fc2ブログ

記事一覧

ニッポンイヌノヒゲ・サワシロギク・トリノフンダマシー9・28築水の森(2)

築水の森は湿地の所ばかりではないのですが今回も湿地に自生する植物の紹介が多くなりました。そしてクモの卵。




サワシロギク:小さな湿地に生えています。今の季節沢山咲いていました。
        茎がヒョロッと長く、枝分かれは少なくその先に1個の花が付く。
        花が終りに近づいてくると花の色は薄い紅紫色に変わってきます。




ニッポンイヌノヒゲ:面白いと言うより変な名前。花の先に尖ったように見える
        のは総苞片という花の器官。花はその中にある。やはり湿地に
        生えます。シラタマホシクサと同じ「ホシクサ科」。
        この仲間は面白い花が多いですね。




キイボカサタケ:これは少し黄色の色があせてきている。傘の先端がチョコン
         と尖っていてなにかおとぎの国に出てくるようなキノコ。
         森の中のやや暗いところに多い。




ナガコガネグモの卵嚢:人工的な工作物の陰にありました。
         このクモは大体はジョロウグモより低い所に巣を張っています。
         卵嚢も従ってやや低い所作ります。この中から何匹位の
         クモの赤ちゃんが出てくるのでしょうか。




トリノフンダマシの卵嚢:これも変な名前。親は鳥の糞のように見えなくもない
         ことからの名前でしょうが、木の葉などに生活しています。
         この写真はクズの葉裏に卵嚢を作った。
         この卵嚢の形も面白いというか整った形をしていると思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

トリノフンダマシ。。昔の人は面白い名前をつけました^^
何か聞いただけで頭の中に「フッ」と姿が浮かんできます☆ポチ

No title

大波さん
本当に面白い名前をつけるものですね。中には日本人のセンスを疑うこともありますが。「ママコノシリヌグイ」
「ヘクソカヅラ」・・・

No title

ナガコガネグモの卵嚢、着物図案の宝袋のようです。
クモの子供達は文字どうり「宝もの」なんですね。

No title

楓子さん
自然の造形と言うのは本当に驚くほど見事で感心することがあります。ね。着物の図案にこういう宝袋というのがあるのですか。気かけて探してみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ