fc2ブログ

記事一覧

ドクベニタケ・ニオイウロコタケ・コジュケイ・オオスカシバ・ギンツバメ・マユタテアカネー7月下旬:鵜沼の森

7月下旬、近くの鵜沼の森を数回散策しながら見たキノコや野鳥、虫たちです。この頃は花も少なく今回は植物は1つも登場しません。この夏は雨も多くキノコが沢山です。


ドクベニタケ
1.ドクベニタケ220730鵜沼の森
森の中に赤いキノコ、赤いキノコの同定は難しい。


ドクベニタケ
1-2.ドクベニタケ220730鵜沼の森 (2)
柄も真白。多分ドクベニタケ。傘の1部を少しだけちぎって味見。ピリッと辛くて苦い。ドクベニタケに間違いない。と分かった所で口の中のものをペッと吐き出す。この程度なら問題ないが持っている水で口を漱ぐ。


キツネノハナガサ
1-3.キツネノハナガサ130728築水の森
実に可愛らしいキノコ。ハラタケ科。このキノコは纏まって生えているのを見たことがない。せいぜい1~2本がポツンポツンと生えている。


コテングタケモドキ
1-4.コテングタケモドキ220730鵜沼の森
傘の周りにはツボの膜片がつくことがおおい。


コテングタモドキ
1-5.コテングタケモドキ220730鵜沼の森 (2)
柄は白くてツバを持つ。毒キノコ。


ニオイウロコタケ
1-6.ニオイウロコタケ220725鵜沼の森
森の中の古い切り株に時々こうした黄色いカビのような物が出来ているのを見たことがありませんか。1か月位は出来ている。一体何だろうかと前から思っていたので今回調べました。


ニオイウロコタケ
1-7.ニオイウロコタケ220725鵜沼の森 (2)
アップで見ても針や大きな凸凹はありません。ウロコタケ科のニオイウロコタケと言うのだろうと思います。針葉樹、広葉樹の朽ち木に発生するようです。


コジュケイ
2.コジュケイ220725鵜沼の森 (3)
森を歩いていたら10m位先を2羽の鳥が藪から歩いて出て来た。コジュケイだ。慌ててカメラを向けるが1羽はすぐに藪の中に入った。


コジュケイ
2-2.コジュケイ220725鵜沼の森 (4)
何とか1羽を撮ることが出来た。〇で囲ってあります。時々鳴き声は聞きますが、こうして写真に撮れることは珍しいです。


オオスカシバ
4.オオスカシバ200913鵜沼の森
散歩道途中にハナゾノツクバネウツギの花が咲いていて時たまオオスカシバがやって来て飛び回っているがやはり写真に撮ることが結構難しい。撮れましたよ。


ヤブキリ
4-2.ヤブキリ220725鵜沼の森
もうそろそろ夜になると場所によってはヤブキリが鳴いているかも知れません。これは産卵管があるので雌なので鳴かないですが。


エントツドロバチの巣
4-4.エントツドロバチの巣220727鵜沼の森
下向きに泥で作った煙突状のものがありますが。エントツドロバチが子育てをした巣。煙突に穴が開いているのですでに幼虫はここから巣立った証拠ですね。


ギンツバメ
4-5.ギンツバメ220730鵜沼の森 (2)
森蔭の暗い所にきれいな虫が。ギンツバメと言うツバメガ科の蛾です。主に夜に活動します。やや珍しく所によっては絶滅危惧種になっている地域もあります。


クルマバッタ
4-6.クルマバッタ220730鵜沼の森 (2)
草地の少ない鵜沼の森ではトノサマバッタやクルマバッタは中々お目にかかれません。それが舗装道路に飛び出してきた。久し振りの出会いです。


サトジガバチ
4-7.サトジガバチツマ220727鵜沼の森
この季節サトジガバチが地面をうろついている姿をよく見かけます。腹部の上部が赤いのが特徴。地面を動きなが蛾などの幼虫を捕らえる。地中に巣穴を掘り、蛾の幼虫を運びこんで産卵する。


ジャノメチョウ
4-8.ジャノメチョウ220730鵜沼の森 (5)
この季節ジャノメチョウはあまり見かけなくなりました。嫌に翅の色が薄いので気になりましたが蛇の目模様なども見えます。


ベッコウハゴロモ
5.ベッコウハゴロモ220727鵜沼の森クズの葉裏にベッコウハゴロモがいました。太陽の光がさして葉もハゴロモの翅も透かして見えてきれいでした。


ツマグロヨコバイ雌
5-2.ツマグロヨコバイ雌220727鵜沼の森 (3)
ツマグロオオヨコバイは良く見かけます。ツマグロヨコバイは私にとっては珍しい、。更に雌となると滅多にお目にかかれない。たまたま出会いました。


マユタテアカネ雄
5-3.マユタテアカネ雄220727鵜沼の森
季節が進めば珍しくは無くなりますがアカトンボの登場です。マユタテアカネは私にとっては今シーズン初めての出会いです。


今回の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。
スポンサーサイト



コメント

ツマグロヨコバイ雌

ツマグロヨコバイ雌は珍しいですね、私は撮った記憶が無いです。見るのはほとんどツマグロオオヨコバイです。
ナイスショットです!
ギンツバメも渋くてよいです。

No title

透過光のベッコウハゴロモ綺麗ですね!
ギンツバメは綺麗な蛾ですね!見てみたいです。
サトジガバチ綺麗に撮れましたね。結構暗いことが多いし動くからビシッと決まった写真撮れた事がないです。
オオスカシバは見つけると無性に撮りたくなりますがまだ今季出会いがないです。暑いのであまり出ていないからかもです。
コジュケイは未だとったことがないです。昔は声を聞くことがありましたが最近はそれもないです。
黄色いのはニオイウロコタケなんですか!私も先日同じようなものを見ましたが変形菌なのかなと思ったのですが、きのこだったのですね!

No title

植物が1種もないとは珍しいですね。
その代わりきのこと鳥と虫たちがいっぱいですね。
コジュケイは声はよく聞きますが姿はなかなか見せてくれません。
MFも草地が少ないのでクルマバッタやトノサマバッタは見る機会がありません。
今日の調査ではスケバハゴロモが多かったです。

No title

こんにちは。
この時期の野山を歩くとやはりキノコが目に付きますね。
種の判別ができないので見るだけが多いですがたまにカメラのも納めます。
ニオイウロコタケというのは見たような気もしますが、カビではなくキノコなのですね!?
コジュケイは声は聴きますが姿はほとんど見ません。
うまく撮りましたね。
ツクバネウツギの仲間にはホウジャク類がよく来ますが今季はまだ出会いがありません。
昆虫類も沢山出会いがあったようで、その中のギンツバメは初夏のころ初めて出会いました。
今年はハゴロモの仲間に目が行くようになって、このベッコウハゴロモも数ヵ所で見つけました。 そのほかにはアオバハゴロモ・アミガサハゴロモ・スケバハゴロモの成虫に会いました。
ツマグロオオヨコバイはよく見かけますがツマグロヨコバイとの出会いは少ないです。最もあまり関心を持って見ていないこともありますので注意してみようと思います。


REツマグロヨコバイ雌

nika4さん
コメントありがとうございます。
本当ですね。見るのはツマグロオオヨコバイばかりでツマグロヨコバイ自身が少ないですし。雌はなお見る機会が無い。私も今回が初見かなと思います。

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
たまたまベッコウハゴロモがクズの葉裏にいて太陽が当たっていました。きれいだなと思ってシャッターを。
オオスカシバを見かけると必ずカメラを向けますが、中々きれいに撮れない。この時にも私にしては結構追いかけてようやく1~2枚何とか撮れました。
鵜沼の森はコジュケイガ住みついていて時々声を聴きますが撮れる機会はなかなかないです。この時には歩いていて突然2羽飛び出し来ました。2羽一緒の所を撮りたかったのですが。

No title

緑の散歩道さん
コメントありがとうございます。
最近は植物も撮りたくなるような場面が少ないです。良く雨が降る夏なのでキノコがよく出てきます。もっと沢山キノコの写真は撮るのですが、同定が出来ないことが多いです。もう1つのMF、自然遺産の森では結構草地があるのでバッタの仲間も多いのですが、最近は草刈りが多くなってそうした昆虫も少なくなってきています。
そうですか、こちらではスケバハゴロモは滅多に出会うことがない昆虫です。地域によってそんなことも違いがるのですね。

No title

田舎のオヤジ さん
コメントありがとうございます。
今年の夏は雨の多い夏なのでキノコが沢山生えてきます。沢山の写真を撮るのですが、同定してブログにアップ出来るキノコは少ないです。ニオイウロコタケは時々見かけます、1度生えてくると1か月近く姿が見えるのではないかと思います。以前から何だろうかと思っていましたが、今回調べて見ました。載っていない図鑑もあります。
コジュケイはこの森に住みついていて時々声は聞くのですが今回は運よく姿も見せてくれました。
ギンツバメは田舎のオヤジさんも記事に載せたのは覚えています。実物は結構きれいですよね。
こちらではスケバハゴロモは滅多にいないので今年はまだ見かけたことがありません。

No title

毒キノコと分かっていてお毒見ですか!
おお、大胆ですね。やはり舌を刺激するのですね。
いやいや、そんな恐ろしい事はようしません。
クズの葉裏の透過光のベッコウハゴロモよくみつけられましたね、きれいな画像です。
エントツドロバチですか、なるほど巣穴が煙突みたいです!!

ドクベニタケ(^^♪

御無沙汰🙏 (*^▽^*)
ドクベニタケを試食してみた😲凄い😍
今こちにも出ていて、昨日私も撮ったところですが齧って確かめるまではしませんでした!姿から名前が浮かんだ😄。このキノコは毎年同じ場所に出ていますね(赤松と少しの雑木の混合林の地上)

オオスカシバ♫いいですね~!この蛾は北三陸にいないようで遇うのはホシホウジャクばかりです。
それすらもう何年も遇っていません😣

ベッコウハゴロモ、ツマグロヨコバイ共にまだ未見です!残念(-。-)y-゜゜゜

7月から雨の降らない日が10日もあったかというほど酷い北東北です😣今日は久々の曇り!明日はまた雨との予報! 時折訪ねてまいります(^^♪

こんばんは♪

のっけから毒キノコのお出ましですね。
桃のような色合いで柄は真っ白で綺麗なのに毒なのですね。
コジュケイよくキャッチ出来ましたこと!
お顔はググってみましたがけっこう大きな鳥なのですね。
泥で器用に巣をつくる蜂もいるんですか!
ギンツバメって白くて綺麗です。目立ちますよね。

No title

hareka さん
コメントありがとうございます。
赤いキノコは同定が難しいです。外見以外に臭い、味などを見て決めることがあります。こんなやり方は子供がいる観察会では出来ませんが。
ベッコウハゴロモは珍しいことはありませんが光の具合がきれいに見えたのでシャッターを押しました。ドロバチの仲間は何種類かいますが、それぞれ泥を使った巣作りなので巣を見ると面白いですね。

No title

風の谷の鰍さん
お忙しい中の訪問、コメント有難うございます。
赤いキノコは難しいですね。少しの違いで種が違ってきます。私は鼻が良くないので匂いに頼ることができない。味は、よほどのことがない限り飲み込まなければ大丈夫。こんなやり方は子供がいる観察会ではできませんが。
ホウジャクの仲間には時々会うのですが、中々上手く写真が撮れない。何とか今回は撮れたのでアップしました。
今年の夏は梅雨明け後数日は天気が良かったのですがその後はこちらもよく雨が降ります。東北のように雨量がすごいという事は無いのですが、毎日のように少しづつ降っています。
無理をなさらずに時折の訪問をお待ちしています。

RE:こんばんは♪

美風さん
コメントありがとうございます。
赤いキノコは難しいです。チョットした色の違いで種類が違ってくる。私は鼻が良くないので匂いに頼ることが出来ないので時によって味によって同定することもあります。最も子供がいる観察会ではこんなことは出来ませんが。
コジュケイはこの森で住みついていてよく「チョットコイ、チョットコイ・・・」と鳴いているのですが姿を見て写真に撮れるチャンスが少ないです。今回は上手く行きました。
泥で巣を作るハチは何種類かいます。それぞれ独特の巣を作るので巣の形で種類が分かります。
ギンツバメっ言う蛾きれいでしょう。

No title

いろんなキノコと昆虫が登場しましたね。
毒キノコはさすがに刺激が強烈なんですね。キツネノハナガサは名前の通り可愛いキノコですね。
コジュケイにはたまに出会っても、動きが早くてすぐに隠れられてしまいます。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
キツネノハナガサは可愛いでしょう。私の友人の1人はこのキノコを見つけてからキノコが好きになって今では一生懸命にキノコ探しをしている人がいます。
コジュケイは今回たまたま何とか撮ることが出来ました。すぐに藪の中に駆け込むので中々撮れないことが多いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ