fc2ブログ

記事一覧

マユミの実・シイタケの自然生え・ハクモクレンの帽子・ツルリンドウの実・フユイチゴー12月8日自然観察会

師走に入った12月8日に定例の「かかみ野自然観察会」をやりました。大勢の方に参加していただきました。この会には珍しく一組の小学生とその親の方も参加していただきました。朝は少々寒かったが、途中から暖かくなりこの季節にしては良い初冬の里山観察でした。




マユミの赤い実:やや暗い湿地性の林の中で、ピンクの実がぶら下がっていて、
           目を引きました。植栽したものは時々ありますが、これは
           自然植生。昔この木を弓に使ったとか。そこからの名前のようで
           す。ためしに小枝を曲げてみても中々折れません。




シイタケの自然生え:森の中にアベマキの伐倒木が転がっていた。そこにシイタケ
           がニョキニョキ生えている。初めは誰かが植菌したのかと思って
           良く調べたが、どこにも植菌した跡がない。自然生えしたもの
           と思う。里山活動で時々植菌したがそこから生えてくるシイタケ
           を採って、焼いて醤油をつけて食べると、買って来るシイタケ
           とは別物のように美味しい。今日の収穫は初めて参加してい
           ただいた方の持ち帰りとした。




ハクモクレンの帽子:ハクモクレンの花芽。外側の芽鱗が帽子のようになって
           はがれかかっている。面白い光景だった。この外側の芽鱗が取れ
           た状態で冬を過ごし春を迎える。




ツルリンドウの赤い実:林の縁に目立たない所で秋に花が咲いていた。その後
           を見に行ってみるときれいな本当にきれいな色の実が幾つも
           着いている。まだ蕾も幾つかあったがこの寒さで花が咲いて
           虫が受粉に来てくれるのだろうか。




フユイチゴ:これも森の中で葉に隠れてあまり目立たないが、葉をめくると
         真っ赤に熟したイチゴがこの季節目に入ってくる。勿論食べることが
         できる。沢山つんでジャムを作ったり、果実酒を造ったりする人も
         いる。この日小学生の女の子が手いっぱいに摘んで、食べながら
         森を散策した。
スポンサーサイト



コメント

No title

しいたけは家で栽培いしてます。天然のしいたけはどんな味がするのか気になります。私も冬イチゴ摘んで食べたことあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ