fc2ブログ

記事一覧

スルガテンナンショウ・ミミナグサー4月中旬自然遺産の森

前回に続いて、100回目の定例観察会とその下見の時に観察したもの。今回は野草その1です。
春本番を迎えて山野の野草も色々と咲いています。
 
 
スルガテンナンショウ

サトイモ科テンナンショウ属。マムシグサの仲間。東海地方のみに生息する。
駿河の国で見つけられたからの名前とか。
 
 
スルガテンナンショウ

仏炎苞をあげて覗いて見ると大きな玉の様なものが見える。
この花軸の先端の付属体が玉状で大きいことがスルガテンナンショウの特徴。
この辺の里山で時々出会う。
 
 
キランソウ

珍しい花ではないが、この目だつ紫色の花が春を呼ぶ。
それとも地獄が呼んでいるのか?。別名「地獄の釜の蓋」
 
 
オランダミミナグサ

これも道端であろうが山野であろうが至る所に勢力を伸ばしている。
外来種。次の花との比較でアップした。
 
 
ミミナグサ

こちらが在来のミミナグサ。オランダミミナグサに追われて今では少数派になっている。時々見かけるとホットする。こちらは茎や萼が紫色の場合が多い。
花柄がオランダより少し長く花はまばらにつく。
 
 
フキノトウの雄花の今

早春に春を呼ぶフキノトウ。雄株と雌株が別。蕾→開花して間もない頃はあまり違いはないが今は大分違ってきている。
これは雄花。雄花は花粉を飛ばし終わるともう用はない。だから枯れる。
 
 
フキノトウの雌花

受粉した雌花にはこれから大きな仕事が待っている。種子を作り花茎を伸ばし
て遠くへ飛ばさなければならない。今はこれだけ伸びてきた。
 
 
タチイヌノフグリ

オオイヌノフグリと同じゴマノハグサ科クワガタソウ属
今でもオオイヌノフグリは目立つが春本番ともなると花の小さいこのタチイヌノフグリも良く目立つようになってきた。
 
 
タチイヌノフグリ

やはり外来種。在来のイヌノフグリは絶滅危惧種に指定されてしまった。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

タチイヌノフグリやオオイヌノフグリ、オランダミミナグサ、
外来種はどこでも元気ですね。
在来種が見られなくなるのは寂しいです。
スルガテンナンショウがこの土地でいつまでも安泰でありますように♪

No title

今晩は
スルガテンナンショウは初めて見たように思いますが、山野草自生地でウラシマソウを撮って来たので後日にアップします。
キランソウは散歩の途中に時々見掛けるようです。
オランダミミナグサは、今何処にでも小さい花を咲かせています。
タチイヌノフグリはオオイヌノフグリより小さい花なので中々
見付けることが出来ません・・・
ポチっとです

No title

タチイヌノフグリの小さい花綺麗に撮れてますね!
スルガテンナンショウなこちらにはなくて見た事がないですが特徴良く分かりました。
ミミナグサはもう見る事ができないです。どこも街中は帰化植物ばかりです☆☆☆

No title

スルガテンナンショウの大きな玉、変わってますね~
テンナンショウ類もにょきにょき立ち上がってきましたが、
今年はミミガタテンナンショウばかりが目に付きます。
オランダミミナグサはいたる所にうじゃうじゃ咲いていますが、
在来のミミナグサはまったく見ません。ちょっと寂しい気もしますが。
ぽち

No title

駿河テンナンショウ・・・マムシグサとウラシマソウしか
しりませんでしたよ!!
やはり・・・毒草ですかね??

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ