

在来種のタネツケバナによく似たミチタネツケバナのロゼット。

ミチタネツケバナの花

そして隣ではもう花が咲いている株がある。この時期でもミチタネツケバナの花は見ることがある。

ハルジオンのロゼット



ヒメジョオンのロゼット

ハルジオンとよく似ているが柄があるヘラ型。

オランダミミナグサのロゼット

真ん中の少し立ち上がっているのがオランダミミナグサ。このように少し茎を立ち上げているのは正確にはロゼットと呼ばないかもしれませんが便利なので一応
ロゼットと呼んでいます。

カキドオオシのロゼット



ナガバジャノヒゲ

大きなナガバジャノヒゲの株があちこちに生えている場所です。

ナガバジャノヒゲの実

葉をかき分けると見事な瑠璃色の実が沢山出て来ました。

ウスタビガの繭

最近では珍しくなったウスタビガの繭を木の上の方で見つかました。
久しぶりにみる緑色がきれいでした。


今日の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
次回はこの続きです。

スポンサーサイト



コメント

No title

ウスタビガの繭が鮮やかですね。最近あまり見なくなりました。
ナガバジャノヒゲって区別した事ないですどう違うのでしょうか?
イヌシデ、アカシデこちらにはないので冬芽観察はしたことがないです。アカシデの冬芽綺麗ですね!

No title

こんばんは
暫く振りでアップした所早々に訪問して頂きコメントを有難うございました。
寒い寒いと言っていますが野原では樹木の葉芽や花芽等が吹き出していますね。
イヌシデの側芽等を見事に撮られていますね。
ナイスです!!~

No title

アカシデとイヌシデの違いを勉強させていただきました。
花の無い時期は野草も見ることもせず通り過ぎてしまいます。
こうした観察も大切なのでしょうね。

No title

アカシデの冬芽赤くてきれいに芽鱗がならんでいいですね!
ジャノヒゲの実もルリ色に輝いてきれいです。
ウスタビガの繭はどこで拾ってきたのか我が家にあります。誰かに貰ったのだったか記憶が。。。

No title

ミヤマシキミがよくなってますね。赤い実が綺麗です。
MFでは雄株しか見つかっていないので実を見ることはありません。
ナガバジャノヒゲの青い実も綺麗です。
葉をかき分けて青い色が見えると嬉しくなりますね。
ウスタビガの繭も良く見つかりましたね。

No title

冬の寒さをしのぐ ロゼット
見る度に 健気でしたたかで 生きる力をもらいます。
シキミにも「ミヤマ」ブランドがあるのですね!

No title

アカシデとイヌシデ、よく似ていますね❢
テイカカヅラの種子、綿毛がキラキラして綺麗です✨
越年草のロゼット、たくさんありますね。
ナガバジャノヒゲの瑠璃色の実、惹きつけられる美しさですね❢❢ナイスです(^-^)👍👍

No title

ミヤマシキミは、花も実も大好きです!
驚いたのは、ナガバジャノヒゲの実の青いこと。
素晴らしい青さです・・・
自分の眼で見たいです!

ナイス! ☆彡

No title

> やすこさん
ウスタビガなどの蛾の繭を最近は見かけなくなりましたね。今回は珍しく見つけたので嬉しくなりました。今日も散歩の途中で違う山ですがやはりウスタビガの繭を見つけました。
ナガバジャノヒゲは葉の長さが30~40cmくらいはあります。ジャノヒゲの葉の長さは10~20cmくらいでしょうか、花も実も少しづつ違います。
アカシデの冬芽は整った形で私も好きな冬芽の1つです。
ナイス有難うございます。

No title

> ひまじんさん
訪問、コメント有難うございます。
今の時期は花も虫も少ないので冬芽やロゼットを見るしかない(?)。
最近のカメラは良い機能がついているので小さな部分まで撮ることが出来ますね。
ナイス

No title

> 田舎のオヤジ part2さん
アカシデとイヌシデはよく似ていますよね。冬芽観察で良いことは
普段は区別し難いことも冬芽ですと違いがよく分かる種類もあります。
今の時期は花も虫もない。仕方ない(?)のでロゼトや冬芽を見ています。
ナイス有難うございます。

No title

> harekaさん
アカシデの冬芽は形や色がきれいですね。
ナガバジャノヒゲは長い葉をかき分けでこのきれいな実が見え始めると嬉しくなります。
ウスタビガのような蛾の繭は最近すっかり少なくなりました。
ウスタビガの繭は少し年月が経っても色が薄れないですね。
ナイス有難うございます。

No title

> 散歩道さん
この山周辺で所々にミヤマシキミが点在しています。雄の木も雌の木も。散歩道さんのフィールドでは雌の木が見つからないですか。そのうちに何処かで見つかると思いますよ・・。
最近こうした蛾の繭はすっかり少なくなりましたね。
久しぶりに蛾の繭を見つけると嬉しくなります。
ナイス有難うございます。

No title

> 20-tetteさん
こうして野草などが冬を過ごしている姿を見ると確かにしたたかに生きているなと感心します。強いものですね。
ミヤマシキミはシキミに葉がよく似ているので同じような名前になっています。ミヤマとありますがこの辺では普通の里山に自生しています。
ナイス有難うございます。

No title

> アイウルラエレリオロさん
アカシデとイヌシデはよく似た樹木ですね。冬芽を観察して良いことはよく似た樹木でも冬芽を見ると違いがよく分かることもあります。
ナガバジャノヒゲの長い葉をかき分けるとこのきれいな瑠璃色の実が見えてくると嬉しくなります。
ナイス有難うございます。

No title

> コケモモ便りさん
ナガバジャノヒゲの青い実、きれいでしょう。コケモモさんもファンになりましたか。
長い葉をかき分けているとこのきれいな実が見え始めると嬉しくなります。今回写真に撮った周囲に沢山の株がありました。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ