fc2ブログ

記事一覧

身近な自然ー10月中旬の散歩道:ユキムシ

 私の散歩は団地の周りをまわっているバス道路や鵜沼の森が多いです。その散歩に出かける時にカメラ片手に出かける事が多い。今回はその時に撮ったものをアップします。10月中旬~10月24日にかけて撮りだめしたものです。バス道路際あり森の中ありで内容も色々と混在しています。
 
 
アシグロホウライタケ

真っ白できれいなキノコが歩道の土止めに使われている材木に生えていた。
 
 
アシグロホウライタケ

裏側は面白いシワ状。柄が黒い。
 
 
アレチウリ

バス道路沿いの林を覆う様に勢力を伸ばしている。今各地でこの駆除をする動きがある。ここにも入り込んできている。
 
 
アレチウリの花

ウリ科アレチウリ属。ツル性で秋に花を咲かせる。
 
 
アレチウリの実

果実はいかにも怖そうな感じで軟毛とトゲで包まれている。
皆さんの近くには入り込んでいないでしょうか。
 
 
イタヤカエデの紅葉

この辺の里山でも少しだけ紅葉が始まりました。イタヤカエデの紅葉。
 
 
ヌルデの紅葉

ヤマウルシ、ヤマハゼ、そしてこのヌルデの紅葉が始まりました。
 
 
ヌルデの実

ヌルデにもうしばらくの間こんな実が着いています。この白いもので包まれている実を口に入れると酸っぱくて塩辛い。これはリンゴ酸カルシウムという成分の様です。しかし塩分は含まれていない。昔、塩が高価な山奥ではこれを塩の代わりに使った地域もあると聞いたことがあります。今の時期、1度山の中で試してみてください。
私は先日なめました。説明の通りの味でした。
 
 
ヒヨドリジョウゴの花

花もきれいですが晩秋にオレンジ色になったこの実はきれいですね。
 
 
シジュウカラの食べ跡

シジュウカラ、エナガ、ヤマガラ等が混群で動き回っています。そんな混群に出会った。シジュウカラがアカマツのマツボックリをつついていた。そのうち1ヒラがヒラヒラと落ちてきた、手で受け取って見るとマツの種子を食べた跡。
何とも見事にきれいに種子だけを取り去ってたべるものだ。
 
 
マツの種子

ちなみの近くのマツボックリから種子を取り出してみるとご覧のよう。この種子の左の方の種子だけを切り取った様に食べる。器用なものだ。
 
 
ミツバアケビの実

今年はアケビの実成りが悪いと聞く。確かにあまり山の中で見かけない。
1か所だけ2つ3つ着いていた。
 
 
ムベの実

遠くの木にムベの実がなっている。
 
 
ユキムシ

そして早くもユキムシが飛んでいた。北国ではこの虫が飛び出すと雪が降るのも近いと言う話のようです。このへんでは雪の便りはまだまだ先。
これはアブラムシが秋に寄生する植物を移る時に翅が生えて飛ぶアブラムシの季節的な姿。
 
 
御嶽山の雪景色

とは言うものの遠くの山から雪だより。写真中央のやや上の方に写っているのが御嶽山。鵜沼の森の展望台から木曽川の遥か遠くの御嶽山はもう冠雪の景色。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

アレチウリも特定外来生物で駆除の対象なのですね。
東京MFの河川敷でも定期的な駆除作業が行われていますが
焼け石に水でちっとも減りません。

北国では【ゆきむし】が舞うと10日後位に雪が降るといわれています。

No title

今晩は
トミさんの家の周りを散歩しただけで,色々の野草に出合うこ
とが出来ますね。
古木には時々キノコが生えている所を見かけますね。
アレチウリは此方の方でも雑草地には繁殖力が強いので凄いで
すね。(アレチウリは雌雄異花のようですね
ヌルデの実は見た事はありませんが見ていても気が付かないだけでしょうか。
ヒヨドリジョウゴの花は散歩で時々見掛けブログでもアップしました。
鳥さん達は色々の種を上手に食べるようですね。
ミツバアケビの実やムベの実が生っていますね・・・
高い山は早くも雪景色のようですね。
~ナイスです!!

No title

アシグロホウライタケの裏の皺氏は和なんとも魅力的ですね。
山の中にもアリチウリが進入しているのですか!こちら河原のようなところではよくみましがまだそこまで入ってないような気がします。それにしてもものすごい繁殖力ですからうかうかはしていられませんねミツバアケビは事らでももうすぐぱっくり割れて美味しい実が食べられそうです。野鳥に先を越されるでしょうけどね。☆☆☆

No title

こんばんは、

今日もいい勉強をさせていただきました。ただ、この中のどのくらいが私の頭の中に残るかが心配です。物忘れのいい特技がでてきそうです。
雪虫はアブラムシの成虫でしたか、これも知らなかったです。
ナイス☆

No title

アレチウリは近くの川岸の林縁で多く見かけます。花は可愛いと思っていましたが駆除の対象なんですね。
ヌルデの実も多いですね。カラ類などの鳥さんたちが食べに来ます。
そういえば、大山でいつも見るアケビの実、今年は全く見かけません。
ユキムシって、アブラムシだったんですか、なんかガッカリしたような気分…笑

ナイス

No title

楓子さん
ユキムシの追加の説明有難うございます。北国ではユキムシの登場から10日と言われているのですか。そうすると北海道ではそろそろ雪の便りですね。

No title

ひまじんさん
沢山のコメント有難うございます。この団地は昔のマツタケ山だった里山を開発したもので周囲にはまだ里山としての自然が残っています。昔は思わなかったのですが今になっていい所に住み着いたなと思っています。ナイス有難うございます。

No title

ヤスコさん
アレリウリを最初に見たのは長良川の河畔でした。今はこんな里山を開発した所まで侵入してきています。すごい繁殖力ですね。アケビの実はやはりヤスコさんより野鳥に軍配があがりそうですね。ナイス有難うございます。

No title

田舎のオヤジさん
人間は忘れる動物である。なんて言葉はなかったですか。いつも自分にがっかりしない様に言い聞かせていることばです。田舎のオヤジさんのブログからもいつも色々と勉強させていただいています。
ナイス有難うございます。

No title

maroさん
植物の花はどれもきれいですよね。アレチウリは特定外来生物に指定されていますので各地で駆除が行われているようです。大山でもまりアケビの実を見かけませんか。こちらでも非常に今年は少ないです。昨年は沢山生りました。ユキムシは名前がいい名前とつけてもらいましたね。ナイス有難うございます。

No title

ムベの実、久しぶりに見せてもらいました。
これって食べれるのでしょうか?

もう雪虫発見ですね。
昔から、ユキムシが飛びだすともう直ぐ初雪が降るって言われてます。

No title

gotさん
ムベの実はアケビの実より少ないとですね。私も自然の中でムベを見るのは中々ありません。結構高い木に巻き付いて上の方で花が咲き、実をつけるので中々見る機会が少ないのかもしれません。ムベの実は食べる事ができるのですよ。アケビに似た甘い味がします。

No title

山で一番行こう様子るのはサクラ類次がハゼの仲間ですね。特にハゼの名かもの紅葉は綺麗ですね。ミツバアケビ今年は実つきが悪かったですか。こちらそういう事はなかったです。
山の中までアレチウリが進出してるというのは困った事ですね。
☆☆☆

No title

ヤスコさん
ミツバアケビんお実成りは地域によって差があるのですね。こちらの山は何処でも実成りが悪いです。アレチウリが河原や荒れ地ばかりでなく里山まで進出して来ています。困ったものです。ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ