fc2ブログ

記事一覧

サクラバハンノキ・ジロボウエンゴサク・フクジュソウ・ルリビタキ・トラツグミー2月上旬:自然遺産の森

最近の暖かさで季節はドンドン進んでいます。今日はまだ2月上旬の自然遺産の森で見た植物や野鳥たちです。少し季節を戻して御覧になってください。
2回に分けてアップします。今日は「その1」です。


冬の自然体験塾(自然遺産の森の管理棟)
1.冬の自然体験塾240202自然遺産の森 (30)
この地域の庄屋さんの家を移築してこの森の管理棟として使っています。中には囲炉裏や竈などもあり必要に応じて使うこともできます。



サクラバハンノキの雄花
2.サクラバハンノキの雄花240202自然遺産の森 (48)
この森にはハンノキ、ヤマハンノキと並んでサクラバハンノキもあります。サクラバハンノキの雄花はほぼハンノキと同じころ開花します。もう2月上旬ともなると盛んに花粉を飛ばしています。



サクラバハンノキの雄花
2-2.サクラバハンノキの雄花240202自然遺産の森 (100)
御覧のように花が開いています。葉が桜の葉に似ているのでサクラバハンノキ。



サクラバハンノキの雌花
2-3.サクラバハンノキの雌花240202自然遺産の森 (107)
ハンノキと同じように雄花の基に着きます。雌花もも開花していて受粉態勢に入っています。ハンノキと同じように湿地状の所に生えていますが、数は少なく準絶滅危惧種に指定されています。



サクラバハンノキの樹皮
2-4.サクラバハンノキの樹皮40202自然遺産の森 (47)
特徴的なのは樹皮。御覧のように白っぽくてハンノキのように縦に割れ目などはあまりできません。葉があるときには葉を見ると桜の葉に似ているので分かり易いです。



栗の冬芽
2-5.クリの「冬芽240202自然遺産の森 (98)
栗の木の頂芽です。




栗の冬芽
2-6.クリの「冬芽240202自然遺産の森 (100)
側芽です。栗の木は頂芽も側芽も栗の実に似ていますね。



ジロボウエンゴサクのロゼット
2-8.ジロボウエンゴサクのロゼット240202自然遺産の森 (43)
春に花が咲くジロボウエンゴサクの今の姿。ロゼットはこんな形です。花は面白くてきれいなので好きな花の1つです。



チチコグサのロゼット
2-9.チチコグサの「ロゼット240202自然遺産の森 (16)
やはり春に花が咲くチチコグサの今の姿。びっしりと地面を覆うように生えている場所がありました。



ヒメカンアオイ
3.ヒメカンアオイ240202自然遺産の森 (12)
この森のヒメカンオイも大分少なくなりました。先日、鵜沼の森のヒメカンアオイの花をアップしたので自然遺産の森ではどうかと思い、探しました。見つけたのですが、御覧のようにまだ蕾でした。



フクジュソウの花
3-2.フクジュソウの花240202自然遺産の森 (4)
この写真を撮ったのは2月2日。ようやく花が顔を出し始めたところです。。



フクジュソウの花
3-3.フクジュソウの花240202自然遺産の森 (5)
もう一株開き始めた花を見付けました。



ルリビタキ
4.ルリビタキ240202自然遺産の森 (47)
森の中の湿地状の所に野鳥が良く集まる場所があります。そこへ行ったらバーダーさんが5~6人カメラを構えていました。私も仲間に入った。まもなくルリビタキの雄が現れた。



ルリビタキが
4-2.ルリビタキ240202自然遺産の森 (63)
小枝に飛び乗った。やはりきれいですね。



ルリビタキ
4-3.ルリビタキ240202自然遺産の森 (66)
このルリビタキはしばらくあっちへウロウロこちへウロウロしていました。



トラツグミ
4-4.トラツグミ240202自然遺産の森 (57)
まもなくしてトラツグミの登場です。トラツグミはこちらの眼が慣れるまでは自然に溶けこんで見難いですね。でも1度見分けがつくと動きがゆっくりなので写真は撮り易い。



トラツグミ
4-4.トラツグミ240202自然遺産の森 (72)
このトラツグミもしばらくあっちこっちうろついて楽しませてくれました。



トラツグミ
4-5.トラツグミ240202自然遺産の森 (77)



トラツグミ
4-6.トラツグミ240202自然遺産の森 (81)




トラツグミとシロハラ
4-7.シロハラとトラツグミ240202自然遺産の森 (65)
シロハラもうろついていましたが、皆さんあまりシロハラにはカメラを向けていなかった。この日、バーダーさんに聞くとミソサザイもいるとのことでしたが私はしばらく待っていたのですが、私がいるときにはミソサザイは姿を見せてくれなかった。



今日の記事は終わります。
最後までお付き合い有難うございました。
次回はこの続きです。

スポンサーサイト



コメント

No title

綺麗な青色のルリビタキ素敵ですね!
今年はとうとうルリビタクには会わずじまいで終わりそうです。シロハラもまだ撮っていないんです。今年はシロハラはかなり例年より少なくて、何時もよく取っていた場所には来なかったです。
トラツグミに至ってはここ数年あってないです。
良いな~!

こんばんは♪

栗の冬芽・・あらホント!栗の実そっくりですね^^
春に咲く花の葉もロゼット状で頑張っていますね。
我が家の福寿草も何回目かでやっと定着してくれたようで、黄色いお顔をのぞかせてくれました♪

わーぉ☆綺麗なルリビタキ!
バーダーさんの情報というか狙いはすごいですね。
でも根気がいりそう。。私は待ってられませーんww
トラツグミは全くの保護色ですこと^^

No title

サクラバハンノキって知らなかったです。
ルリビタキ♂とトラツグミが見られて良かったですね。ルリビタキには先日ようやく会えましたが、トラツグミはここ何年か見てないです。

No title

yasukoさん
コメントありがとうございます。
この冬はルリビタキに出会うことも少ないです。最低1冬に1度はルリビタキの雌雄に会いたいと思っていたので何とか出会いがありました。トラツグミも例年ですと鵜沼の森でも会えるのですが、今年はこの1回で終わりそうです。
シロハラは鵜沼の森周辺でも春の終わりになってポツポツ姿を見る事が出来るようになってきました。

RE:こんばんは♪

美風(mifu)さん
コメントありがとうございます。
栗の木の冬芽、栗の実にそっくりでしょう、覚えやすいです。
庭にフクジュソウですか、良いですね。そぅですか。美風さんのような方でもフクジュソウを定着させるのはそう簡単ではないのですね。
ルリビタキ、きれいで可愛いですね。私もバーダーさんのようにジッと長い時間野鳥を待つというのは苦手。トラツグミは眼に入ると良く見えるのですが、探していると時には周りに溶け込んで見つけるのが大変です。保護色とはうまくできていますね。

No title

山が好きさん
コメントありがとうございます。
サクラバハンノキは特に目立つ樹木ではないです。そちらの地域にあるかどうか分かりませんが東海地方の湿地状の所には所々で生えています。
ルリビタキの雄にこの時出会えてよかったです。もしかしたら今シーズンはこの時の出会いだけかもしれません。トラツグミに出会っていないですか。まだ少しチャンスは残っているかもしれませんですよ。

こんにちは

昨日は暖かだったので、ジロボウエンゴサクの隣でセントウソウの小さな白い花がいっぱい咲いていました~
春だなぁ~と。
枯れ葉の中から、黄色いお花を見るとホッコリしますね~

やっぱりルリビタキはきれいです~
こんなにきれいに撮れると飛び上がって喜んでご機嫌ルンルンですね(^^♪
今年はトラツグミにまだ出会っていません!
枯れ葉をゴソゴソひっかきまわす様子が楽しいですよね。

No title

こんにちは。

サクラバハンノキという木は馴染みがありませんが花の様子はハンノキと同じようですね。
野草のロゼットの様子に開き始めたフクジュソウなども観察でき、この後の成長が楽しみでしょう。
ルリビタキのオスやトラツグミ、シロハラまで見られましたか。
ミソサザイもいるそうで、会う楽しみが増えましたね。

憧れのルリビタキ♫

こんにちは(^^♪
ハンノキの種類がこれだけあったのですか😱
「ハンノキ」という一種だと思っていました。
勉強になります🙏(^^♪

ルリビタキ🤩いいな~♪
まだ出会いのない野鳥!岩手でも見られなかったのだからと思っていたら地元のバーダーさんに連休の頃に函館山で見られると聞き小躍りしました。
渡りの途中で立ち寄るのだそうです!

昨日の寒さの中、オオコノハズクのいる洞の前で地元のバーダーさんから話を訊いて内に寒気がしてまた風邪を引いたようです😰
薬を飲んでまた横になります!

RE:こんにちは

徒然散歩さん
コメントありがとうございます。
え~、もうセントウソウですか。やはりそちらは暖かいですね。暖かい冬とは言えこちらでは身近な所にはないですが、セントウソウはまだ開花していないと思います。
ルリビタキの特に雄はきれいですね。この色を見るとやはら嬉しくなります。トラツグミにはこの冬出会いがないですか。最も私も出会いはこの場所だけですが。見付ければ動きがゆっくりなので写真を撮るのは容易いですね。

No title

田舎のオヤジさん
コメントありがとうございます。
サクラバハンノキは準絶滅危惧種になっているので自生しているところはある程度限られているのでしょうね。東海地方の湿地状の所では時々見かけます。
花はハンノキに雄花も雌花も似ていますね。
この時は残念ながらミソサザイには出会わなかったです。

RE:憧れのルリビタキ♫

風の谷の鰍 さん
コメントありがとうございます。
そうですね、ハンノキの仲間はブログで取り上げた以外にもあります。我が地方ではケヤマハンノキなどという種類も自生しています。
そうですか、風の谷の鰍さんはまだ幸せの青い鳥のルリビタキの雄にまだ出会っていないですか。それは残念ですね。この冬はこのルリビタキも飛来数が少ないです。連休の頃に函館で見られるのですか。初めて聞きました。それは楽しみですね。
年をとると1度引いた風邪はなかなか治らないですね。まして故郷とはいえまだ環境に慣れていない地での生活。無理をせずにゆっくりと治してください。

こんにちは♪

にわかに暖かくなったと思ったら、また雪で・・・
三寒四温の始まりでしょうか。。。
晴れ舞台のその時をじっと待っている 野山の花木たちは健気ですね。
自然の中の福寿草の姿・・・気品が漂っていて素敵です。
そこを訪れた人しか見られないというのも、勿体ないような、、、
サクラバハンノキの雄花・・・お隣の国に居た頃、これと似たような棒状の焼き菓子を 
歩きながら食べている人たちをよく見ましたよ。長さは15センチぐらいでした。
ルリビタキの衣装・・・素敵な瑠璃色がお洒落で人目を惹きますね。(^^♪

RE:こんにちは♪

ささにしきさん
コメントありがとうございます。
そうですね、春へ向けて3寒4温なのでしょうが、今年はその温かさと寒さが激しいですね。でも1歩1歩春への歩みが進んでいるのは感じます。
フクジュソウの黄色は見ると元気が出てくる色ですね。この森のフクジュソウは森を訪れた人の多くが通る所に咲いているので見て写真に撮る人は多いです。
サクラバハンノキの雄花に似た焼き菓子、何でしょうか。私も見て食べてみたいです。
ルリビタキの雄、きれいでしょう。人気のある冬鳥で人呼んで「幸せの青い鳥」、でもこの冬は飛来数が少なかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ