fc2ブログ

記事一覧

ウメモドキの花・ウツボグサ・アカシジミ・ヤマサナエ・カイツブリ・サンコウチョウー6月上旬:自然遺産の森

早くも6月下旬に入りました。ブログの更新が遅れています。今日の記事はまだ
6月上旬の里山の様子です。
6月上旬、自然遺産の森へ行ってきました。その時の花や虫や鳥たちです。


梅雨の晴れ間の自然遺産の森
1.梅雨の晴れ間の自然遺産の森230605自然遺産の森 (1)
鬱陶しい梅雨の間の晴れ間は結構気持ちがいい天気になることがありますね。この日はそんな天気でした。


ウメモドキの花
1-1.ウメモドキ雌花210605鵜沼の森
小さな花ですが、よく見るときれいな花ですね。モチノキ科モチノキ属の落葉低木。雌雄異株。この花を見ると雌花。メシベは花の真ん中にドンとつき出ています。オシベも4つ5つ見えますが、退化している。


ウメモドキ雄花
1-2.ウメモドキ雄花230605自然遺産の森 (5)
雄花もありました。オシベは4~5個。真中にやはり退化したメシベもあります。



ウツボグサ
1-3.ウツボグサの花230604自然遺産の森 (14)
この森でもウツボグサは少しですがあります。でもまだ花は期待していなかったですが咲き始めていました。シソ科ウツボグサ属の多年草。


クララの花
1-4.クララの花230604自然遺産の森 (22)
マメ科の多年草。鵜沼の森でアップしましたが、こちらの森でも2~3か所に生えているところがあります。


カワラナデシコ
1-5.カワラナデシコ230605自然遺産の森 (34)
少し変ですね。そうなんです。後ろ側から撮った写真です。花の正面に回れないところに咲いていました。秋の七草の1種がもう咲いています。数は少ないですがこれから何株か見ることができると思います。


イオウイロハシリグモ
1-6.イオウイロハシリグモ幼体230604自然遺産の森 (2)
大きなクモです。約半分のクモは巣を張らないでうろついたり、待ち構えたりして獲物を捕まえる。このクモはうろつき型のクモ。
体の色には変化がありますが中には2cm以上の大きさのクモもいます。


アカシジミ
2.アカシジミ230605自然遺産の森 (26)
いやーびっくりしました。舗装された道を歩いていたらの目の前に飛んできたチョウが止まった。エッもしかしたらアカシジミ? ここ3~4年この森では見かけなかった。


アカシジミ
2-2.アカシジミ230605自然遺産の森 (29)
さらにこの日、違う場所でまたアカシジミ。

アカシジミ
2-3.アカシジミ230605自然遺産の森 (38)
どうしたのでしょうか、この日はあちこちで5~6頭のアカシジミに出会いました。こういうこともあるのですね。やはり以前はこの森でよく見かけていた同じゼフィルスと言われるウラナミアカシジミにはここ数年間出会っていないです。


オオシロカネクモ
2-5.オオシロカネグモ幼体230605自然遺産の森 (7)
このクモは巣を張るクモです。写真を撮るのが少し難しいところにいたので巣に触ってしまった。そしたらクモが逃げてここにきて止まった。撮りやすいところに来てくれた。


シオカラトンボ雄
2-7.シオカラルンボ雄230604自然遺産の森 (17)
シオカラトンボの雄。珍しいことはありませんが私にとっては今シーズン初めての出会い。


ヤマサナエ
2-8.ヤマサナエ230604自然遺産の森 (8)
やや大きめのトンボが草に止まった。動きからして羽化して間もないかな。ヤマサナエかな。


ヤマサナエ
2-9.ヤマサナエ230604自然遺産の森 (10)
少し動いた。撮りやすいところに移動。やはりヤマサナエでした。


ウシガエル
2-9-2.ウシガエル230605自然遺産の森 (23)
時々この地方ではカエルが激減していると書きます。ウシガエルは別。この姿を見るとアメリカへ帰ってもらいたくなりますj。


カイツブリの巣
3.カイツブリの巣と卵230605自然遺産の森 (19)
森の入り口にある池にカイツブリの巣が。先ほどまで見ていたバーダーさんがさっきまで親鳥は卵を温めていたのにどこかへお出かけと言って教えてくれました。


カイツブリの卵
3-2.カイツブリの巣と卵230605自然遺産の森 (22)
親のいぬまにアップで写真を。卵が見えます。2つかな?もしかしたら左側のも卵?3つかもしれません。


サンコウチョウ
3-3.サンコウチョウ子育て230605自然遺産の森 (14)
同じ場所に立って池と反対側を見るとサンコウチョウが子育てをしているはず。中々分かりません。今年は非常に見難いところに巣を作った。ようやく見つけて私のカメラで撮った写真がこれ。何とか巣と親が抱卵しているところは分かります。尾羽は見えませんがアイリングの様子からすると雌が抱卵中。


バーダーさんの写真
3-4.サンコウチョウ子育て230605自然遺産の森 (6)
半日くらい粘って写真を撮っているバーダーさんのカメラのモニターに写してもらい許可をもらってそれを私のカメラで写した写真がこれ。尾羽はあまり長くなくてアイリングも太くないのでやはり雌。


バーダーさんの写真
3-5.サンコウチョウ子育て中の雄230605自然遺産の森 (11)
尾羽が長く突き出ているそしてアイリングが太いので雄。抱卵中のところですね。


今回の記事は終わります。
最後までお付き合い有難うございました。
スポンサーサイト



コメント

No title

サンコウチョウが営巣しているのですね!こちらでも熱心に観察している方からサンコウチョウの営巣の話を聞きますがなかなか自分では見つけることができないです。
カイツブリの卵親が留守にすることもあるのですがちょっと心配。
今年は私の体調も今一つで頻繁に観察に行くことができずクララやウメモドキ、ツリアシドウシなどの花を見逃してしまいました。y目モドキはマイフィールドのもあるのですが草刈りが十分でなく林縁に近づけなくなって花を撮ることができなくなって久しいです。
アカシジミは6月に入って多数見かけた日がこちらでもありました。

No title

ウメモドキもカワラナデシコも可愛いですね。
アカシジミやサンコウチョウを撮られていてすごいです。
カイツブリの雛が無事孵って、ちゃんと育つといいですね。

No title

こんばんは。

私のほうは、まだ5月末の観察記事が残っていますが、画像の移動に時間がかかり、一日分の画像が半日以上もかかっているのでなかなか更新できずにいます。
ウメモドキの小さい花を雄花・雌花ともうまく撮りましたね。 その違いがよくわかります。
カワラナデシコの自生も見られるのですね!
後ろ向きでも正面から見た様子を思い出しながら見ています。
アカシジミにも会いましたか。
木津が増えていたようで複数との出会いは良かったですね!
シオカラトンボはこちらでも出始めましたが山サナエにはまだ会っていません。
代わりにコオニヤンマに会いました。

カイツブリの巣もあるのですね。
そればかりでなく、サンコウチョウの巣がこんな近くで見られるのですか。
ちょうど卵を温めているところですね。
そちらではカラスは少ないですか? 長くカメラを向けて観察しているとカラスが気付いて巣が襲われることがあるそうです。
孵化してから巣立ちまで楽しみですね。

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
この森ではここ数年サンコウチョウが子育てをしています。巣は概ねこの周辺で毎年少しづつ場所が変わっています。今年は見つけにくいところに営巣しました。何と見つけることができました。
カイツブリは時々親が巣を離れることがあるようです。今年も無事に雛がかえったということを聞きました。
体調がすぐれないというのは心配ですね。たかが自然観察、無理をなさらないようにしてください。
そうですか、そちらでもアカシジミが6月に入って飛び始めたのですね。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
アカシジミはここ数年姿を見せてくれなかったので全く期待していなかったのですが突然目の前にきて止まりその後も数頭が姿を見せてくれました。少々うれしい驚きでした。
サンコウチョウはここ数年ほぼ同じエリアで子育てをしています。今年は見つけにくいところに巣を作りましたが何とか見つける事が出来ました。
どうやらカイツブリは無事に雛がかえったようです。

No title

田舎のオヤジさん
コメントありがとうございます。
私のノートPCが動きが遅くて悩んでいます。メインのディスクトップは買い替えたばかりなので順調に動いています。
このカワラナデシコは多分この公園が20年以上前に開園したときに植栽されたのではないかなと思っています。
アカシジミはうれしい驚きでした。数年前に同じように見ることができたウラナミアカシジミもこうなるといいがなと思っています。
コオニヤンマにはまだ出会っていないです。
サンコウチョウはここ数年少しづつ場所を変えながら毎年同じエリアで子育てをしています。今年は見つけにくいところに巣作りをしましたが、何とか見つける事が出来ました。カラスは特に多いとは感じませんが姿は良く見かけます。

こんにちは

ウメモドキの花が咲いているのですね~
今年はまだ見に行っていませんでした。

サンコウチョウの巣ってこんな感じなのですか~
木にぶら下がっているのかと思っていましたが、巣の外壁?もおしゃれですね。
毎年見る池でのカイツブリの子育てを今年はまだ見ていません。
鳥達の子育ても大変ですね~
そして、カメラマンさん達も一日中お忙しそうです。(^^♪

RE:こんにちは

徒然散歩さん
コメントありがとうございます。
ウメモドキの花は小さいので近くに寄らないと良く見えませんですね。でも近くで見るとなかなかきれい。うまい具合に雌雄の花を撮ることができました。
サンコウチョウの巣は私も昨年まで見たのはぶら下がっているタイプでした。今年のタイプは小枝の上に作ってありますね。その場所などの様子によって違ってくるのでしょうか。
鳥を専門に追いかけている人にはかないません。この森でも沢山います。鳥を追いかけてアッチへ集団で移動、コッチへ移動しています。

こんばんは♪

カワラナデシコがもう咲いてましたか!ちょっと早すぎですよね。
ププ、うろつき型の蜘蛛だすか、表現が面白いです。

あらあら、アカシジミさん!トミさんに紹介してもらいたかったのかしら^ ^
カイツブリは、卵を放ったらかして何処へ行ったのでしょう⁇

No title

ウメモドキの花はなかなかこんなにハッキリ見る事が出来ませんが、けっこうきれいな花をつけるのですね!
サンコウチョウの巣ってこういう風なんですね。
営巣の写真は初めて見ました。
クララもウツボグサも今年は観ずじまいになりそうです。
段々出かける機会が減りました。

羨ましい♪

今回の記事の内容\(^o^)/
アカシジミ♪カイツブリの巣♪そして真打はサンコウチョウの抱卵\(^o^)/なんと羨ましいことか😍
いいですね~!特にサンコウチョウの巣の場所が熊の恐れもないようで誠に羨ましい♪
今年は北海道から長野県まで(北海道はヒグマで物凄く危険ですが)熊による人的被害が多く私のサンコウチョウのエリアにも熊が歩き回っているので一人で撮影に入れないでいます。爆竹を鳴らして熊スプレーで武装していくと少しはいいのでしょうがそれだとサンコウチョウに悪影響を与えて逃げてしまうでしょうし・・・全く困ったものです!

RE:こんばんは♪

美風さん
コメントありがとうございます。
秋の七草も早めに咲きだすのがありますね。このカワラナデシコ、キキョウもハギももう咲きだしているのを見ます。
クモも色々なタイプがあるようで、私の命名ですが、うろつき型、待ち伏せ型(きれいな花で待っている)。
カイツブリは時々は腹が減るのか、抱卵に飽きるのか巣を留守にすることがあります。でも今年も無事に雛がかえったようです。

No title

hareka さん
コメントありがとうございます。
ウメモドキの花は小さいので近くによって見ないと見えませんですね。よく見ると花は色も形もなかなかきれいだなと思います。
サンコウチョウの巣は昨年まで見たのは枝にぶら下がるタイプの巣でした。今年は枝の上に作っていますね。個性なのか周りの状況なのか分かりませんが。

No title

風の谷の鰍 さん
コメントありがとうございます。
アカシジミはここ数年この森では見られなかったのですが、今年はどういう訳か、この日だけでも数頭の蝶が姿を見せてくれました。ついでにウラナミアカシジミも登場してくれると良かったのですが。
サンコウチョウはここ数年毎年ほぼ同じエリアで子育てをしています。今年は非常に見難いところに作ったので私のデジカメではなかなかアップで撮れなかった。人の「ふんどし」で相撲を取ったようなものです。
そうですね。熊の心配は全くありません。
時々北国の方から熊にまつわる悲惨なニュースが聞こえてきますね。風の谷の鰍さんのこと、十分に注意をしているとは思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ