fc2ブログ

記事一覧

黒米・クロモジの実・イヌヤマハッカ・シラゲヒメジソ・トノサマガエルー9月下旬:不動の森

前回に続いて9月下旬に岐阜県関市の不動の森で行った定例の観察会「その2」です。
今回アップのフィールドは里山ゾーンに近い所の田んぼ。

田んぼの風景
1.棚田220924不動の森
この田んぼは面白い田んぼ。休耕田を農家から会員が借り受けて好きな方法で米作り。従って休耕田のままの所,無農薬で通常の米作りの田んぼ、自然農で黒米を作っている田んぼ・・・。


黒米のイネ
2.黒米220924不動の森 (2)
刈り入れ前の黒米。黒米と言っても御飯として炊き上がると赤い御飯になります。


自然農
2-2.黒米・ヌカキビ他:棚田・220924不動の森
稲を他の雑草と競争させるのだそうです。ヌカキビやヒレタゴボウなどの雑草が生えていても抜きません。色々な雑草が田んぼの中に生えています。


サワヒヨドリ
2-3.サワヒヨドリ棚田220924不動の森
米作りをしていない休耕田に自然に生えてきている。湿地状の環境ですから。


サワヒヨドリ
2-4.サワヒヨドリ棚田220924不動の森 (3)



キセルアザミとミゾソバ
2-6.キセルアザミとミゾソバ棚田220924不動の森


イボクサ
2-7.イボクサ220924不動の森 (2)
ここのイボクサの花の色は濃いように思います。


コブナグサ
2-8.コブナグサ棚田220924不動の森
草木染で黄色の染料の材料になりますが。栽培している訳ではありません。湿地状の所に生える一面のコブナグサの群生です。


クロモジの実
2-9.クロモジの実220924棚田・不動の森
田んぼの周りの山際に生えているクロモジの木に実が生っています。


イヌヤマハッカ
3.イヌヤマハッカ220924棚田・不動の森 (6)
やはり山際の草地に生えています。写真でポツポツと紫色の花が見えると思いますが、これがイヌヤマハッカ。


イヌヤマハッカ
3-2.イヌヤマハッカ220924棚田・不動の森 (2)
我が街の隣に犬山市がありますが、その犬山とは関係なく植物によく使われる役に立たないという意味での「イヌ」です。と言っても私はヤマハッカにどんな効用があるのか知らないが。


イヌヤマハッカ
3-3.イヌヤマハッカ220924棚田・不動の森 (8)
花はきれいですね。


ミゾソバ
3-4.ミゾソバ220924棚田・不動の森
湿地状で繫殖力が強いとなるとミゾソバ。ここでも沢山のミゾソバが群生しています。



ミゾソバ
3-5.ミゾソバの花220924不動の森 (3)
花はきれいですね。この野草はかつて救荒食として日本人に馴染みのある植物。飢饉のときに多くの日本人がこのミゾソバの蕎麦で救われた。


シラゲヒメジソ
3-6.シラゲヒメジソ220924棚田・不動の森
ヒメジソの仲間の野草です。当初はヒメジソと思っていましたが。嫌に毛の多いヒメジソだなと思った程度でした。


シラゲヒメジソ
3-7.シラゲヒメジソ220924棚田・不動の森 (2)
調べたらシラゲヒメジソとしてヒメジソの変種扱いしているようです。


トノサマガエル
4.トノサマガエル220924棚田・不動の森 (2)
前述しましたようにこの田んぼは無農薬。その為に最近の田んぼでは見られないような生き物や植物を見る事が出来ます。その1つがトノサマガエル、勿論オタマジャクシもいますし、イナゴはそれこそ無数に飛び跳ねています。


クモヘリカメムシ
4-2.クモヘリカメムシ220924不動の森 (2)
稲の害虫のクモヘリカメムシもいます。


観察会の終わり
5.観察会風景220924不動の森 (4)
元の広場に戻って終わりの挨拶をした後、子供たちは木登り遊び。私も楽しかったですが、子供たちも楽しかったようです。


今回の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。



スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

この田んぼでは黒米も作っているのですね。
名前は聞いていますがこうして見るのは初めてです。
赤いご飯になるのですか。 
他の草と競合させる栽培方法も何か楽しそうです。
イヌヤマハッカは青みの強い花で綺麗ですね。
シラゲヒメジソという種もあるのですか。
こうして見るとやはり毛がたくさん生えていますね。

いい観察会になったようで、子どもたちの楽しさが伝わってくるようです。

No title

イヌヤマハッカというのもあるんですか。それは初めて聞きました。ヤマハッカって特に役には立たないと思いますがそれにさらにイヌが付くのも面白いですね。
白髭ヒメジソというのも初めてですヒメジソの変種なんですか!
田んぼは湿地の植物がいっぱいなんですね!

こんばんは♪

自然農法の田んぼは虫や生き物にとっても住みよいところなんですね。
草と共にある米は刈り取る時も一緒?実はどうなるのでしょ!
昔はミゾソバの写真を撮りに森へよく行き、その可愛さに驚いたりしたものです。
そう言えばうちの空き地の処にも生えていたような・・
フェンスをしたからそちらにはあまり行かなくなりました。

No title

ミゾソバの実はずい分と小さいですが、飢饉のときはこの実が役に立ったんですね。
ヤマハッカも何か役に立つのでしょうか。
観察会の終わりは木登り、楽しそうです。

ミゾソバ

観察会は楽しそうですね、連れて行く方は大変そうですが・・・お疲れ様でした。ミゾソバの実は食べられるのですね、初めて知りました。花の時期は昆虫も集まるので写真を撮りますが、花が終わると全く観ていないです。今度見てみます。
ナイスです!

No title

田舎のオヤジ さん
コメントありがとうございます。
この里山クラブは12月に感謝祭を行います。その時に希望者に収穫した黒米を配ります。私も何回か貰ってきて食べました。赤飯とは違った赤い御飯で美味しいですよ。
イヌヤマハッカが咲くのを楽しみに毎年9月にはこの田んぼへ行きます。
シラゲヒメジソは最初は毛の多いヒメジソだなと思っていましたが、或る年にチェックしたら変種とはいえ別種扱いしてありました。
終わって子供が嬉しそうな顔をしているとこちらまで嬉しくなりますね。

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
ある時、植物の専門家と交流することがありましてこのイヌヤマハッカのことが話題になりその時にイヌヤマハッカという事を教えて貰いました。
シラゲヒメジソも最初は毛が多いヒメジソと思っていたのですが、調べたら変種として扱っていることを知りました。
この田んぼは無農薬の田んぼ、全くの休耕田なので色々な生き物が生きている面白い田んぼです。

RE:こんばんは♪

美風さん
コメントありがとうございます。
今は何処の田んぼも農薬を沢山使うので生き物にとっては生きにくい環境ですね。こうした無農薬の田んぼには沢山の生き物、植物が生きています。
自然農と言っても色々な方法があるようです。やはり一番の問題は雑草をどうするかのようです。この田んぼでの米作りの人は雑草も最後まで抜き取らないでいますので刈り入れる前にでも雑草は抜くのかなとも思います。
ミゾソバの花はきれいですね。私も秋に見る花の中では好きな花の1つです。

No title

緑の散歩道さん
コメントありがとうございます。
ミゾソバの実が熟した時に時々少し口に入れて見ます。プチとして何となく蕎麦を食べたような気にもなります。
ヤマハッカにどんな効用があるか私も分かりません。この場合のイヌはどうも色々と説明があるようです。
観察会が終わって女の子も木登り。楽しそうでした。

RE:ミゾソバ

nika4さん
コメントありがとうございます。
ミゾソバの実は蕎麦の実と同じです。黒くなってきたら幾つか採りだして口に入れて見て下さい。蕎麦の実を食べているような気になります。かつて日本人は多くの人がこの実によって命を救われたと思います。
でも熟するとすぐに落ちてしまうのでタイミングが難しいですよ。

No title

ミゾソバの実、私もタイミングよく見てみたいものです。
私はヤマハッカとイヌヤマハッカの違いが分からなくて、いつもヤマハッカと思って見ているんですよ。
自然農法の田んぼは自然観察にはいいですね。木登りする子ども達、楽しそうですね。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
ミゾソバの実は熟するとすぐに落ちてしまいます。タイミングが難しいですね。でも群生しているので探すと必ず見つかりますよ。ヤマハッカトとイヌマハッカは葉も違いますが花の上唇に棒状の斑紋があるとヤマハッカ、無いのがイヌヤマハッカと教えて貰いました。
こうした元気な子供を見ると疲れも飛びます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ