fc2ブログ

記事一覧

ヒメキンミズヒキ・ギンミズヒキ・シロホウライタケ・イチモンジカメノコハムシのサナギー7月末:自然遺産の森

前回に続いて7月31日、自然遺産の森へ行ってきた時に見た花や虫たちです。
今日は「その2」。


ヒメキンミズヒキの花1.ヒメキンミズヒキの花200731自然遺産の森
この森ではキンミズヒキが少なくなり代わってこの小さなヒメキンミズヒキが増えてきています。図鑑などでは山地に生えるとありますが、この辺では里山に生えています。バラ科。


ヒメキンミズヒキの花
1-2.ヒメキンミズヒキ200731自然遺産の森 (3)
花は小さいけれどもきれいです。花の直径は約5mm。



イヌタデ
1-3.イヌタデの花200731自然遺産の森
タデの花が早くも咲きだしました。


イヌタデ
1-4.イヌタデの葉鞘200731自然遺産の森
この森にはイヌタデによく似た植物でサナエタデもあります。このように托葉鞘には長い毛が生えているのがイヌタデ。サナエタデには托葉鞘に毛がありません。


キツネノマゴ
1-5.キツネノマゴ200731自然遺産の森 (2)
キツネノマゴが沢山沢山咲きだしています。もう今の時期になるとな~んだキツネのマゴかとなりますが、年に1度くらいはアップしないとという気になりました。良く見れば可愛い花なのですよね。キツネノマゴ科。



ギンミズヒキ
1-6.ギンミズヒキ200731自然遺産の森
皆さんの所では上から見ると赤くて下から見ると白いミズヒキの花が多いと思いますが。この森ではミズヒキは少なくこのギンミズヒキの花が多いです。


ギンミズヒキ
1-7.ギンミズヒキ190804自然遺産の森 (3)
花は上から見ても下から見ても白い花。秋にはひっつき虫になります。
タデ科。


ヌマトラノオ
1-8.ヌマトラノオ200731自然遺産の森
以前にもアップしましたが、ここへ来るとこの暑いなか、白い花が爽やかに感じられてそれが群生しているのでつい撮ってしまいます。


セリの花
1-9.セリの花200731自然遺産の森
春の七草の1つのセリは真夏に白い花を咲かせます。小川の岸辺などに沢山生えて花を咲かせてます。


シロホウライタケ
2.シロホウライタケ200731自然遺産の森
杉林に落ちているスギの小枝から生えています。白い可愛いキノコ。



シロホウライタケ2-2.シロホウライタケ200731自然遺産の森 (4)
傘も柄も白いが柄の下の方が少し黒ずむ。こうした落枝を分解するキノコ。


虫たち
イチモンジカメノコハムシのサナギ
3.イチモンジカメノコハムシのサナギ200731自然遺産の森 (2)
葉の裏側に何やら変なものが付いている。鳥か虫の糞?ではなくてイチモンジカメノコハムシのサナギです。


イチモンジカメノコハムシのサナギ
3-2.イチモンジカメノコハムシのサナギ200731自然遺産の森 (3)
上の黒いものは多分自分の糞やサナギになる時に脱ぎ捨てた殻などと思います。ゴミでカモフラージュしている。



ギンメッキゴミグモの巣
3-3.ギンメッキゴミグモの巣200731自然遺産の森
このクモは大きく外側に3角形の糸を張りその中に円網を張る。3角形の外側の2辺を白い矢印で示しました。3辺を写真の中に入れようとすると糸が見えなくなってしまうので2辺でご容赦下さい。


ギンメッキゴミグモ
3-4.ギンメッキゴミグモ200731自然遺産の森 (2)
これが巣の主。5mm前後の小さなクモです。頭を上に向けて止まる数少ないクモです。外側が3角形、クモは小さいが上を向いて止まっている。こんなクモを見たらそれはギンメッキゴミグモ。またはギンナガゴミグモ。


クロイトトンボ
3-5.クロイトトンボ200731自然遺産の森
コオホネの葉の上に止まっているきれいなイトトンボ。


ハネナガイナゴ
3-6.ハネナガイナゴ200731自然遺産の森
この森にはかなりの面積の草地があります。勿論無農薬の管理。そのためにバッタ、イナゴなどが沢山生きています、
普通食べるイナゴは翅の短いイナゴですがこれは翅の長い(胴体より突き出ている)イナゴで普通食べません。


クロコノマチョウ
3-7.クロコノマチョウ200731自然遺産の森 (2)
目立たない色のやや大きなチョウ。これは夏型の雄。成虫越冬するが越冬する個体はやはり秋になって登場する秋型。


今回の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
スポンサーサイト



コメント

カメノコハムシの幼虫

こんばんは。
ギンミズヒキという植物があるのですね。赤白のミズヒキしか見たこと無いです。
イチモンジカメノコハムシの幼虫にはビックリです。脱皮した抜け殻を背負っているのも面白いですね。
ナイスです!

No title

こちらではミズヒキよりもギンミズヒキの方が多いんですね。
宮野入のギンミズヒキは数年前に1株あったものが消えてしまいました。
シロホウライタケは小さくて綺麗なきのこですね。
落枝を分解する森の掃除屋さんですね。

No title

こんばんは。
こちらではミズヒキが幅を利かせています。とはいえギンミズヒキともども花はまだのような。
キンミズヒキは確認しましたが、ヒメキンミズヒキというのもあるのですね。
シロホウライタケは綺麗なキノコですね!
イチモンジカメノコハムシの蛹を見つけましたか。初めて見ましたが面白い生態ですね。
イナゴはこちらで見るのはコバネイナゴというのがほとんどのような。このように翅の長いのは見たことがないように思います。

No title

今回も多彩に楽しい記事ありがとうございます。イチモンジカメノコハムシ自体まだ出会いがないのでその幼虫ももちろん見たことがないです。
ギンメッキゴミグモの事も興味深かったです。
先日ギンナガゴミグモと思われる写真を撮りました。アップはまだだいぶ先になると思いますが。
もうそろそろ秋の花ですね!

RE:カメノコハムシの幼虫

nika4さん
コメントありがとうございます。
どういう訳かこの森では普通のミズヒキが非常に少なくギンミズヒキが非常に多いです。
このカメノコハムシのサナギはムラサキシキブなどの葉ではなくて近くにあったヤマノイモの葉で見つけました。変な姿ですね。

No title

緑の散歩道さん
コメントありがとうございます。
宮野入では1株あったギンミズヒキが無くなったとのこと。どういう訳かこの森ではミズヒキを見つけることが特に今年は難しく、ほとんどがギンミズヒキです。
シロホウライタケ、かわいいでしょう。杉林の中の積もった小枝から生えていました。こうしてそれらの枝葉を分解するのですね。

No title

田舎のオヤジさん
コメントありがとうございます。
普通の森ではギンミズヒキは少なくミズヒキが多いと思います。どう言う訳かこの森では数年前からミズヒキが減ってきてこのギンミズヒキが増えてきています。
イチモンジカメノコハムシの蛹、見れば見るほど変なサナギの姿ですね。生き物とも思えない姿。
この森でもどちらかというとコバネイナゴの方が多いです。こうしたハネナガイナゴは時たま見かける程度です。

No title

yasuko さん
コメントありがとうございます。
こちらではムラサキシキブの葉で時々イチモンジカメノコハムシを見つけることが出来ます。今回やはりムラサキシキブの葉を探していてその隣にヤマノイモがありました。その葉に変なゴミがついているなと思って良く見るとゴミではなかったので写真を撮りました。
ギンナガゴミグミの写真のアップ楽しみにしています。

シロホウライテケ

面白い 所に、居座っちゃうのですねぇ!
実際のものを目にしたら・・笑っちゃうかも^^

No title

ヒメキンミズヒキというのもあるのですね。
シロホウライタケは可愛いキノコですね。ギンミズヒキのアップはきれい。
農薬を使わずいろんな生き物が見られるのは貴重ですね。

こんにちは♪

キンミズヒキでも小さいのにヒメキンミズヒキですか!
こんな小さいのがよく撮れますね。
カメラを変えてからマクロが撮れないのですよ。
ギンミズヒキはくっつき虫だから抜いています。

今、葉っぱを食べる悪さをしているのはイナゴなんですね。穴だらけです。

No title

里よさん
コメントありがとうございます。
シロホウライタけ、かわいいでしょう。杉林の中に落ちている枯れ枝から生えています。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
ヒメキンミズヒキはキンミズヒキよりかなり小さな植物で花も花茎にまばらにつきます。小さな花だから可愛いというところでしょうか。
そうですね、この自然公園だは農薬を使っていないのでバッタやコオロギなど沢山生きています。コバネイナゴも沢山いるので時々仲間が捕まえて佃煮にしてふるまってくれます。

RE:こんにちは♪

miyakoさん
コメントありがとうございます。
ヒメキンミズヒキはキンミズヒキよりかなり小さな花です。小さいけれども結構強くて最近増えてきました。
私の自然観察は前はルーペを使っていましたが。このコンデジの顕微鏡的機能を使うようになってからルーペはいらなくなりました。
この自然公園では農薬を使っていないので色々な虫が生きています。植物の葉を食べるのはバッタ、イナゴ、キリギリスの仲間などなど沢山の種類がいます。逆に農薬を使った田んぼなどではほとんどこうした虫が居なくなりました。

珍しい生き物だらけ(^^)/

今日は御無沙汰です(;´・ω・)
トミさんの紹介してくれる極小の生き物、花などにいつも新鮮な感動を受けています(^^♪
私は細部を確かめるという手法をしないズボラなので
野鳥を撮るように「いた!それ」こればかりで進歩しない(-_-;)

ギンミズヒキ(^^)/ いやいやこれは正真正銘見たことがないかも(^▽^;)
紅い物だけという認識でした(◞‸◟)
それにハムシもまだ出会ったことがないのできっとこちらにはいないのだと決めつけ(^▽^;)
ギンメッキゴミグモ♪名付け親にまずもって敬意を表します(^^♪ これも・・・知らないことばかりです(◞‸◟)
沢山の珍なるものをありがとうございます(^^♪
ナイス👍

RE:珍しい生き物だらけ(^^)/

風の谷の鰍さん
コメントありがとうございます。
似たような花や虫たちを見るとどうしても細部の違いで同定が違ってくる。そうするとそのエリアの自然の理解も違ってくることがあるので大きな目で、小さな目で見るようにしています。
ギンミズヒキはどうも全国的には珍しいようです。そんな花がMFでは沢山沢山生えています。こうしてブログでアップするとそこが分かって来て面白いです。
ギンメッキゴミグモは分かってくるとMFではもしかしたら一番多いクモかなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ