fc2ブログ

記事一覧

ハクモクレン・オウバイ・キタテハ・ミヤマセセリ・コスミレ・ツクシー3月下旬:鵜沼地区の田園

3月下旬、鵜沼地区の田園が広がるエリアへ行ってきました。と言っても家を出てから歩いて10分位で行ける所です。
田園にも春が来たという感じでした。


ハクモクレン
1.ハクモクレン230322鵜沼の森 (5)
田畑の山際に大きなハクモクレンが花を一杯に咲かせて良く目立っていました。


ハクモクレン
1-2.ハクモクレン230322鵜沼の森 (6)
見事なハクモクレンの大木です。


ハクモクレンの花
1-3.ハクモクレン230322鵜沼の森 (7)
今年は本当に良く花が咲いています。

オウバイ
1-4.オウバイの花230322鵜沼の森 (1)
小川の畔には黄色い花が。何だろうか。近づいて見るとオウバイ(黄梅)の花でした。モクセイ科モクセイ属の落葉小低木。中国が原産地です。中国では迎春花と呼ばれている花です。


オウバイ
1-5.オウバイの花230322鵜沼の森 (3)
枝はツル状に伸びて垂れ下がります。花の直径は2~2.5cm位。

菜の花
1-7.菜の花230322鵜沼の森
畑の一角に菜の花が密度濃く広がっていました。少し離れた所からしか見て撮れませんでした。良く見るとチョウやアブやハチなどが来ていますが写真にはチョウしか撮れませんでした。


キタテハと菜の花
1-8.キタテハと菜の花230322鵜沼の森 (3)



キタキチョウと菜の花
1-9.キタキチョウと菜の花230322鵜沼の森



モンシロチョウと菜の花
1-9-2.モンシロチョウと菜の花230322鵜沼の森 (1)



ミヤマセセリ
2.ミヤマセセリ230320鵜沼の森 (1)
写真を撮っている私の足元にチョウが飛んで来て止まった。カメラを向けるとミヤマセセリでした。花に行かずに舗装道路に。


キュウリグサ
2-5.キュウリグサ230322鵜沼の森 (4)
田畑の畔などに沢山のキュウリグサが咲いています。

コスミレ
2-6.コスミレ230321鵜沼の森
コスミレもあちこちで見られましたが、草地でなくてこんな隙間に咲いているのもあります。


コスミレ
2-7.コスミレの花と葉230322鵜沼の森 (12)
花の色はなかなかきれい。花を正面から見るとオシベ・メシベの付属体が良く見えます。側弁基部には毛がないのが多いですが、これは毛が見えるのでヒゲコスミレと呼ぶ人もいます。


コスミレ
2-8.コスミレの花と葉230322鵜沼の森 (13)
距はやや太く薄いピンク色。

ヒメスミレ
3.ヒメスミレの花と葉230322鵜沼の森 (13)
ヒメスミレの得意な場所は舗装道路やコンクリートの割れ目など。

ヒメスミレ
3-2.ヒメスミレの花と葉230322鵜沼の森 (11)
ヒメと言うだけあって花は小さい。葉も小さいが花後は葉は結構大きくなる。側弁基部には少し毛があるのが見えるでしょうか。


ヒメスミレ
3-3.ヒメスミレ210320鵜沼の森 (4)
距は緑白色で赤紫色の斑点がある。


タンポポ
3-4.タンポポ230322鵜沼の森 (2)
やや広い草地があります。タンポポが沢山咲いています。チェックしなかったが多分トウカタンポポ。写真右端にツクシが沢山見えます。


ツクシの群生
3-5.ツクシ230322鵜沼の森 (2)
少し移動してツクシの群生状態。


ツクシ
3-6.ツクシ230322鵜沼の森 (4)
白く垂れ下がっているのはツクシの胞子嚢でこの中にシダ植物としてのスギナの胞子が沢山詰まっています。これが割れて胞子が飛び出します。


今回の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。



スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
このハクモクレンはかなり大きな木のようですが、たくさんの花がついて見事ですね!!
オウバイは枝が長く伸びるのでこうした場所では伸び伸びとしているよう。
我が家は鉢植えですが花は既に散りました。
菜の花が咲くといろいろな蝶がやってきますね。
ミヤマセセリは今回は不参加のようで、地上で日光浴ですね。
こうして詳細に説明頂くスミレもなかなか覚えきれずにいます。
タンポポやツクシの群生も見事なもの。
子供のころ、このツクシは食卓に上がり、下処理で茎の袴を取り除く手伝いをしていました。

No title

ミヤマセセリは渋くって綺麗ですよね。うちの辺りは見られないのでうらやましいです。ところで本文はミヤマセセリになっていますが写真の上のタイトルやタイトルはダイミョウセセリになっていますよ。
ハクモクレン満開の時はほんとに綺麗ですね。こちらは3月中旬に咲いて終わってしまいました。
菜の花は蝶に人気ですね!

こんばんは♪

ハクモクレンの満開は圧巻ですね。
大きな花だからより見事です!
オウバイがチラリと石垣の間から出ているのなんて良いものですね。
キュウリグサが未だに分からないのですww
ヒメ!逞しいですね~
菜の花の群生、お友達が教えてくれたのに見に行くの忘れてました。。
蝶々、お似合いですね。

No title

自宅から歩いて10分でこんな田園エリアに行けるなんてステキですね。ハクモクレンが見事ですね。
キタテハとミヤマセセリにはまだ会えていません。
ツクシは今年も1度摘んできてキンピラにして味わったんですよ。

No title

田舎のオヤジさん
コメントありがとうございます。
このハクモクレンは見事でしょう。この辺には良く行くのですが丁度花の時期に行って驚きました。ハクモクレンとしてはひと際大きな木でした。
オウバイをお持ちですか。こうして自然の中で見るオウバイもまたいいものですね。
この場所のツクシは見事な群生でした。そうですね。やはり子供のころにはツクシを摘んできて家族で食べたことを思い出します。

No title

yasukoさん
度々有難うございます。今度もご指摘を頂きました。
ここのハクモクレンの木はひと際大きな木でした。丁度満開の時だったので見事でした。
菜の花畑も見事な景色だったので近くへ行って蜂やアブなども撮りたかったのですが。沢山の虫が来ているのが分かりました。

RE:こんばんは♪

美風さん
コメントありがとうございます。
このハクモクレンは大木で満開の時でしたから本当に見事でした。この場所へは良く行くのですが、花が咲いていない時にはあまり目に入らないですね。
オウバイをお持ちですか?。小川の畔に咲いている風景もまたいいものでした。
ヒメスミレは私が着けた別名、「舗装道路の女王」。本当に舗装道路の割れ目に良く咲いています。
菜の花の群生がきれいでした。沢山の虫もやって来ていて離れて見ても面白かったです。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
いつもアップする鵜沼の森とは家の反対方向がここの田畑が広がるエリアです。定年になるまでは周りの自然にはあまり興味も無かったのですが、今では良い所に住みついたと思っています。
キタテハとミヤマセセリにはこの春まだ会っていませんか。少々残念ですね。間もなく出会えると思います。
ツクシのキンピラですか。子供の頃に食べたことを思い出します。

こんにちは

ハクモクレンは遠くからでも目をひきますね~
お隣でシモクレンも咲だしたのでしょうか?
紅白で大きな木に花が咲くと見事でしょう!
赤白黄色とさまざまな花が咲きだし、春だ春だ!
花達の歌声まで聞こえてきそうです。
花が咲き出せば、虫達だって大賑わいでしょう!
小道に可愛らしいキュウリグサがいっぱい咲いているのに
ブログを始めるまで、まったく気づかなかった私でした。
いろいろ知ると楽しいですね。

No title

徒然散歩さん
コメントありがとうございます。
このハクモクレンの木は大木でした。遠くからでもひときわ良く目立ちます。満開の時には枝も見えない位に花咲くのですね。隣の赤い花はシモクレンではなくて桜の仲間だったように思います。菜の花も群生すると本当に見事なものですね。沢山の虫が訪問していましたが少し離れていたのでチョウくらいしか撮れませんでした。キュウリグサも足元で沢山咲き出していますね。キュウリグサはやはりアップで見た方がきれいですね。

ミヤマセセリ♫

こんにちは(^^♪
ハクモクレンは存在感がありますね~♪
コブシと比べて豪華な感じがします。
ミヤマセセリが花で吸引している姿をまだ見たことがないかも知れません😅
キュリグサ\(^o^)/この花をまだ知らないのですが
気に入りました♪こういうのが好きです!😁
スミレは相変わらず覚える気がないのでパスしています😰
ナイス👍

No title

風の谷の鰍さん
コメントありがとうございます。
このハクモクレンの大木があるエリアへは良く行くのですが、花が咲いていない時には特に目立っていなかったのですが、満開の花の時にはかなり遠くからひと際目立っていました。
どういう訳かミヤマセセリは道路や地面の上で止まっていることが多いですね。吸蜜している所はあまり記憶にないですね。
キュウリグサはワスレナグサの仲間で生息範囲は全国とありますので風の谷の鰍さんの足元にも生えているかもしれません。道端などの足元に良く生えています。
確かにスミレの同定は難しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ