fc2ブログ

記事一覧

ドングリ豊作・ヤブムラサキ・スギヒラタケー10・31鵜沼の森

久し振りに家の近くの鵜沼の森を散策してきた。

相変わらずイノシシの堀跡が沢山あった。

森林浴を兼ねて散策するには適度な森です。




コナラのドングリ:今年はコナラのドングリの生り年なのではないかと思います。
          あちこちの里山を歩いているがどこの山でもコナラのドングリが
          沢山落ちています。この写真も鵜沼の森のコナラの木の下。
          特に写真に撮るためにドングリを集めたものではありません。
          自然に落果したままです。




ドングリの根出し:そして幾つも幾つものドングリから根が出て地面に
          入り込んでいました。決して芽では有りません。そして
          間もなく落ち葉の季節。この根出しのドングリの上に落ち葉が
          積もり冬の寒さから守ってくれる。落ち葉の後からドングリ
          が落ちて芽が出ては冬の寒さから芽を守れない。
          自然の叡智。感心します。




ヤブムラサキの実:自然が作り出す色はなんともきれいな色です。
          ムラサキシキブの実はまだあまり紫色になっていない。
          似たような植物だが色づくのが少し遅いようだ。




サルトリイバラの実:この実も秋の里山を彩る実の一つ。
          美味しそうなのでかつて口に含んだ事があるがサクサクで
          味は何にもしない。どちらかと言うと不味い。
          この実は見るに限る。よく生け花に使う人がいる。




スギヒラタケ:人工林のスギ林の中の切り株に沢山生えていた。
          かつては食べられるキノコの仲間だった。私も何回か食べた。
          数年前にこのキノコで中毒を起こした事があり新聞などで
          報じられてから毒キノコの仲間入りをした。
          この日も少し考えたがやはり採るのはやめた。




ヒサカキの実:実に沢山の実をつける木だ。この沢山の実が冬の野鳥の
          食料になるので野鳥にとっては貴重な木。そのため野鳥は
          沢山の糞をする。少し手入れをしない里山にこの木がどんどん
          増える所以だ。里山整備の時まずこの木の伐採をする。
          それでもすぐこの木が入り込んでくる。
スポンサーサイト



コメント

No title

スギヒラタケは以前、転勤で東北地方に居た頃
食べていましたが大丈夫でした。
今は毒なんですか?怖いですね。

No title

楓子さん
そうなんです。数年前にスギヒラタケで数件の事故がありましてそれから毒キノコのなかまいりです。
でも食べている人は結構いますけれどもね。

No title

木の実、キノコづくしですね!こちらではこの秋どんぐりが少ないとの噂を聞きました。確かにヒグマ出没情報が多かったように思います。
キノコは見かけがつかなくて。自信がある数種類しかとって食べません。美味しそうに見えても分からないですものね・・。

No title

Rocoさん
この分ではこの辺のクマは人との遭遇が少なくなるといいなと思っています。
ヒグマは秋はサケを食べることが多いのでしょうが(そういうイメージです)ドングリも食べるのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ