fc2ブログ

記事一覧

トリノフンダマシ・ジョロウグモ・クチベニタケ・ヤブツバキの樹皮・ナツツバキの樹皮ー12月8日かかみ野自然観察会その2

先回だけでは紹介し切れなかったので、「かかみ野自然観察会ー2」としてブログの更新をしました。




トリノフンダマシの卵嚢:このやや丸いものです。トリノフンダマシというクモ
             がいます。鳥の糞のような姿ですがあまり大きくはありませ
             ん。夜活動するので、まだ写真に撮った事がありませんので
             残念ながらここで紹介できません。いずれ撮ったらご紹介
             したいと思います。




ジョロウグモの卵嚢:このクモはどこにでもいます。12月に入ってもまだ生きてい
             る雌は結構います。雄はほぼ11月中にはいなくなります。
             雌に食べられるのか、死んでしまうのか。
             枯葉に囲まれた白い糸の中にクモの卵があります。
             1m~3mくらいの所の木の枝に枯葉が1~3枚くっついて
             風に揺れているのがありましたら、ジョロウグモの卵嚢が
             中にある可能性がありますので、探してみてください。




クチベニタケ:森の中の斜面などに群生します。小さな丸い形をしていてその
          一番上が少し割れていてその周りが紅色をしています。
          女性のおちょぼ口に口紅を塗ったような所からの名前になった
          と思います。少し成熟してくると、この口がもう少し割れて
          キノコを指で少し押すと胞子がフーと飛び出してきて
          初めて見る子供も大人もワーと声を上げて喜んでくれます。




ヤブツバキの樹皮:ヤブツバキの樹皮は白くてきれいになります。この森の一部
          も遷移が進んでいる所があって、アラカシ、シリブカガシ、
          ヤブツバキが増えつつあります。この木はこの森の中でも一番
          肌が白くて、滑らかで美人の肌と私は思っています。




ナツツバキの樹皮:ナツツバキの樹皮もきれいな模様が出来ます。リョウブの樹皮
            も同じような模様が出来ますが、やはりナツツバキのほうが
            早くからきれいな模様の樹皮になるような気がします。
            ヤブツバキとナツツバキの樹皮を並べてみました。


次回かかみ野自然観察会のご案内
 場所 各務原市各務字車洞
    参照 www.city.kakamigahara.gifu.jp/shoukai/kankou/shizenisan.html
 毎月2土曜日 08年1月12日
 午前9:00~12:00
 参加者 自由 事前申し込み不必要
 参加費 100円
スポンサーサイト



コメント

No title

いやぁ, おもしろいですねぇ。きれいな紅葉・黄葉が落ちて何にもなくなったような木々にも, よく見ると命があったり, さまざまな樹皮があったり。またひとつ山を歩く楽しさが増えそうです。

No title

私は完全にだまされてました。自然って面白いですね。

No title

こんばんは!お手数ですが, 本日の私のブログの木からぶら下がっているものを見ていただき, 何だか教えていただけませんでしょうか?

No title

トミさん, ありがとうございました。ヤママユガですか。
写真で見ると, どこかで見たこともあるような蛾ですが
蛾はちょっと苦手です。蚕の他にも絹のとれる繭があるんですねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミさん

Author:トミさん
ヤフーブログから移って来ました。よろしくお願いします。
岐阜県各務原市の里山の自然を楽しみながら歩いています。
花や虫や野鳥などなんでも見てやろうの気持ちでいます。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

コンパクト月別アーカイブ