fc2ブログ

記事一覧

春の七草を探そうー1・08自然体験塾

 1月8日は毎月定例の各務原市の「自然体験塾」が自然遺産の森でありました。1月7日には1日遅れましたが「春の七草を探そう」がテーマ。
寒い朝でしたが、風は無く日が昇ると暖かくなって、野原を野草を探すには良い日和となりました。
 
 
春の七草の見本

セリ、ナズナ、オ(ゴ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ(写真を撮った時にはスズナとスズシロが順番が違って置いてある)の七つを写真右から順番に並べた。
 
 
春の七草の見本

写真はセりとナズナとオ(ゴ)ギョウ。見本にするのは前日までに他の所で探して集めておいた。
合わせて春になるとこんな花がそれぞれ咲くと言う花の写真を並べた。
 
 
春の七草の見本

右からハコベ、ホトケノザ。スズシロ(大根)とスズナ(蕪)は買って来た。
 
 
春の七草の説明

春の七草の歴史的由来や意味合い、その効能等を説明。
また、それぞれの野草としての特徴等を少し勉強してもらった。
今日は七草だけでなく、昔の人は野の草を色々と食べていたのでこの森の中にどんな食べられる野草が生えているのかも合わせて探してもらう。
そして出発。
 
 
七草探し

この小さな小川にセリが生えている。オランダガラシ(クレソン)も生えているので両方とも少しづつ摘んだ。
 
 
七草探し

これはハコベを採っている所かな?。
 
 
食べられる野草探し

皆さんエッと思われる様なものも食べられると知ってびっくり。
小さな子供さんも結構一緒に色々な草を摘んでいた。
 
 
小さな春を見つけた

皆で野原を探しているうちにフキノトウが顔を出しているのを見つけた。
ここは日当たりが良い所。寒に入ったばかりだが春が顔を出した。
 
 
七草や野草を摘んで集めた

集める事が出来た七草:セリ・オギョウ(ハハコグサ)、ハコベ。残念ながら
 ナズナはなかった。ホトケノザはやはり田んぼがないのでここでは無理。
食べられる野草:タンポポ、ヨモギ、スイバ、ギシギシ、カキドウシ、タ ネツケバナ、フキノトウ、アザミ、オオバコ、カラスノエンドウ、等
 
 
お粥

自然体験塾の建物に戻って。
2人の女性に手伝ってもらって皆で七草を探している間にお粥を作って貰っていた。皆で集めた七草他の野草は最後に適当な量を細かく切ってお粥の中に入れた。
 
 
七草がゆの御馳走

囲炉裏を囲んで私達も含めて一緒に御馳走。皆良く食べた。作ったお粥はおお代りをして皆きれいに平らげた。
楽しい冬の1日でした。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

自分で収穫した七草をいろりで炊いて食べるのはさぞかし美味しい事でしょう。こういう体験が日常にもっとあればいいのにと思います。

No title

やはりこちらでもホトケノザ(コオニタビラコ)は
見つかりませんでした。MF近くの神饌田が住宅になり
絶滅してしまったのです。
自然の中で日本の伝統行事七草を摘むことも難しくなってきました。
若いママさんや子供たちの為にもぜひ続けてほしいイベントです♪
~ぽち☆~

No title

七草をさがしてお粥をいただくところまで完璧ですね。
大根と株はやっぱりお店のを買ってこないとだめですが他のが全部見つけられるなんて良いところですね最近は田んぼが減っていわゆる田んぼ雑草はどんどん減ってしまってます。春の七草も遠くなってしまいましたね。☆☆☆

No title

こういう所で食べた七草粥は美味しいでしょうね。
貴重な体験です。
私も子供の頃にこういうことをやっておけば良かった。
最近は七草を探すのも容易では無くなってきました。
七草をスーパーで買ってしまった私は、なんだか悲しいです(笑)

No title

自分たちで七草を探して、粥を作って食べるなんていいですね。
私も七草ぜんぶ知っているかな?と問うと自信がないです。
食べるものですから、しっかり覚えないと危険ですので、
トミさんの行事に参加したいくらいです。

No title

こんな体験が出来る子供たちは幸せですね、大人もですが!
うちでもスーパーで売られていた七草を入れて粥を食べました。
ホウレンソウのような匂いがしましたが、どの草の匂いかしら?

No title

かもめ荘さん
勿論スズシロ(大根)とスズナ(蕪)はスーパーで買って来たものですが他は野から採ったものを入れました。料理をして頂いた女性の腕前も良くて美味しく出来ました。

No title

楓子さん
コオニタビラコなんて昔は田んぼが何処にでもあり、農薬もあまり使っていなかったので沢山採れたのでしょうね。それに少し苦労したのがこの時期のハハコグサを見つけて採る事でした。色々と時代によって野草も変わってくる。
参加した親子皆さん喜んで頂いた様です。腹いっぱい食べたお父さんもいました。ポチ有難うございます。

No title

ヤスコさん
その通りで、色々と環境も変わってくるので七草も簡単には集められなくなりました。田んぼが近くにないのでコオニタビラコがこの森にはない。またナズナを見つけるのも中々大変です。その内現代の七草なんて言うのを考えなければならなくなる?ポチ有難うございます。

No title

サンゴロウさん
コメント有難うございます。おっしゃる通りにこの森でも集められるのは3種類のみでした。事前に他の田んぼから集めておいたり、大根や蕪は買って来ました。こんな体験を今の親子も持ってほしいと思ったいます。

No title

mu~さん
昔は野に出て色々と野草を摘んで食べたのでしょうね。「君がため野に出でて若菜摘むわが衣でに~」なんて歌もあるに様に。そんなことも今の若い親子に知ってもらいたいと思いした。
意外と食べられる野草は沢山あるのです。でも同じ名前のホトケノザだけは気を付けないと。

No title

ちいさん
そうですかスーパーで買ってきてお粥にした。それでもこうした風習はやはり季節感があって良いのではないですか。ホウレンソウの匂い?。うーん良くわかりませんがナズナかな?

No title

自然塾いいですね~~
身近な植物を食べる。。自分の取ったものを食べる。。
ってすごい楽しい貴重な体験です。。

たちつぼもボランティアしていますが。。なかなか食べる。。という企画は通らないので。。

五感。。舌をつかうのも大事ですよね!
自然のものを食べて。。参加者の皆さん元気で過ごせそう。。

ぽち☆

No title

たちつぼさん
今は何でもスーパー等で買う事ができますが、身近な所にもラベル事ができる植物が生えていて昔の人はそれを摘んで食べていた。という事を体験することも良いのかなと思いますね。
参加者の方は皆楽しそうでした。あるお父さんは4杯もおかわりしました。お陰で鍋の中は空っぽになりました。ポチ有難うございます。

No title

ハハコグサがオギョウでコオニタビラコがホトケノザであることも野草に興味を持つまでは知りませんでした。春の七草といっても知らない人が多くなりましたが、こんな自然塾があるといいな。
春を告げるフキノトウが嬉しいですね、、、ぽち

No title

maroさん
昔の名前と今の名前が違っていますので分かりませんですよね。その上、ホトケノザも牧野博士がそうだろうと言っているのでそうなのかなと思いますが。昔のホトケノザが今のコオニタビラコって本当なのかななんて思う事もあります。
時代とともにこうした風習も段々亡くなっていくのかな?でも今は商魂たくましいので春の七草セットとして売っているのでいましばらくはこの風習も続くかな。ポチ有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ