fc2ブログ

記事一覧

シャシャンボの実・スミレ・ツルグミの花・アオマツムシ・ホシホウジャク・ジョウビタキー11月中旬:鵜沼の森

最近は色々と重なって、ブログの進行が遅くなってしまっています。今日はまだ11月中旬の鵜沼の森の記事です。時間を少し戻して見てください。2回に分けてアップします。今日は「その1」です。


御嶽山と乗鞍岳
1.御嶽山と乗鞍岳231117鵜沼の森 (8)
いつも歩いている散歩コースの途中にこのような景色を見るところがあります。天気がいい日でした。右が御嶽山で左が乗鞍岳。この時期としてはまだ雪が少ないですね。



ウメモドキの実
2.ウメモドキの実231112鵜沼 の森(33)
ウメモドキの木は何か所かありますが、日当たりの良い場所の木には赤い実がいっぱい。


コバノガマズミの実
2-3.コバノガマズミの実231115鵜沼休耕田 (10)
コバノガマズミも日当たりが良い場所では御覧のような実成。



サルトリリバラの実
2-4.サルトリイバラの実231115鵜沼休耕田 (24)
これも少し高い所まで巻き付いて登った木。下から撮りました。なのでこれも日当たりが良いですね。



シャシャンボの実
2-5.シャシャンボの実211129鵜沼の森
この時期ツツジ科のシャシャンボの実が色づいています。黒くなった実は美味しいですよ。花は同じツツジ科のドウダンツツジのような花で下を向いて咲きます。


シャシャンボの実
2-6.シャシャンボの実220108自然遺産の森
実の先端には萼片の痕が残っていて、花形に見えます。沢山採れればジャムにすることもできます。



スミレ
2-7.スミレ231112鵜沼 の森(29)
スミレ科のスミレが舗装道路に沿って長い距離ポツポツと咲いていて今年の秋の異常な気候を感じました。



センニンソウの白い綿毛
2-8.センニンソウの白い毛231115鵜沼休耕田 (48)
センニンソウが沢山咲くと秋の1時期このような面白い光景を見せてくれます。この白い綿毛が仙人のヒゲに見える事からの名前のようです。



ツルグミ
3.ツルグミの花231114鵜沼の森 (19)
ここは私の頭の真上、約7~8mくらいの高さです。そこまでツルグミが大きな木を登って行って花を咲かせています。



ツルグミの花
3-2.ツルグミ231112鵜沼 の森(51)
やはり高いところは日当たりが良いのか花が沢山咲いています。長年ここを通っているのですが、今まで気が付きませんでした。やはりツル性植物は強いですね。



ツルグミの花
3-3.ツルグミ231112鵜沼 の森(56)
知っている限りではあまり実成が良くない木なので、この場所では実成はどうか楽しみです。最も実が生っても皆野鳥のお腹の中に入ること間違いないですが、それも良しとします。



ノブドウの実
3-4.ノブドウの実231115鵜沼休耕田 (35)
色々な色のノブドウの実が沢山生っている株がありました。きれいですね。



モチツツジの帰り花
3-5.モチツツジの帰り花231115鵜沼休耕田 (50)
モチツツジは良く季節外れの花を咲かせます。この花はきれいに2つ咲いていたのでついシャッターを。



アオマツムシ
4.アオマツムシ231115鵜沼休耕田 (25)
アオマツムシがアカメガシワの葉に。よく見ると産卵管が見えます。雌ですね。アカメガシワの葉に小さな穴が開いているのを見た事がありませんか。あの小さな穴の多くはアオマツムシの食痕です。この葉にも1つ穴が見えますが、このアオマツムシが食べた?



ナミアゲハ幼虫
4-2.ナミアゲハ幼虫231117鵜沼の森 (1)
さてこの幼虫はこれから蛹になって冬を越すのだろうな。



ホシホウジャク
4-3.ホシホウジャク231115鵜沼休耕田 (42)
この秋はホシホウジャクがホバリングしながら吸蜜しているところを沢山見ました。まだいたのですね。と言ってもホバリングしているのではなくて休んでいる所。ホバリング中の姿とは随分と違います。



ジョウビタキ雌
5.ジョウビタキ雌231117鵜沼の森 (30)
住宅地の中を歩いていたら或るお宅にジョウビタキが飛んできて庭木に止まった。これが私のこの秋のジョウビタキ初撮りです。



ジョウビタキ雌
5-2.ジョウビタキ雌231117鵜沼の森 (32)
長い間動かなかったので近づいて何枚か撮りました。


今日の記事は終わります。
最後までお付き合い有難うございました。
次回はこの続きです。










スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

そちらでは草木の実の生りがいいようですね。
どれを見せていただいても実だくさんで楽しめます。
ツルグミは出会いがありませんが、この花もいいものです。
ホシホウジャクは飛んでいるところを見るのがほとんど。
こうして止まっている姿はまるで別物のように見えますね。
ジョウビタキのメスに会いましたか。
これからしばらく楽しませてくれますね。

No title

こちらにはツルグミはないですが、先日トミさんがそちらではツルグミが多いとおっしゃっていましたね。
馬modokiはマイフィールドにもあるのですが最近日当たりが悪くなって全く実を見ることもなくなりました。やっぱりこういったsyク物は日当たりが大事ですね!
アオマツムシやアゲハの幼虫よく見つかりましたね。アオマツムシはいつも声はすれども状態です。
ホシホウジャクの静止は昔一回撮ったことがあるきりです。

こんばんは♪

森にはいろんな実が生っていますね。
鳥さんたちの嬉しい季節・・でも12月になれば食糧難?
私も二日ほど前に今年初のジョウビタキの雄を見ましたよ!
ダイニングの目の前に居たのですが、カメラを撮りに行ってる間に飛んで行ってしまいました。残念。。

帰り花でよく咲くのはモチツツジなんですね。
ツツジ類ではこれだけなのかなぁ。

No title

御嶽山と乗鞍岳が間近に眺められるのはうらやましい。
いろんな実が見られましたね。ツルグミは蕾は見たのですが、今年は花の時期には見に行けなかったです。
ジョウビタキ♀は可愛いくて、会えるとうれしい小鳥ですね。

こんばんは

雪化粧した御嶽山と乗鞍岳の風景がきれいですね~
シャシャンボの実って食べられるのですね~。今度公園で見つけたら一粒いただいてみます。
センニンソウのお髭はアップで撮るときれいですが、先日きれいな花がいっぱい咲いていました。
ホバリングしながら蜜を吸っているのはホシホウジャクと言う名の蛾の仲間だったのですね~(名前を知りませんでした)
休んでいる写真だけではまったく分かりませんね。
今年は千両の実がつかず鳥がまったく来ませんが、コムラサキの実を食べにジョウビタキのお嬢さんが来たのに気がついた時は飛んでいってしまいました。
(モデル料代わりの実をだまって食べられてしまいました~\(^o^)/)

No title

田舎のオヤジ さん
コメント欄は閉じてあります。
今回は実成の良いのばかり集めました。同じ樹種でも場所によって実成は違って来ていました。
ツルグミは見当たりませんか。いつも花が咲くと実が生る季節を期待しているのですが。毎年我々より野鳥に先を越されてしまい我々の口には入りません。。
ホシホウジャクは飛んで居る時と止まっている時では同じ昆虫に見えませんですね。
ようやくこちらでも冬鳥がポツポツ姿を見せ始めました。田舎のオヤジさんのフィールドのように野鳥が見られるのを楽しみにしています。

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
やはりウメモドキもツルグミも日当たりが良い所では実生りも良いようですね。
アオマツムシは昼間アカメガシワの葉に止まっていました。もしかしたらこの葉を食事していてのかもしれません。ホシホウジャクも飛んでいる時と止まっているときとでは全く別の昆虫に見えますね。

No title

美風(mifu)さん
コメントありがとうございます。
そうですね、森の中の実も年を越す頃になると大分少なくなってくるでしょうね。
そうですか、そちらでもジョウビタキの姿を見るようになってきましたか。という私はこの秋以降まだジョウビタキの雄に会っていないです。
ツツジの仲間の返り咲きで多いのは1にモチツツジ、2にヤマツツジかな。この秋は今回アップしたスミレを初めとして色々な春の花を見ました。

No title

山が好き さん
コメントありがとうございます。
ここからの御嶽山と乗鞍岳の両方が見える景色は私のお気に入りです。少し場所を違えれば伊吹山も見えるのですがさすがに雪はほんの少しだけでした。
これから冬鳥が飛来してくるのが楽しみな季節になりました。カモたちはもう数としては沢山来ているのですが、森の中の鳥は少ないです。

No title

徒然散歩さん
コメントありがとうございます。
ここからの御嶽山と乗鞍岳の両方が見える景色は良いでしょう。私のお気に入りです。少し場所を変えれば伊吹山も見えるのですが、この時はまだ雪はあまり降っていなかったです。
先日、まだセンニンソウの花が咲いていたのですか。
このホシホウジャクの仲間は何種類かいますが一番多く出会うのはホシホウジャクかなと思います。飛んでいる時と止まっている時の姿は同じ昆虫とは思えないですね。
ジョウビタキのお嬢さんが食い逃げですか。せめてポーズをとって写真を撮らせてくれれば良かったのに・・ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ