fc2ブログ

記事一覧

ヘビノボラズの紅葉と赤い実・シデコブシの花芽・サクラバハンノキの花芽ー12・25築水の森自然観察会





12月25日クリスマスの日の観察会。天気は上々。常連ばかりだったので、自分の興味を中心に観察し、他の人と情報交換しながらわいわいと楽しい観察会になった。もう少し野鳥が見られるかと思ったが思いのほか少なかった。ベニマシコ、ヤマガラ、ホオジロ、メジロ、シジュウカラ。池でオシドリの雄と雌が4~5羽、カルガモなど。暖かい場所ではモンゴリナラがまだ少し緑の葉をつけ、黄葉がきれいでした。ハルリンドウの芽が少なく、来春の花は少ないのだろうか。ヌメリイグチやカキシメジが沢山出ていた。

写真
1.ヘビノボラズの紅葉 湿地に生えるこの小さな木は春の花は黄色でかわいらしく、秋~冬の紅葉
            がまたとてもきれい。そして実がまた美しい。しかし格言のようにトゲが
            ある。

2.ヘビノボラズの赤い実 小さな赤い実が初冬の太陽に照らされて大変きれい。中々難しい木で
            こうした自然の湿地でしか生きられない。

3.シデコブシの花芽  この木も湿地でしか生きられない。今年の春はシデコブシの花は少なかった
            ように思います。今何本かの木には沢山の花芽がついている。来年の春は
            沢山の花を見ることが出来そうだ。

4.サクラバハンノキの花芽 やはり湿地特有の植物。大きくなる木ですが、花は地味。長く垂れ下がっ
            たのが雄花。そして小さくツンと上を向いているのが雌花。早春に花は咲くが
            風媒花特有で目立ちません。興味を持っている人しか花とは気がつかない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ