fc2ブログ

記事一覧

カワラナデシコ・チゴザサ・ヤマトミクリ:エゴノネコアシ・ベニボタルー6月中旬:自然遺産の森

6月中旬にMFの自然遺産の森へ行った時に見た花や虫たちです
今日は「その2」です。


ジョウリョクヤマボウシ
1.ジョウリョクヤマボウシ
広場の片隅にジョウリョクヤマボウシがきれいに花を咲かせています。この里山に自生するヤマボウシではありません。名前の如く常緑広葉樹。


ジョウリョクヤマボウシ
1-2.ジョウリョクヤマボウシの花210617自然遺産の森 (3)
最近家庭の庭でも良く見かけます。園芸屋さんでも良く売られていますね。どこかの
団体が市の許可を得て記念樹として植えました。ヤマボウシより花は少し遅く、花付きはすこぶる良い。秋の実は大きくて甘い。そんなところが庭木などとして人気があるのでしょうね。


カワラナデシコ
2.カワラナデシコ210617自然遺産の森
かつてはカワラナデシコは白花・赤花ともよく咲いていましたが、最近は少なくなりました。


カワラナデシコ
2-2.カワラナデシコ210617自然遺産の森 (2)
ナデシコ科ナデシコ属。

ナガバジャノヒゲ
2-2.ナガバジャノヒゲの花210623鵜沼の森
長い蛇の髭のような葉を掻き分けると花が見えてきます。キジカクシ科ジャノヒゲ属の多年草。


ナガバジャノヒゲの花
2-3.ジャノヒゲの花210618鵜沼の森 (3)
花被片は6個、雄しべは6個。秋に葉の影に隠れるように瑠璃色の光り輝く実をつけます。


チゴザサ
2-5.チゴザサの花210617自然遺産の森
広場を流れる小川に沿って沢山沢山生えています。小さな花が花火のように咲いています。


チゴザサの花
2-6.チゴザサの花210617自然遺産の森 (3)
1つの花の姿です。オシベはもう落ちて紫色のメシベが残っています。直径2mm位の小さな花。


自然池
2-7.自然池210617自然遺産の森
森の中に小さな自然池が出来ています。この池を覆うのはヤマトミクリ。しばらく前はほとんど見られなかった光景です。でも全国的にはかつては環境省の絶滅危惧種、今は多分準絶滅危惧種。


ヤマトミクリの花
2-8.ヤマトミクリの花210617自然遺産の森
所々に白い色の玉のような花が見えるでしょうか。条件が合えばかなり繫殖力が強い植物なのですね。


ヤマトミクリの花
2-9.ヤマトミクリの花210617自然遺産の森 (2)
上の幾つかの白い花が雄花、下に咲くのが雌花。花茎がクネクネと曲がって曲がった内側に花が着くのが特徴。


エゴノネコアシ
3.エゴノネコアシ210617自然遺産の森
エゴノキに付く虫こぶです。この時期に膨らんで来ます。


エゴノネコアシ
3-2.エゴノネコアシ210617自然遺産の森 (3)
猫の足に見えますか。エゴネコアシアブラムシが作り出す虫こぶです。私は小さなバナナに見えますが。これは先端に穴が開いていないのでまだアブラムシは中で成長中。羽化すると先端に穴があいてそこからアブラムシが出てきます。


ツチイナゴ
3-3.ツチイナゴ210617自然遺産の森
これはまだ成虫越冬してきた個体かと思います。夏の終わりに新しい成虫は姿を現し、冬を越してきて7月~8月に命を終えます。


ナガコガネグモ幼体
3-4.ナガコガネグモ幼体210617自然遺産の森 (2)
ナガコガネグモの幼体です。隠れ帯を作ってその中に隠れる?。広場を流れる小川沿いのチゴザサなどにこのような巣を作って虫がやって来るのを待ち構えています。これはクモの背中側


ナガコガネグモ幼体
3-5.ナガコガネグモ幼体210617自然遺産の森 (3)
これはクモの腹側から見た所。このクモはかなり低い所に巣を張ります。多いのは人間の膝から下位の高さ。クモによって張る巣の高さは好みがあるようです。


ハリカメムシ
4.ハリカメムシ210617自然遺産の森
葉の上に形が整ったカメムシの姿。アップで撮ると

ハリカメムシ
4-2.ハリカメムシ210617自然遺産の森 (2)
胸部の両端が強く突出しているハリカメムシ。

ヒョウモンエダシャク
4-3.ヒョウモンエダシャク210617自然遺産の森
なかなかきれいな蛾ですね。下の翅が黄色い蛾は何種類かいますが、翅の模様がヒョウ柄なのでヒョウモンエダシャク。


ベニボタル
4-4.ヒゲナガベニホタル210617自然遺産の森
よく似た虫にヒゲナガハナノミやカクムネベニボタルなどがいますが。これはベニボタル。ホタルといってもホタル科ではなくてベニボタル科で光ることはない。前胸背板は5角形で基部に向かって広がっている。上翅には4本の縦隆線があり触覚が特徴的。


今回の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。

スポンサーサイト



コメント

No title

チゴザサは可愛いですよね、ミクリがあったり湿原状なんですね。
ナガバジャノヒゲは知りませんでしたジャノヒゲと花の雰囲気結構違うみたいですね。
ベニボタルの触覚は立派ですね!

虫こぶ

エゴネコアシアブラムシの虫こぶは面白い、小さなバナナのようです。ここからアブラムシが出て来るのですね。
見たことが無いです。
ナガバジャノヒゲの小さな花を丁度一昨日見かけて、何の花かと思っていました。ナイスです!

No title

ジョウリョクヤマボウシの実は大きくて甘いんですね。
娘の家の庭にもあるので今度味見してみます。
狭山丘陵にカワラナデシコはありません。消えずに残ってほしいですね。
ナガコガネグモの巣、立派ですね。クモによって巣を張る高さに好みがあるのですね。

No title

こんばんは。

常緑のヤマボウシがあるのですね。
知りませんでした。
カワラナデシコはこちらでも少なくなりました。
実生の株も少しずつ花が咲き始めています。
ヤマトミクリはまだ出会いがありませんで、こちらの湿地ではヒメミクリが少ないですが見られます。
ヒョウモンエダシャクやベニボタルはまだ出会いがありません。どちらも個性豊かですね。

こんばんは♪

最近は雨ばかりで蒸し暑く、森の散歩にも全然行ってないです。
河原ナデシコ咲いてるかしら・・

ヤマトミクリって変わってますね。
このように1本の茎に雄花と雌花が咲くのって他にもありますか?

ジャノヒゲの花

おはようございます!
毎日の雨降りにゲンナリしています(◞‸◟)
梅雨だから仕方がないとは思いつつ・・・
前季何時太陽を観たか?そんな北三陸です!
今朝も大したことがないけど☂ 

ナガバジャノヒゲの白い花!昨日睡蓮を見に行ったらこちらでも咲いていました♪
ただこちらのジャノヒゲはトミさんの方のように綺麗な
コバルト色の実を付けるタイプと違ってオオバジャノヒゲと呼ばれるタイプなのでしょう!
実は黒いですが(^▽^;)

チゴザサもヤマトミクリも見たことがない・・・
エゴノキが少なく多くはハクウンボクなのでこのような
ムシコブを見たことがないような・・・
ナガコガネグモの隠れ糸は面白いですね♪7
これなら相手に存在を教えているような気がするが
それでもラーゲットを捕食できているようなので
自然の造りは奥が深い(*^▽^*) ナイス👍

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
チゴザサは可愛い姿ですがかなり繫殖力が強いので場所によってはセッセと駆除するところもあります。ヤマトミクリも1度入り込むとこれも繁殖力が強いですね。
ベニボタルの触覚立派でしょう。

No title

nika4さん
コメントありがとうございます。
今の時期、エゴノキがあったら探して見るとネコアシがあると思います。そろそろ中からアブラムシが飛び出しているころです。そのアブラムシも見つけましたのでその内にアップします。

No title

緑の散歩道さん
コメントありがとうございます。
そうですか、娘さんの庭にジョウリョクヤマボウシがあるのなら実が赤くなったら味見して見て下さい。在来のヤマボウシよりはるかに美味しいです。
この森のカワラナデシコも風前の灯という感じです。いつまでこの姿を見られるのかな~。
私の体験からするとクモによっておおよそ巣の高さが決まっているようです。一番多いジョロウグモはこんなに低い位置には巣を張りません。

No title

田舎のオヤジさん
園芸屋さんへ行くと常緑のヤマボウシが売っています。周辺のお宅の庭でも良く見かけます。それがこうした自然公園の中にも入り込んできているのですね。花はきれい。実も見事で美味しい。
ヒメミクリはこちらには無いのでネットで花を見ました。よく似ていますね。
ヒョウモンエダシャクもあまり見かけないですか。この蛾はこちらでは季節になると時々見かけます。

No title

miyakoさん
コメントありがとうございます。
カワラナデシコの花も少なくなりました。もし生えていれば今の時期花は咲いていると思います。
1本の茎に雄花と雌花が別々に咲く植物?・・・う~ん、考えました。少し違いがありますが、ガマの花がそうですね。上にやはり雄花が下に雌花が咲きます。

RE::ジャノヒゲの花

風の谷の鰍さん
コメントありがとうございます。
こちらも毎日曇り空と雨空、良い加減にしてほしいと思ったら今朝は本当に久しぶりに太陽の顔を見ました。時々晴の天気。その代り暑いです。
そう言えばそちらのジャノヒゲの実は黒い、という事を山鰍さんの記事で知りました。こちらの瑠璃色に輝く実を見せてあげたいと思います。自然の中で見る色のうちきれいな色ベスト3には入ると思います。
エゴノキはそちらには無いのでしょうか。この木は色々と沢山の話題を提供してくれる木です。エゴノネコアシから抜け出たアブラムシも見つけましたのでその内にアップします。
クモにはこうした隠れ帯を作る種類は結構います。コガネグモの仲間も面白い隠れ帯を作ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ