fc2ブログ

記事一覧

コバギボウシ・ミソハギ・カセンソウ・イノコヅチカメノコハムシー7月末:自然遺産の森

今年の東海地方の梅雨明けは8月1日でした。7月31日に自然遺産の森へ行ってきました。森を歩いている時に雷が鳴って雨がザー。約1時間ほどで雨が上がりました。その後は真夏の青空。この日は気象台からの梅雨明け宣言は出ませんでしたが、実感として私はこの雷の後、梅雨が明けたなと感じました。

この日に見た花や虫たちを2回に分けてアップします。今日は「その1」です。


アキノタムラソウの群生
1.アキノタムラソウ群生200731自然遺産の森
花が小さいので少しカメラを引いて撮ると分かりにくいのですが、アキノタムラソウが草むらに群生しています。景色としては中々きれいです。


コバギボウシの花
1-2.コバギボウシの花200731自然遺産の森 (2)
この森にはコバギボウシ、ミズギボウシ、オオバギボウシがありますが、コバギボウシが花盛りの季節です。間もなくミズギボウシも咲き始めます。


コバギボウシの花
1-3.コバギボウシの花200731自然遺産の森 (5)
ギボウシの中ではコバギボウシが一番沢山生えています。中々きれいな花。


コバギボウシの花
1-4.コバギボウシの花200731自然遺産の森 (4)
キジカクシ科ギボウシ属。内側に濃紫色のすじがあるのがきれいですね。ギボウシの仲間は交雑し易く時に分かりにくいものがあります。2~3年ほど前にミズギボウシとコバギボウシの交雑種のミズコバギボウシがありましたが。その後見当たりません。



ノウサギの食痕?
1-5.ノイウサギの食痕?200731自然遺産の森
コバギボウシが少し群れている所でノウサギの食べ痕と思われる食痕を見つけました。これはコバギボウシの葉でこの切り口からして多分食べたのはノウサギ。時々近くに糞が残されています。


ミソハギ
1-6.ミソハギ200731自然遺産の森 (2)
自然に出来た湿地状の所にミソハギが沢山生えていて花が咲いています。


ミソハギ
1-7.ミソハギ200731自然遺産の森
この花は盆花として使う地方があるだけあって真夏の太陽が良く似合います。


ミソハギ
1-8.ミソハギの花200731自然遺産の森 (2)
ミソハギ科。


シマスズメノヒエ
2.シマスズメノヒエ200731自然遺産の森
草むらでよく見かけます。イネ科。


シマスズメノヒエ
2-2.シマスズメノヒエ200731自然遺産の森 (2)
日本在来のスズメノヒエと北アメリカからの外来種のシマスズメノヒエがあります。アップで見るこの1粒1粒を少穂といます。
この小穂が尖っていて小穂から出ている葯も柱頭も紫色なのでこれはシマスズメノヒエ。


ハシカグサ
2-3.ハシカグサ200731自然遺産の森 (3)
小さな花です。花の直径は2~3mm。アカネ科。


ハシカグサ
2-4.ハシカグサ200731自然遺産の森 (6)
花の中にはオシベが4個、メシベが2個あります。変な名前ですが名前の由来は良く分からないというのが定説になっています。


カセンソウ
2-5.カセンソウの花200731自然遺産の森
森の中のやや湿地状の所にカセンソウが少し群れて咲いています。このカセンソウは数年前に姿を消しました。その後3年ほど前からほぼ同じ場所で復活しました。原因は分かりませんが少し嬉しかったです。


カセンソウ
2-6.カセンソウの花200731自然遺産の森 (2)
花は御覧のようにキク科。夏の太陽が良く似合います。葉に特徴があり葉脈は葉の裏側に浮き出ています。それを見るとすぐにカセンソウと分かります。


カセンソウとキタキチョウ
2-7.カセンソウの花とキタキチョウ200731自然遺産の森
たまたま同じような黄色の組み合わせになりました。

虫たち
エゴヒゲナガゾウムシの産卵痕
3.エゴヒゲナガゾウムシの産卵痕200731自然遺産の森
エゴノキの実を良く見ると小さな穴が開いている実が沢山あります。エゴヒゲナガゾウムシという虫が産卵のために開けた穴です。
この穴を開ける様子は私の7月28日にアップした記事に載っています。よろしければそちらもご覧にになって下さい。



イノコヅチカメノコハムシ
3-2.イノコヅチカメノコハムシ200731自然遺産の森
イチモンジカメノコハムシより一回り小さな6mm前後のハムシ。



イノコヅチカメノコハムシ
3-3.イノコヅチカメノコハムシ200731自然遺産の森 (2)
イノコヅチの葉を食べるハムシです。



ササキリ幼虫
3-4.ササキリ幼虫200731自然遺産の森
体が黒くて触覚が非常に長い。成虫は初秋に昼間から鳴き始めるキリギリスの仲間です。



ハラビロヘリカメムシ
3-5.ハラビロヘリカメムシ200731自然遺産の森 (3)
クズの葉でよく見かけます。腹が幅広。よく似たカメムシでホシハラビロヘリカメムシというのがいますがそちらは背中のほぼ中央の左右に2つの黒っぽい星があるので区別できます。


今日の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
次回はこの続きです。

スポンサーサイト



コメント

カメノコハムシ

こんにちは。
シマスズメノヒエの蕊は黒いのですね、アリがいっぱい付いているのかと思ってしまいました。
野生のウサギもいる、豊かな森にナイスです!
イノコヅチカメノコハムシは湯殿川や近郊のマイフィールドでは、見たこと無いです。こちらて見るのはイチモンジカメノコハムシ、セモンジンガサハムシ、ジンガサハムシの3種+南方系のヨツモンカメノコハムシです。
場所により少し違うようですね。

No title

こんばんは。
コバギボウシがノウサギに食べられましたか。
オオバギボウシは人間も食べますから、ウサギにとってはこちらも美味しいのでしょうね。
小さなカメノコハムシの仲間をよく見つけますね。
この仲間はこちら緑地でも見られますがほとんど偶然です。
ササキリの幼虫は先月末に出会いましたが、真っ黒で艶があり、触覚の長いのに驚きました。

こんばんは♪

暑くても観察に行かれるのですね。
私はバテバテです。
水やりのあとシャワーを浴びると眠くてたまりませんww

コバノギボウシ、近くの森にあるのですが、もう見に行く気力も沸いて来ませんです。
きれいな紫ですね~♪

No title

イノコヅチカメノコハムシというのは初めて聞きました。透明なハムシも数種類あるんですね!未だ出会いがないです。
エゴヒゲナガゾウムシの産卵痕が楽しいですね。
カセンソウは名前は知っていますが未だ出会いがないです。よく似た湿地の黄色いキク科の花が数種ありますが、あまり出会いがないので区別点を知りません。カセンソウは葉が特徴なんですね!

No title

コバギボウシが今花盛り、紫色の筋が入って綺麗ですね。
ミズギボウシはMFにはありません。
カセンソウの復活は嬉しいですね。
MFのカセンソウは今年消えてしまいました。復活すると良いのですが。
イノコヅチカメノコハムシは名前も初めてです。
イノコヅチの葉をよく見てみますね。見つかるかな~。

ハムシ

表面がコーティングされているようで・・
面白いですねぇ!
傘かカッパを身に着けているようだこと^^

No title

コバギボウシとミソハギ以外は見ていません。ジンガサハムシは1度里山で見かけたんでした。
野ウサギがコバギボウシの葉を食べるんですね。
いろんな生き物や植物が見られる貴重な場所ですね。

RE:カメノコハムシ

nika4 さん
コメントありがとうございます。
ノウサギの糞は良く森の中で見かけます。姿も1~2度見たことがあります。でもこのようにコバギボウシの葉を切り取ったように食べた痕を見たのは今回初めてでした。
MFではヨツモンカメノコハムシは見たことがありません。こうした虫でも地域によってすこしづつ違いがあるものですね。

No title

田舎のオヤジ さん
コメントありがとうございます。
この森にウサギがいることは糞が良く落ちているので分かっていましたが、こうしてはっきりと食べ痕を見つけたのは初めてです。
イノコヅチカメノコハムシは結構小さかったです。葉の先の方で何やら動くものが、良く見たらカメノコハムシの仲間、。写真に撮って調べて名前が分かりました。

RE:こんばんは♪

miyakoさん
コメントありがとうございます。
流石森の中でも日向は暑いです。でも木陰が多いのでその中に入ると結構涼しく感じますよ。更に風が吹き抜けると生き返ったようになります。
コバギボウシの花はきれいですね。

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
私もこのカメノコハムシは初めてでした。小さな虫が葉の先にいる。近づいて写真を撮って調べました。このハムシの仲間も結構沢山の種類がいるものですね。
カセンソウはこのまっ黄色な花が太陽の元できれいです。1度見られなくなってがっかりしていましたがまた復活してきてこの季節に花を見るのが楽しみでう。

No title

緑の散歩道さん
コメントありがとうございます。
ミズギボウシはそちらには無いですか。昨日このフィールドへ行って来たのですがまだ蕾で開花していませんでした。花を撮るチャンスがあったらアップします。
このカセンソウはどういう訳か1度無くなりましたがほぼ同じ場所でまた復活してきました。夏にこの黄色い花を見ると元気が出ます。
イノコヅチカメノコハムシは実物は結構小さな虫です。イノコヅチの葉を良く探せば見つかるかも知れませんよ。

RE:ハムシ

里よしさん
コメントありがとうございます。
このハムシは面白いでしょう。背中にゼラチン状の透明なものを乗せています。この仲間にも色々と種類があり結構同定が難しいこともあります。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
カセンソウは黄色くて良く目立つ花です。湿地状の所に生えているのですが、地域によっては絶滅危惧種になっていることもあるやや珍しい花です。
この森にノウサギがいることは糞が時々ありますので分かっていたのですが、こうして食痕を見つけたのは初めてです。

ハムシ♪

今晩は(^^♪
今回の記事の中の主役はやっぱり「イノコヅチカメノコハムシ」という長い名前のハムシでしょうね(*^▽^*)
この虫を観たい、遇いたいと結構葛の葉などを、今日も捜し歩きましたが全く見えません(◞‸◟)
やっぱり我が方にはいないのだろうとガッカリです。
その代わりに2頭のゼフェルスに遇いました(^^♪

RE:ハムシ♪

風の谷の鰍さん
コメントありがとうございます。
イノコヅチカメノコハムシがおもに見られるのはイノコヅチの葉の上です。ヒナタノイノコヅチとヒカゲノイノコヅチと両方がありますが、どちらでもいいと思います。小さい虫なので葉の影に隠れたりすると中々見つけ難いですね。私は運が良かった。
2頭のゼフィルスに出会って良かったですね。ブログにアップされることを楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ