fc2ブログ

記事一覧

ルリタテハ幼虫・コムラサキー6月初旬:自然遺産の森

6月初旬、自然遺産の森を散策した時の虫等です。
 
ルリタテハ幼虫(若齢)

サルトリイバラの葉裏にいる。まだ若齢幼虫
 
 
ルリタテハ幼虫(終齢?)

この位になると迫力がある。今の時期に食べるのは殆どサルトリイバラの柔らかい葉。秋になるとホトトギスの葉等も食べる。これはそろそろ終齢か?
 
 
コムラサキ

少し高い所に止まったので全部の翅を写せなかった。この木は食草のヤナギ。
 
 
マイマイガの幼虫

バラ科、ブナ科等の多くの種類の葉を食べる。マイマイガの幼虫
 
 
モノサシトンボ

イトトンボの中では比較的大きい。水辺からでて森陰等で生息している事が多い。
 
 
ヤマトシリアゲ

シリアゲムシ科。初夏に出てくるのはご覧の様に体が黒い。夏の終わりに出てくるのはベッコウ色。それでベッコウシリアゲとも言われて別の種類として取り扱われていたが同じ種であることがはっきりした。雄はこの様に尻をあげる。
 
 
ウシガエルのオタマジャクシとクロイロトンボ

ウシガエルのオタマジャクシの大きいこと。左のコオホネの葉の上に止まっているのはクロイトトンボ(雄)随分と大きさが違うな。
 
 
ミヤマセセリの幼虫

ヤマノイモの葉を切って、折って巣にしている。ミヤマセセリの幼虫。これはまだ体が小さいのだろう、巣も小さい。体が大きくなるともう少し大きいのに作り変える。人間のようだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

春に越冬したルリタテハを見ました。彼らの母親でしょうか。
あんなに美しい蝶も、子供のころはこんなにトゲトゲだなんて・・・
超の世界も大変ですね(*^_^*)

No title

ミヤマセセリの幼虫の巣面白いですね。うちのあたりにはいないのでまだこういうの見た事がないです。☆☆☆
このところ雨がおおくて昆虫はさっぱりです。

No title

いろんな昆虫の生態、いつもありがとうございます。
ひと目見て何の幼虫だか判ったら面白いだろうなぁ。
ルリタテハがこんな姿だったなんて思いもしませんでした。

ぽち

No title

サンゴロウさん
そうかも知れません。冬越しをした成虫の蝶が卵を産んで孵化して幼虫になってそして今サルトリイバラの葉を食べている。のでしょうね。終齢になるとギョットする様なトゲトゲの姿になりますが特に毒はない様です。

No title

ヤスコさん
1度この巣から出て私達が近づいて振動を与えたら急いで幼虫がこの巣の中に入っていくのを見ました。面白かったです。
確かに今年の梅雨は梅雨らしい梅雨で雨や曇りの日が多いですね。ポチ有難うございます。

No title

maroさん
本当に昆虫は幼虫時代と成虫になってからの変化が大きい事が多いですね。きれいなルリタテハの幼虫がトゲトゲ。知らないとびっくりして思わず手を引っ込めてしまいます。ポチ有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ