fc2ブログ

記事一覧

ギフチョウの羽化準備ー3月中旬:ギフチョウクラブ

3月中旬、ギフチョウクラブの定例会の日にギフチョウ羽化への準備作業をした。
 
 
鵜沼の森の中の飼育小屋

これは各務原市の了解を得てギフチョウクラブが作った飼育小屋。
 
 
飼育小屋の中

飼育小屋の中には吸蜜植物のショウジョウバカマと食草のカンアオイを植えてある。そしてサナギを保管する箱を地中に埋めてある。
 
 
ショウジョウバカマ

羽化の準備作業にかかる3月中旬、丁度ショウジョウバカマも花を咲かせる。
 
 
皆でサナギのチェック

約10ヶ月間半地下に埋めておいた箱をとりだす。
 
 
箱の中のサナギ

地中に埋めておいたこの箱の中にサナギを保管していた。箱の手前に傷がある。埋めた時にはなかった。モグラかネズミか。一瞬緊張が走ったが
中のサナギには何も被害はなかった。
 
 
サナギ

昨年6月中旬、60頭のサナギを入れた。
こんな小さなサナギでも生きているサナギは微妙に重さがある。
54頭が生きていた。自然の中では1部しか生き残っていないはず。
 
 
サナギ

箱が白なのでサナギは黒く写ったがこげ茶色。
 
 
飼育小屋の中へ

飼育小屋の地上に15頭。小屋の中で羽化→産卵→孵化。
産卵後は森の中へ放つ。
 
 
森の中へ

昨年春、森の中から幼虫を採取したのでサナギの姿で森へ返す。森の中で羽化→産卵を期待する。
 
 
森の中へ

森の中の数か所に分けてサナギを置く。
 
 
森の中へ

森の中:ミズゴケの上にサナギを置きその上にミズゴケを掛けて更に枯れ葉をかける。
多分置いた殆どのサナギは羽化する。
 
 
里山

この様な冬枯れの時には林床に日が当たり初夏には木の葉が茂る雑木林。この様な里山の環境がいい。
 
 
我が家の羽化準備

羽化の観察をするため、7~8人がそれぞれ家にサナギを持って帰る。
こうした飼育箱の中で羽化させる。
 
 
飼育箱

羽化用の棒をたてて近くにサナギを置く。これで3月下旬には羽化すると思う。
羽化したチョウは吸蜜植物が家にないので森の飼育小屋へすぐに持っていく。
 
 
ギフチョウ・ウォッチング

毎年、市民の方我々の活動を理解してもらおうと森の中の市の図書館で説明会をし、間違いなく飼育小屋の中で羽化しているギフチョウを見てもらう。
その後、森の中へ行き自然に飛んでいるギフチョウを見てもらう。
森の中のギフチョウは勿論見る事ができることもあるし、出会わないこともある。
今年は4月6日。予約不要、無料。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは、

いい活動をなさっていますね。 数箇所に分けて羽化させる、素晴らしい試みです。

ミズゴケの使用ですか、これなら殺虫・雑菌処理されているでしょうから安心ですね。

またまた勉強させて頂きました。

ナイス☆

No title

こんにちは
ギフチョウの羽化準備がこの時期から、トミさん始めギフチョウクラブの皆さんで始められたんですね。
サナギの箱は10ヶ月間も半地下に埋めて居たんですね。
間もなく素晴らしく綺麗な姿で飛び廻るのでしょうね。
~ナイスです!!

No title

大変興味深く拝見しました。

こんな風にして育てられるのですね。

森の中で沢山飛んでいる姿が見られるといいですね。

ナイス!

当方のギフチョウがいる山への登山は4月14日に行われるようです。

No title

楽しそうですね~。
トミさんの家でも飼育されるのですね。
以前オオムラサキの幼虫をもらったのですが、羽化させることができませんでした(T_T)
鵜沼の森、行ってみたいなあ~
実家からならそう遠くないのに…
ナイスです!

No title

大変な努力をなさっているのですね。
無事に羽化して森の中いっぱいに美しい姿を見せてくれることを願っています。

ナイス

No title

楽しみですね、ギフチョウの羽化。
ギフチョウのさなぎは土の中で育つのですか、飼育箱の中の白く見えるのはみずこけですか?
今月末には羽化とのこと、アゲハチョウにていますが生体は全く違うのですね。
近くなら4月の観察会に行きたいです。

No title

坊っちゃんさん
表現が少し悪かったですね。ギフチョウのサナギは自然のなかでは石、枯れ木。枯れ葉などの陰で過ごすようです。ただ人間が約10ヶ月間生きて過ごしてむらうために発砲スチロールにミズゴケをひいてその上にサナギを置きます。その箱に穴をい開けて箱ごと半地中に埋めます。土の中の方が温度。湿度が安定しています。そのサナギを我が家に持ち帰って飼育箱の中に今入れてあります。我が家の飼育箱の中にもミズゴケを置いて羽化を待ちます。
もうそろそろではないかと子供でも生まれる様な心境で待っています。

No title

羽化がみられることを楽しみにしてます。

ナイス!!

私の近くの土手にもヒメホタルを保護され、
それを府に陳情されて、草を刈らないで欲しいと
毎年、ホタルの数を数えて府に報告されて
草刈りを待って貰って、たくさんのホタルが見られることを楽しみにしているのですよ。。

No title

田舎のオヤジさん
遅くなりました。我々の先生(亡くなりました)が色々と試行錯誤してサナギを6月から翌年の3月まで管理する方法を作り上げました。その1つがミズゲケを使う方法です。我々もそれを踏襲しています。
ナイス有難うございます。

No title

ひまじんさん
ギフチョウのサナギは発砲スチロールお箱にミズゴケを敷いてその中に入れておきます。その箱は半分土の中に入れて保管します。
3月後半には毎年羽化してきれいなチョウの姿を見せてくれます。
ナイス有難うございます。

No title

あんずさん
ギフチョウを羽化からサナギまで育てる方法そしてサナギを約10ヶ月間管理する方法を我々の先生(亡くなりました)が作り上げてくれました。3月下旬には毎年きれいなチョウを見る事ができます。
ナイス有難うございます。

No title

たんぽぽさん
昨年は鵜沼の森では沢山のギフチョウが羽化→幼虫になりました。今年は森の中で自然に羽化するチョウが沢山いるのではないかと期待しています。4月6日にはお待ちしています。

No title

ちんべさん
昨年森から採ってきた幼虫をサナギまで育てそれを今まで管理していました。2頭我が家にいます。上手く羽化してくれる事を期待しています。
ナイス有難うございます。

No title

maroさん
本当は我々クラブの人間は何もしないのが1番良いのですが。何もしないで毎年春になるとギフチョウが沢山飛ぶのをみているだけ。
次は最低限なにをしたらこの森からギフチョウがいなくならないのかと考えてやっています。
ナイス有難うございます。

No title

no koさん
本当は何もしないでギフチョウもホタルも見られるのが一番良いのですが、人間が色々とするのでその為に大きな影響を受ける生き物がいる。その生き物の為に最低限何をしたらいいのか。と考えながらギフチョウの保護活動をやっています。
ナイス有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ